この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年グッドデザイン賞で大賞候補

00_20121017000733.jpg


先日お知らせしたログハウスの仮設住宅ですが、2012年グッドデザイン賞で大賞候補のベスト15作品に残ったとのことです。
11月2、3、4日に東京ミッドタウンに展示され、4日の16時45分以降に5分ぐらいだけどプレゼンテーションがあるそうです。

せっかくですので、大賞を取って今までのプレハブの粗悪な仮設住宅が間違っているという事を、世間に少しでも広まってくれればと思います。

先日も、プレハブの仮設住宅にボランティアに行ってきましたが、なんと、その仮設住宅を建てた某ハウスメーカーが、入居者に会社の名前入りのジャンバーをプレゼントしていました。

プレハブは、寒いから、これ着て寒さを乗り越えて下さいということでしょうか?

ここだけの話、一戸あたりの発注金額は、基本的にはプレハブでも木造でもログハウスでも同じですので、プレハブの仮設住宅は間違いなく半分以上利益が出てます。

本来であれば、仮設に住む人のことを一番に考えなければいけないのですが、現状は、プレハブの仮設に住む人を苦しめ、建てた会社が潤うようになってるんです。

是非、大賞に選ばれ、この間違った部分を見直すきっかけになればと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。