この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

ブログを書かない人の思考

最近、グループの皆さんのブログの更新頻度、内容がレベルアップしています。

澤田さんが、ブログの重要性を説いているのはもちろんですが、この人のブログの影響が大きいのだと思います。

素晴らしいブログだと思いますし、毎日欠かさず書いているところがまた凄いです。
いくら文才があっても、毎日欠かさず継続する事は難しい事だと思います。


さて、その反面、ブログを書くと決めた人、または、会社で各自ブログを書きましょうと決めても、ブログを書けない人がいます。

もちろん例外はありますが、一般的にブログをきちっと書いている人は、仕事が出来て、書かない人、書けない人(書こうと努力しない人)は仕事ができないように思います。


基本的に、ブログは強制的に書くものではありません。

なので、極論は書きたくない人は書かなくて良いと思いますが、私は、ビジネスマンはブログを書くべきだと思います。
極端ですが、誰も読む人がいなくても書くべきだと思うのです。


理由は、ブログが一番自分磨きに簡単で効果的なツールだと思うからです。

私は、ブログのおかげで、文字にして書く事により、色んな事を気づかされましたし、成長させてもらっているといっても過言ではないと思っています。

こうして努力して継続している人とそうでない人との差は、どのくらい開くものでしょう。


また、ブログは、仕事上で書く以上、効果を出さなければ行けません。

常に、目的と効果を意識し、さらに、不特定多数の色んな人が読む可能性がある訳ですので、個人のブログと違い、かなり気を使わなければ行けません。

あまり、ここを考えすぎると書けなくなってしまいますが、それを意識しながら継続して書いているうちに、知らず知らずのうちに意識が高まり、自分が磨かれていくのだと思います。

そして、効果は知らないうちに出てくるものだと思います。


ブログを書けない、書かない人(書く努力をしない人)は、

「書かされている」

「書かなければいけない」

「忙しい」(優先順位が一番後)

という思考が強いのだと思います。


ということで、スタッフの皆さん、思考を変えてブログを書きましょう。


でも、、、多分書かないですね。。。