この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日も風の日も

昨日は、近所の親戚の家で不幸があり、ボランティア活動に参加できず、、今日は日頃からお世話になっている、メインバンクである会津信用金庫猪苗代支店新築工事の地鎮祭で、品川で開催された勉強会に参加できず、、、

ちょうど1年前も東日本大震災で、1ヶ月間どこにも行けませんでしたが、1年ぶりの疎外感を感じています。

長谷川です。


さて、この度、会津信用金庫猪苗代支店の新築工事をさせていただく事になりましたが、「会信さん」とは、父親が造園業を始めたときからのおつきあいで、かれこれ30年以上になります。

IMG_1887.jpg


銀行は、一般的に

「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」

と言われますが、「会信さん」は、父親が大怪我をして大変だった時をはじめ、何度となく雨の日も風の日も傘を貸してくれました。


そして、本日、地鎮祭が執り行われるなか、そうした今までの色々な事を思い出してみても、この度、新築工事に関われるという事は、大変名誉でもありうれしい事だなぁとしみじみと思ったところであります。。。

地鎮祭に参加しながら、今まで、多くの皆さんに助けられ、育てられたんだなぁと改めて思い、感謝しました。

正直、工期的にも、単価的にも?厳しいですが、、、、精一杯やり遂げたいと思います。

日々、精進です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。