この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の毒の検査してもらえませんか?

私たちグループでは、全棟VOCの検査を実施しています。

また、全棟構造計算、全棟完成保証をしています、


多分、ここまでやっている工務店は、そうはいないと思います。

特に、VOCの検査は、出来ないと思います。



ゼロ宣言の標準仕様を一応決めていますが、何万種類と言われる建材がある中で、あたらしい色々な選択枠も毎日のように加盟店さんから連絡を頂きます。

基本的に、難しい問題以外は、私が即決で決断をしていますが、その判断基準は簡単です。


「お客さんから、本当にこの建材を使って大丈夫なんですか?」

と聞かれたときに、

ゼロ宣言の定義である

「プロとして、知ってしまったからには、家に住む人が不利な事は出来るだけ排除した家づくりを正直にやっていこう」

に、一切反せず、1ミリも嘘をつかずに

「大丈夫です。」

と自信を持って言う事が出来るかどうかです。

少しでも?があれば、審議事項として理事会に諮り、さらに、皆さんの意見をもらい決めます。

そこには、もちろんコストも考えなければいけません。


コストを考えずに良いものを選んで、とんでもない高額になったら、一人でも多くの人を幸せにするという、根本的な部分が出来なくなりますので。


多少、毒が出ている建材をつかっても、数値にでない場合がありますが、そこでは我々は妥協しません。

是非、展示場に行って、このような質問をしてみたらどうでしょうか?

「VOC検査やってもらえますか?」

出来ないとの返答なら

「どうして出来ないのですか?」

と。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。