この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津信用金庫新築工事 上棟式

写真 (3)

猛暑の中、上棟式が執り行われました。

現在の社屋は、38年前に建てられ、現在、会津信用金庫の中では一番古い建物だそうです。

平成13年にリフォームしたが、老朽化に耐えれなかったとの事。

たった38年でです。


今、ほとんどの人が35年の住宅ローンを組んでいます。

住宅建材(工業化製品)が良くなったとはいえ、恐らく、多くの方が35年以内に建て替えか大規模なリフォームをしなければいけなくなるでしょうね。


多分、35年ローンで融資しているにもかかわらず、融資元の社屋が38年で壊さなければいけないことついて、違和感を感じたのは多分参加者の中で自分だけでしょう。。


なんか、50年の住宅ローンもあるそうですが、その技術基準が認定長期優良住宅であることなんだそうですが、長期優良住宅でほんとうに50年持つんですかね。。


まぁ、御目出度い席で、そんなネガティブな事を考えてたのですが、


「この家は、1代で終わらせるには価値がありすぎる。」

そんな家をつくり続けていきたいと改めて思った訳です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。