この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一の工務店グループを目指して その3

「まずさ、0宣言も徹底できないようじゃ駄目!」

「あんなに苦労してやっと作った、どこにも無いにかわドアをどうして使わないの?」

「どこだ、その、0宣言のいいとこ取りしてるとこは!」


「もうさ、そういうところは、やめてもらおう。
俺たち利益が目的じゃないんだから、イイじゃん、本気でやるとこだけ残って日本一を目指せば。」


グループ全社で「0宣言」を掲げたものの、「0宣言」は我々が考えた以上に大変で、なかなか徹底できていませんでした。

人間どうしても楽な方に行きたがるもので、あくまでも、

「お客様に説明し理解していただいた」

という大義名分をもって、本部が指定する以外の「偽物」を使うという、法の網をくぐり抜けるようなことがおきていたのです。



0宣言の家には、建築素人のお客様、いや、建築プロ(利益を追求するという意味でのプロ)から見れば、

「そこまでやらなくても・・・」

という部分があります。


要するに、完成すると見えなくなる部分にも徹底的にこだわっているのです。


「俺は、もう、家づくりで1mmも嘘をつきたくない。」

澤田さんが、いつかの酒席で我々に言った言葉を思い出します。


「プロとして健康に悪いとか、長持ちしないとかユーザーが不利になると知った以上は、努力して極力ゼロにしようよ。」

と、

「俺が現役だったら、こんなめんどくさい事絶対やらないけどね、、」

という落ちはありましたけど、目は本気でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。