この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮参拝



昨日は、澤田先生と住環境想造研究会の伊豆山理事長、そして、中部地区のメンバーと新しく我々の仲間に入った赤塚建設の赤塚社長のガイドで伊勢神宮に行ってきました。

私は、伊勢神宮は、初めてでした。
来年、20年に一度、社殿を新しく建て替え、神様に引越しして頂く式年遷宮が行われるので、それに合わせて、地元の友達夫婦と積み立てをして、「伊勢参り」に行く計画をたてていました。

今回は、その下見気分で行ったのですが、とんでもありませんでした。

昨日までの荒れた天気がウソのように、雲一つない晴天の中、赤塚社長の計らいで、普通の人は入れない社殿の中まで入らせて頂き、ご祈祷させて頂きました。

まして、昨日は「節分」新たな年の始まりの日に、みんなで参拝出来たという事は、何かあるに違いないと。

また、赤塚社長から、日本国のことを色々教わりました。
さわりだけだったと思いますが、自分の中で、日本人であることを誇りに思えました。

日本が「神の国」と言われたり、また、戦争で、「神風特攻隊」と言われたり、「天皇陛下万歳!」と自決したり、全くと言っていいほど意味も分かりませんでしたし、天皇に関しては、本当に、まったく興味もありませんでしたが、今回の伊勢神宮参拝で、日本の本当の歴史を学びたい、いや、学ばなければいけないと思いました。

ほんとです。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。