この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

新年度スタート

「ふぅ~」

久しぶりに脳みそをフル回転させました。

4月は、私が不在だったため、実質的にグリーンライフは、今日が新年度のスタートです。

まずは、2日前の強烈な会議の余韻が残る中のグリーンライフの全体会議でした。

終了後、各部署ごとに質問、相談コーナーとばかり、次から次へと判断と決断、指示だしの繰り返し。


「経営者(リーダー)は決断する事、各担当者は経営者(リーダー)がより正しい判断しやすいような提案する事。」


言われてみれば当たり前の事ですが、全然出来ていない事が改めて今日の会議で判明しました。


全て、社長(私)の提案と判断に任せる・・・。

考えてみると、逆にそれは怖いことだということに気がつかない人たち・・・


本音は、クイズ$ミリオネアだったら、「フィフティーフィフティー」か「ホットライン」を使いたいところですが、立場上そうする事も出来ず、、、、

今のグリーンライフの現状は、無数の選択枠から社長(私)が、瞬時に一つを選ぶ決断をしなければ行けない訳で・・・

よく、20数年間、山勘と直感が当たるという偶然が続いたものだと・・・

まぁ、運も実力のうちとはよく言ったもので・・・


まじめな話、今日は、それが分かっただけでも会議をやった成果があったという事です。


また、本日の会議では、千里の道も一歩からという訳ではありませんが、4月からの新体制の再確認と、同時に再度全てを「明確」にする作業をしました。

1.クイックレスポンス
2.未来の想定(スケジュール管理)
3.全て明確にする

日本人の良いところでもあり悪いところでもある「あやふやさ」で今まで仕事をして来たグリーンライフ・・・

色々ありますが、上記3点を重点項目として新体制がスタートしました。


そして、夕方からは月に一度の職長会議

こちらは、「全国の工務店の模範となる現場を目指す。」ということをスローガンに掲げ、再スタートです。

まずは、こちらも初心に戻り、安全第一と掃除の徹底です。


皆さん、乞うご期待です。