この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震性について その3

「どうしてこんなにも耐震等級では劣っている我々の建物だけ極端に被害が少ないんだろう?」

という大きな疑問がありました。

しかも、免震や制振装着など、機械には、一切頼らない家です。


その答えは、トリプル断熱で使用している「外壁」にありました。

分かりやすく説明すると、塗り壁を塗る前に、家全体をグラスファイバーのメッシュで包みます。

そのメッシュは、1m2あたり、2トンの力で引っ張っても破れないほどの強度をもっています。


要するに、家全体を一体化する事で、耐震性も向上したばかりか、揺れ字体までも更に吸収していたと考えられます。

また、外壁の耐震性については、諸外国ではそれこそ計算式で取り入れられているそうですが、日本にそのデーターをもって来ても、全く受け付けられないとの事です。


そういわれてみれば、サイディングなんで、バラバラにつながっているだけですから、外壁の耐震性を日本の住宅に持ち込んだら、大変なことになりますね。


おまけですが、セルロースファイバーは、沈下して、壁の上の方が空洞になってしまうのではないかという話ですが、今回の震災は、非常に長い時間大きな揺れで揺すられていましたが、震災直後、工事中の現場で検証しましたが、まったく沈下していませんでした。


耐震性についての私なりのまとめですが、

地震には、横揺れ、縦揺れ、斜め揺れ?と色んなパターンがあり、どんな工法をもっても完璧な家などあり得ないと思います。

もちろん、我々が自信を持って進める「神様が宿る家」も、完璧ではありません。

しかし、一つだけ言える事は、国が言ってるんだから安心ではないという事です。

最終的には、その家のオーナーが自己責任で選ぶ事です。


私たちは、プロとして、ゼロ宣言のもと、ありとあらゆるデーターを比べ、一番お客様にとって良い物を選んでお勧めしています。

それは、耐震性だけではありません。

是非、色んな疑問質問があれが、お近くの加盟店に実際に行って、実際に教えてもらってください。

明確な答えをもらえるはずです。


ちなみに、昨日は東京で、住まいネットの全体会議があり、神様が宿る家の認定試験があります。

日々、皆さんの家づくりの不安を解消すべく、我々は努力しています。

試験の結果ですが、、
明日のブログで、改めて報告します。

最後まで気を抜けませんから

では、何でも、質問してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。