この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4000年の歴史中国伝統風水とは

「はぁ~??」

ったく関係ありません!」

「言ってる意味がわからな~い」



AKIKO BIBI SHIMIZU先生による、中国伝統風水の基礎講座Ⅱを受講してきました。

軽快で、楽しく、そして厳しい講義でした。


今までのほとんどの日本人が常識と思っていた家相や間違った風水の固定概念がある我々の質問は、きっと先生には何を言っているのかまじめに意味が分からないのでしょう。

久しぶりに、だいぶ使ってない部分の脳みそを動かしました。


それにしても、これを知っているのと知らないのでは、大変です。特に建築屋は、

同じ受講者で、数十年違う家相か風水を勉強し、実際に他人に家のアドバイスをしていた方が何人もいましたが、皆、真面目に落ち込んでました。

かろうじて、あまり無形のものを信じない方の私はそこまでではありませんが、目から鱗でした。


少なくとも、これからは、年回りや鬼門、裏鬼門などを気にする方には、家相と本物の中国伝統風水の違いを説明する事が出来ます。

あとは、何を信じるかはその人の自由ですので。。。


また、AKIKO BIBI SHIMIZU先生が、この中国伝統風水を日本に広めるのに選んだパートナーが澤田先生です。

本当の事を伝える活動を続けている澤田先生と、本当の事を伝えたい清水先生がすぐに意気投合したのは想像出来ます。

まさに、類は類を呼ぶですね。


清水先生も、日程は未確定ですが、澤田先生のセミナーを受講した方限定で風水セミナーを開催する事になるようです。

本物には本物とという事ですね。

我々も襟をただして澤田先生の推奨する本物の家「0宣言の家」を造らねばいけません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。