この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

ホンモノを目指す心意気

海外の住宅を視察する日本の工務店は沢山います。

しかし、そのほとんどが視察するだけでこの人のように、真剣になって根本的に真似をする行動をする方は稀です。

最大の理由は私の経験からも「大変だから」だと思います。


まず、どのルートで輸入したら安く手に入れる事が出来るか分からない。

手に入ったとしても、どのように施工したら良いか分からない。

ある程度施工が分かっても、職人にどう説明し、面倒な事をやってもらうか。

そこには、全てコストが絡んでくるので、ほとんどの工務店は途中で断念せざるを得ないという現実があります。

「ホンモノを目指す心意気」がなければ、コストを含めてクリアーする事は出来ません。


私も、赤塚社長と同じ、ホンモノを目指す心意気でレッドシーダーのログハウスやティンバーフレームに魅せられ、マスターしようと社員はもちろん、大工さんを何度もカナダへつれて行ったりしました。


「0宣言」の基準は、赤塚社長や私が憧れた「ホンモノ」をはるかに超えていると言います。

また、今現在、私たちが憧れたカナダやアメリカでは、今、日本と同じように、ローコストの住宅ではシックハウスが問題になりつつあると言います。

おそらく、0宣言の基準は、世界でも最高峰ではないかと思います。

「住宅の世界基準は私たちがつくる。」

この「ホンモノを目指す心意気」を忘れずにとことんいきたいと思います。


ゴールデンウィークにこの方は、シアトルに住宅の視察に行ってくるそうです。

目的は、0宣言の家に、アメリカの町づくりや素晴らしいデザイン性を付け加える事。

きっと、私たちにフィードバックしてくれる事でしょう。  ね、、、