この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰心

週末、地鎮祭、上棟式とめでたい事が続きました。

今は、営業の第一線から退き、裏方に徹していますが、出張などでどうしても出席できない時以外は、出来るだけこうした式には参加させていただいています。

昨年、父がなくなってから、少し信仰深くなりました。

それまでは、線香もお盆にくらいしかあげることもなかったのですが、朝晩、線香もあげるようになりました。

先祖に感謝する事で、なんとなくですが、先祖に守られているような安心感があります。


地鎮祭や上棟式も、1000年以上前から伝わる日本の風習だそうですが、ハウスメーカーなどでは、特に上棟式などはほとんどやらないところが多いらしのです。


まだ、神様の存在まで信じているわけでは無いですが、そのような、昔から伝わる儀式は、とても大事なように思えてきました。


完全にオヤジになってしまいました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。