この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

44歳になりました。

0_20110206232725.jpg


去年の夏に亡くなった父が、仕事中に半身麻痺の大怪我をしたのが45歳なので、その年に近づくにつれ、当時の自分と父の姿を年々リアルに比較することが出来ます。

また、父と私の年の差と、私とカナダに留学中の長男の年の差が同じなので、そこもリアルに比較することが出来るのです。。

まぁ、それがどうしたということではないのですが、、いろいろ考えるところがありますね。


父の怪我は、ログハウスを始めるきっかけになり、結果、起業するきっかけにもなったのですが、親父は

「俺が怪我したおかげで真児が立派に育ったし、良い嫁もきて、良い孫が出来た。」

「人生結果オーライだ。」

と言ってたらしいのですが、息子としては、そう言われても微妙です。


「親孝行、したいときには親はいず」

とよく言ったものです。

仕事ばっかりして、何もしてやれなかったなと、死んだばかりの頃は悔やんだりもしましたが、特に、親父と息子は、それでいいのかなと最近は思うようになりました。

もちろん、親不孝なことをするのは論外ですが、自分も息子が家族や仕事を犠牲にしてまで、息子に親孝行をしてもらいたくはないですからね。


ということで、今日から、心機一転、ダイエットです。

またかと誰にも相手にされませんが、、、


健康が一番ですので、、、



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。