この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

プロフェッショナルとは

「仕事=プロフェッショナル」

でなければいけないと最近つくづく思います。


我々建築業界をみると、プロデュースする我々はもちろん、実際に現場で家をつくる職人さん達もプロフェッショナルの意識を持って仕事をしている人が少ないと思います。

恥を忍んで書きますが、今、ハンドカットログハウスのモデルハウスのリフォームをしています。

久しぶりに現場監督をしたのですが、職人さん達のプロとしての意識の低さに愕然としました。

もちろん、皆さん、すばらしい腕を持ち、人間的にもすばらしい人たちで、お客さんからもいつも

「グリーンライフの職人さん達は、本当によい人たちばかりよね。」

と言われますが・・・。


プロとは何か?

職業ごとに求められる専門知識や専門技術は違うので、その部分ではひとまとめには出来ないでしょうが、すべてに共通する部分はあると思います。


私は、簡単に言うと、「プロ」とは「素人ではない」ということです。

そんなの当たり前と言われそうですが、

例えば、、

時間とコストを気にせずやっていいのであれば、建築の分野においては、ある程度のことは素人でも出来ることだと思います。

要するに、すばらしい仕上がりであっても、時間とコストの意識がなく仕事をしている人は、私はプロではないと思うのです。

あとは、そうしたプロでない仕事を指摘されたときに「見苦しい言い訳」をするのもプロではないと思います。

まして、素人のお客さんから指摘をされるということは論外です。


そういう意味で、残念ながら、今回のハンドカットのモデルハウスに携わった職人さんは「プロ」ではありませんでした。


と、偉そうに書いている自分もプロなのかというと、言い切れない部分もありますが、プロとして最低限の意識を持って仕事をしているという自負はあります。


私は、現在プレイングマネージャーとして動いています。

まずは経営者としての立場としてプロとは何か、、、

まず大事なことは、最低限、会社を倒産させないで継続させることでしょうね。

社員の給料、職人さんや協力業者さんの支払いを滞らせないこと。

最低限、これだけは守らなければいけないと思っています。

これが出来なくなった時は、迷惑をかける人を増やさないうちに経営者はやめるべきだと思っています。



建築をプロデュースする立場としてとしては、理想は、

すべてのお客様を感動させ、且つ、健全経営が出来るような利益を確保する。

「予想以上によい家が出来ました。」とお客様に言わせること。


誤解を恐れずに書きますが、利益を無視して、お客様が感動する家を建ててもプロとしては意味がないか、少なくとも半減するということです。


まとめると、下記の3つが、私が考える建築におけるプロの条件ベスト3です。

1.時間とコスト意識を常に持って仕事をすること。

2.お客様に感動と満足を与え、その対価として適正な利益をお客様から頂けること。

3.仕事に責任を持ち、継続させること。


決して、マスターベーションであってはいけないと思います。


今日から、仕切り直しです。