この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ログハウス仮設住宅

南相馬のログハウス仮設住宅に炊き出しBBQに行ってきました。

写真 (7)

酷暑の中の焼きそばは、死にました・・・。

写真 (6)

終了後、住民の方々に、学生が住み心地などのアンケート調査を行いました。

写真 (9)

便乗して、色々お話をさせて頂いたのですが、

「いや〜木の家はいいね〜」

期待通りの答えが住民の方から帰ってきました。

ただ、やっぱり、「収納がない」、「狭い」というのは相変わらずでしたが・・・。

また、福島県では、高台移転の人、除染を待って自宅に帰る人といるのですが、どちらもいつになるか分からないという事で、先が全然見えないとのこと。

いつまでと決まっていれば我慢できる事もいつまでだか分からないとなるとつらいですよね。

是非、東電、国会議員、県会議員など、いつまでも責任を負わず、何も決めれない人たちに、せめて1週間でもいいから仮設住宅に住んでみてほしいと切実な声がありました。


そして、ちょうどBBQが終わる頃、なだそうそうの夏川りみさんが慰問にこられました。

写真 (8)

歌で元気を付けられるって、凄いですね。

なま歌最高でした。

皆さん、大喜びでした。

写真 (11)

それでは、皆さん、お疲れさまでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。