この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

カナダ高校留学

夏休みで帰っていた長男が今日カナダに戻ります。

カナダに行って丸4年が経ちました。

親からみると全然変わっていないのですが、この4年間の経験は、彼をかなりたくましくしたはずです。。


英語はもちろんバッチリらしいのですが、一度もまともに話しているところを聞いた事がありません。。

しかし、英語の小説を読んでいたりするので、多分、出来るのでしょう。

いまだに、彼の中学の英語の成績を思うと信じられませんが・・・。


予定通り行けば、今年の12月に2年送れて今年の12月に高校卒業予定です。


卒業後の進路は、まだはっきり決まっている訳ではなさそうですが、日本には帰ってきそうもありません。

帰らない一番の理由は、今帰ってきたら、どこにでも居る「ちょっと英語が得意な日本人」で終わってしまうからとのこと。

最低でも後3年から5年いて、英語を完璧にしたいとの事。


まだ、顔の骨格が柔らかいうちに15歳でカナダに行ったので、ネイティブに近い発音だといいます。

我々がいくら今から英語を習得しても、発音だけはネイティブにはならないらしいです。


さて、彼がこの先どんな人生を送るのか、人ごとのようですが楽しみです。


まずは、無事に高校を卒業して、年末にまた合えるのを楽しみにしています。