この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難所 クレーム

本当に多くの皆様からご心配いただきありがとうございます。

昨日から仕事も再開し、本当に少しずつですが、正常な状態に戻りつつあります。


が、、、


福島原発問題だけは、まだまだ現在進行形で予断を許しません。

例え、このまま順調に終息したとしても、その後が大変心配です。


福島県は、農業、漁業はもちろん、地元猪苗代をはじめとした観光業もほぼ、壊滅状態になる事が予想できます。

さすがの私もこの原発に関しては、いくら考えてもネガティブな考えしか出てきませんね。


福島だけではなく、茨城をはじめとする近隣県、そして、停電の影響を受ける東京をはじめとした関東まで、ものすごい悪影響が出る事は、専門家でない我々でも容易に想像できます。


東電や国に、補償を求めただけでは到底すむ問題ではありません。



そういえば、聞いた話でオフレコですが、猪苗代の避難所に避難している方々に、地元の人たちがおにぎりとか炊き出しをボランティアでやっているのですが、

「大きすぎて食べにくい」

とか、

地元ライオンズクラブで温泉へ無料送迎バスを毎日出しているのですが、

「あっちの温泉はいやだ」

とか、信じられないクレーム?があるとのこと。


まぁ、一部の人たちでしょうが、各避難所において、ストレスもピークに達しているでしょうし、しょうがない部分もあると思いますが、平和な日常では出てこない色々な人間模様がこれから出てくるのでしょうね。


日本人のマナーの良さなどを、海外では驚いているとのニュースがありますが、本当の評価はこれからだと思います。


今は、ある意味福島原発問題にほとんどの福島県民を始め、国民の視線が向いていると思います。

これが収まった時、初めてすべての国民がリアルな現実を直視する時がきます。

そのときに、一人一人がどう考え、どう行動するか。。。


理想は、総理大臣をはじめ、各組長さんが強烈なリダーシップで一つの方向を定め、国民を引っ張っていってくれればと思いますが、、、

せめて、半分くらいは期待しましょう。。。


今、建築業界は復興需要だの、合板が足りなくなるだの大騒ぎですが、私は、絶対に1mmもブレずに、「0宣言の家」を追求し、一人でも多くの方々に提供する事で、この国の再建に関わっていきたいと思っています。


「がんばろう福島!がんばろう東北!がんばろう日本!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。