この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木こりの話

以前にも書きましたが、もう一度木こりの話です。

社員の皆さん、仕事を一旦止めて、じっくりと胸に手を当てて読んでみてください。


t0169_S.gif


ある日、旅人が森の中を歩いていると、一人の木こりに出会った。

その木こりは、森の中で木を切るのに忙しそうだったが、旅人はちょっと休憩のために少し休んで行くことにした。

そして、一所懸命木を切っている木こりを見ていた。

旅人は、その木を切る姿を見ていて、木こりが一所懸命切るわりには木がなかなか切れないのを不思議に思って、木こりののこぎりを見てみると、随分と刃こぼれが目立っていた。

そこで、旅人は親切心で、

「木こりさんよ、そののこぎりは随分と刃こぼれが激しいようではないか、のこぎりの目を立直してから切ればもっと良く切れるに違いないだろうから、少し休んで目を立てたらどうですか?」

と言った。
 
そうすると、木こりは旅人に向かって、

「旅人さんよ、ご忠告は非常にありがたいがの、わしは今非常に忙しくってのこぎりの目など立てているヒマがないんじゃよ」

と言いながら、一心不乱にまた木を切りはじめた。



この話の教訓は、「目を立直す」と言う自己の目的・目標にとって最も重要なことを行わないで、「木を切る」という今一番緊急なことを最優先することで、仕事をしている割には成果が出ない、結果的には、生産性の低下をもたらしてしまっていると言うことです。

私たちは、ややもするとこう言った「重要なこと」より「緊急なこと」を優先して仕事をしがちです。


一生懸命やってもやっても成果が上がらない時や、時間がいくらあっても足りないと感じている時は、まずは立ち止まり、自分の仕事を客観的に見てみることです。

大体が、ポイントがずれている、優先順位や、順番が、逆だったりと仕事のやり方が間違っています。

現状に満足せず、理想の仕事のやり方をみんなで作り上げましょう。

スポンサーサイト

シンプル・イズ・ベスト

「ヤッパリ家は、シンプルが一番いいよね。」

「同感です。」


昨日、あるご夫婦と「家」について色々と話た時の結論です。

ご夫婦は、ここ20年くらいの間に、店舗と住宅に、1億円、いやいや、2億円近くかけてしまったとの事。

普通に神様が宿る家の仕様で建てたら、約半分で出来た坪数です。


何故、そんなにかかったのかというと、、、

まずは、素人が見ても分かるほど複雑な外観、そして、木造や鉄筋コンクリート、鉄骨と入り混じった混構造。

間違いなく、設計事務所が、予算度外視で設計した事が原因のようです。


別棟が、老朽化したため、建て替えを計画中ですが、真四角で雪対策も考え、片流れ屋根という、これ以上シンプルにつくれないでしょうというくらいの建物になりそうです。

シンプルでかっこ良くつくる。

まさに、ログハウスがこれです。

なんだかんだ言っても、ログハウスは、四角に大きなシンプルな大屋根が一番似合います。

そこには、自然にでてくる黄金比があります。

家づくりの原点がそこにあるのではないだろうか。

ふと、そんなことを思ったのでした。

企業の不祥事について

リッツカールトン大阪、一度だけ宿泊した事があります。

また、何度か朝食だけを食べに行った時もあります。

何故かその時は、宿泊はカプセルホテルで、朝飯はリッツカールトン、

たしか、朝食代は3000円(税別)だったと思います。

もちろん、話題のフレッシュジュースも飲みました。

細川社長、返金手続きお願いしますね。。。



それにしても、他に、みずほ銀行やJR北海道をはじめ、最近立て続けに大企業の不祥事が続いていますが、氷山の一角のように思います。

そのほとんどが、利益だけを追求した結果だと思います。


私には、立場上、日々発生するグループ内の色々な問題が聞こえてきます。

中には、お客様からのクレームもあります。

当たり前ですが、利益だけを追求し、見苦しい偽装や隠蔽工作をしているところはありません。

逆に、利益を減らしてしまった事による問題が多いように思います。


分かりやすくいうと、お客様のため、社員さんの為と言う思いが強すぎ、逆に仇となって問題になってしまうケースです。

企業は、利益を追求しなければいけません。

というか、単純な話、利益が無ければ存続出来ません。

利益は後からついてくるという言葉もありますが、現実は利益が先に無いとやれない事のほうが多いのも事実です。


偽装や隠蔽工作をして利益を出さなければいけないような仕事は誰もしたくはないと思いますが、特に、食品業界と住宅業界は似てると思いますが、国をあげて、利益の追求の為に、法律をつくり、合法的に偽装や隠蔽工作をしているように思えてきました。

そこに一石を投じようとしているのが、我々神様が宿る家推進協議会です。


中途半端ですが、今日は、この辺で終わりにしときます。








5S

iphone 5sを買ったと言う話ではありません。。。

「5S」とは、言うまでもありませんが、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」の頭文字のSのことです。


日本一奇麗な現場を目指そう!!

と、現場の職人さんが頑張っているので、我々のオフィスも、現場に負けずに日本一を目指そうと言う事で、とりあえず、先日、本社の大掃除を行いました。


ものすごいゴミがでました。

e.jpg


腰と背中がいまだに痛いです。

ビフォーアフターの写真を見せたいくらいです。


現場は、10時と12時と3時の休憩前、そして、終了時の1日4回掃除をしようという取り決めをしています。

オフィスは、8時30分から毎朝30分間、徹底的に行うように決めました。

その後に朝礼、仕事開始です。


年末までにはとりあえず、完璧になる予定です。

あとは、継続です。


一般的に、工務店の事務所は、商談スペースやショールームはさすがに奇麗にしていますが、裏の作業スペースは書類やカタログやサンプルなどに埋もれて乱雑だと思います。

グリーンライフもご多分に漏れずひどい状態でした。


年末には、ビフォーアフターの写真を公開しようと思います。

お楽しみに。

結婚ラッシュ

年末から来年にかけて、身近な人やお子さんのご結婚が決まったと、相次いて連絡を頂いてます。


冗談で、、、

いや、本気で、

「結婚式はハワイでやって、是非呼んでくださいね。」

と、結婚しそうな人に声をかけまくっていたのですが、来年は、もしかしたら、大変な事になりそうです。


それにしても、めでたい事は、良いことです。

幸せな顔を見てるだけで、こちらも幸せになります。


さて、心配された台風も過ぎ去り、本日、福島は晴天です。

本日は、福島市にて、本当に良い家づくり&資金計画セミナーが開催されます。

ものすごく大きな会場で、まだ、100席以上?席に余裕があるようです。

当日参加でもOKですので、是非、参加してみては如何でしょうか?


開催場所:福島県福島市佐原字神事場1番地
     あづま総合体育館(研修室)  
     ※駐車場完備


継続

北海道から九州までのグループ全社で、全国一斉清掃を始めてから1年が経ちます。


目的は、地域に少しでも貢献する第一歩であり、自分たちがお世話になった地域を少しでも奇麗にする事ですが、

もう一つの目的は、「継続する事」でした。

雨が降っても雪が降ってもやめては行けない。
(もちろん、命に危険があるような時は別ですが、、)



特に私が伝えたかった事は「継続」です。

できない理由ややめる理由はいくらでも出てきます。

それは会社経営や仕事の中でも多くありますが、それがたとえどんな理由であったとしても、止めてしまえば 今まで続けてきたことが全て無駄になることがあります。

だからこそ何があっても、 1人になっても続けることがとても重要だと思います。

誰にでもできる平凡なことを非凡に続ける事こそが掃除の極意で、そこから学ぶことが多くあります。



1年前に名古屋の清掃活動に参加した時に、安藤社長が我々に言った言葉です。

ようやく1年経ちました。



それにしても、猪苗代は、ゴミが無い、トイレも奇麗で、やりがいがありません・・・。

しかも、これから雪が降るし・・・。


「本当によい家づくり&資金計画セミナー

台風がまたまたくるようで、、なるべく被害がないように祈るばかりです。

そんなさ中?の今週の日曜日、福島市にて、「本当によい家づくり&資金計画セミナー」が開催されます。

講師の澤田先生は、当日伊丹から飛行機での来福です。

台風がなんとか、収まるようにお願いします。。。


福島市での開催は、3年ぶりになります。

まだ、席に余裕があるようです。

「誰も教えてくれない住宅業界の裏事情」
を知ることが出来ます。


恐らく、これだけハッキリと言い切り、真実を教えてくれるセミナーは、日本中探してもないと思います。

まさに、台風のごとく、皆さんの固定概念を吹き飛ばしてくれることでしょう。

では、最後にもう一度、台風27号様、収まりください。。

一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に

人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える
しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に

森信三

人との出逢い、またものごととの出会いも必然
しかし、ただ待っていたのでは出逢えるものにも出逢えない
人は一人でできることは限られている
だから、人の力を借りる
自分ができないことを素直に認め
人の力を借りようとしたときにまた、新しい出逢いがある

そして、人に起こる事故もおこるべくして起こる
今までの自分ならば、あたふたしてしまうかもしれないが
今の自分なら対応できる力がついたとき
その事故が起こる

わが身にふりかかることはすべて天意なり



また、素晴らしい出会いがありました。



本物だけがアンティークになれる。

一日目、お疲れさまでした。



久々のダブティルとポスト&ビームに再開。

どちらも、元気そうでした。

「本物だけがアンティークになれる。」

これこそ、元祖ゼロ宣言、まさに、ゼロ宣言の真骨頂の家だと思います。

築7年が経過し、ゆっくりとアンティークになっていくのが、久しぶりに行くとわかります。


さて、今日は、一日勉強です。

皆さん、寝ないように頑張ってください。

では、行ってきます。

導入研修です。

本日と明日の2日間にかけて、「神様が宿る家推進協議会」の導入研修が行われます。

全国から、新規加盟店さん1社と、既加盟店の新入社員さんなど総勢17名、そして、スタッフ関係会社さん含めて21名で行われます。


1日目は、ログハウス、ポスト&ビーム、そして、愛工房のモデルハウスの見学、その後、物流センターで愛工房の乾燥機や、にかわドアやどの資材の見学と超ハードなスケジュールとなっております。

2日目は、みっちり朝から午後まで研修です。


貴重な時間と経費をかけて来ていただく皆さんに、参加してよかったと満足して頂けるような研修会になるように、スタッフ一同頑張って準備しています。


では、心配された台風もまだ来ないようですが、皆さん、新幹線に乗り遅れたり、そのへんでつまずかないように、お気をつけてお越し下さい。

お待ちしております!!




世直しは余直し

全国のグループ全社で、

「日本一綺麗な現場を目指そう!!」

と、一生懸命頑張って取り組んでいます。

まだまだ道半ばですが、各社とも、かなりのレベルまで来ていると思います。

また、毎月25日に、全国一斉に6:00から1時間、地域の清掃をするというボランティア活動をしています。


しかし、、、

職人さんを指導する立場の私たちの職場(事務所)の状態を客観的にみてみると・・・

結論は、とても、職人さんにものを言える状態ではありません・・・


「世直しは余直し。」

(世の中を良くしていく為には まず、余(自分)を正していく事から。)


まず、自分達が変わる。

そうすれば、現場も変る。


徹底して「5S」やってみましょう。




以下、「5S」について分かりやすくまとめられていたのをコピーしました。


「5S」とは、

整理・整頓・清掃・清潔・躾
の頭文字のSをとって5Sとしています。


それぞれのSの定義は…

【整理】
いらない物を捨てる事が整理の定義です。

必要な物と不要な物を分け、
不要な物を捨てます。

【整頓】
必要な物を、すぐに取り出せる事が整頓の定義です。

必要な物がすぐに取り出せるように、
置き場所や置き方を決め、
わかりやすいように表示を行います。

【清掃】
掃除をして、
ゴミ、汚れのない
きれいな状態にすると共に、
細部まで点検する事が清掃の定義です。

【清潔】
整理・整頓・清掃を徹底して実行して、
汚れがないキレイな状態を維持する事が清潔の定義です。

【 躾 】
決められたルール(整理・整頓・清掃・清潔)を、
決められたとおりに実行できるよう習慣づける事が躾の定義です。


5S活動が徹底される効果として…

・仕事の無駄が減少する効果
物を探す無駄や、指示の徹底による無駄が減少する効果がある。

・品質の無駄が減少する効果
材料間違い、書類の品質管理、顧客・クレーム対応の情報の不徹底等による無駄の減少が減少する効果がある。

・安全が確保される効果
通路の確保、表示の徹底による安全が確保される効果がある。

・納期の確保される効果
情報整理による指示の明確化、現品管理の徹底による統制の向上、工程の管理による督促の徹底できる効果がある。

・モラルが向上する効果
時間管理・服装・挨拶等が徹底する効果がある。


・営業の効果
・5S活動による効果は、お客様への信頼の向上となって顕われる。

A型です。

最近のマイブームは、ひとつひとつ明確にする事。

ひとつひとつ明確にしていくと、いかに今まで曖昧にしていた事が多かったかを実感しています。

偉そうに言うと、

明確にして行く事で、未来がはっきりと見えてくるように感じます。



そして、もう一つのマイブームが整理、整頓、掃除、

まずは、本社に出勤の時は、小一時間、社長室を掃除しています。

まだ、4日くらいですが、徹底的にやり、整理整頓された環境で仕事すると、仕事も自然と整理整頓しながらやっている?ような気がしてます。


明確にする事と、整理、整頓、掃除、

どれも、自分が一番苦手なところです。


今までは、苦手なところよりも得意なところを伸ばす方が良いという話を都合よくとり、今まで生きてきましたが、少し、苦手な事に挑戦してみようかなと思います。


というか、やってみると、実は、性格が意外と合ってるかもしれません。


皆に血液型を聞かれると、100%びっくりされます。

「え〜、0型かと思ってた。」と、、、、


実は、神経質で繊細なA型です。。。


会社を奇麗にしたら、今度は、家と車を徹底的に奇麗にしたいと思います。

さてさて、何かが変わるでしょうか?



デビュー

昨日は、夢ホロンの安藤社長による勉強会にスタッフ総出で参加しました。

残念ながら、私は行く事が出来ず。。。

誰かビデオとっていると思うので、後で見させて頂きます。



さて、さて、本日は郡山で体感ツアーが開催されますが、予想以上にお申し込みが殺到し、満員御礼のようです。



実は、本日、デビューします。

先日の会議で、福島県エリアのマネージャーに就任したばかりの小椋が、体感ツアーに行く前に、プチセミナーを開催します。

題して「誰も教えてくれない、本当の化学物質の話・・・・。」


この話は、第一回の安藤社長による勉強会で教わった話です。

ゼロ宣言をやっている我々でも驚いた内容です。

これは、皆さんに伝えなければと言う事で、一斉に全国各地で開催されています。


伝え方が9割・・・


まぁ、ちょっと心配ではありますが、熱意で伝わるでしょう。

誰も、始めからは、うまくいかないものです。

少なくとも、うさんくさく思われないようにだけはしてくださいね。


私も、初めてお客様の前でセミナーをやる時は、予行練習で社員に聞いてもらったりしたもんです。

今考えれば、「どうだった」と聞いても、悪いとは言えませんよね。


それでは、参加者の皆さん、デビュー戦ですので、温かい気持ちで聞いて頂ければと思います。







一流を育てる

出張とか、色々あって、久しぶりに本社に出社したところ、秋山木工の秋山社長から秋山社長の2冊目の本である「一流を育てる」が送られてきてました。

写真

1冊目の「丁稚の進め」も素晴らしかったですが、今回は、「職人の心得三十箇条」を細かに開設されています。

何度か秋山木工さんを訪ねさせて頂きましたが、いつも、丁稚さんの大きな声での自己紹介と職人三十箇条を聞かせて頂きます。

一言で言うと、毎回感動です。

まだ若く、遊びたい盛りに、何も分からないのに一生懸命学ぼうとする姿は、忘れかけていた何かを思い出させます。


大工さんの数は1980年に約94万人いたのが、現在では、40万人を切ったそうです。

2005年には54万人もいたのに、おそるべきスピードで減少しています。

東京オリンピックの年の2020年には、30万人になると言われています。


ハウスメーカーの家はもちろんですが、工業化製品でつくられた工務店がつくる今の家のほとんどは、部品の組み立て式で大工さんはいりません。

しかし、我々がつくる神様が宿る家は、大工さんでなければつくれません。


これからは、自前で大工さんを育成しなければいけないと思っています。

来年度から、秋山社長に色々とご指導を頂きながら、「大工の学校」をやる計画をしています。

指導者は、グリーンライフの熟練の大工さんが引き受けてくれるとの事なので、心強く思っています。


第一期生、3名予定しています。

今から楽しみです。



一流を育てる 秋山木工の「職人心得」一流を育てる 秋山木工の「職人心得」
(2013/10/16)
秋山 利輝

商品詳細を見る









部門別会議

昨日は、全体会議の予定でしたが、急遽予定を変更し、営業、工事、木工所と3部門の部門別会議を行いました。

社内体制の変更に伴い、その確認と、目標と数字の確認が主な目的の会議でした。


数年前、グリーンライフグループを結成し、私が現場の第一線を退く前までは、営業で現場も陣頭指揮を執り、スタッフは、横一列の組織で、私を中心に我武者らにやってきたグリーンライフでした。

何のマニュアルも明確な決まりも無く、それは、全て私の頭の中しかありませんでした。
しかも、しょっちゅうその場その場の状況で変わって行きました。
朝令暮改なんていうものではありません。

それはそれで、良くも悪くも、「なんとなく」ですが、上手くまわっていました。


私が現場の第一線を退いてからも、その「なんとなく」の企業文化はしっかりと受け継がれ、今までやってきました。

しかし、20年に一度の式年遷宮の年に、グリーンライフも大きく変わらなけれはいけないようです。


良いタイミング?で、まずは、古株でムードメーカだった風間が1月に長年の夢だった薪ストーブ屋として独立し、グリーンライフのメンテナンスを一手に引き受けてくれています。

次に、創業から一緒に汗をかき、今のグリーンライフをつくりあげた佐藤は、7月に佐藤建匠として独立、グリーンライフの工事を手伝ってくれています。

この古株2名が、社員としてではなく、協力業者としてバックアップしてくれることは心強く思います.

またある意味、会社の組織を一からつくりあげるチャンスでもあります。

二人が独立したのも、管理職よりも現場が好きだからと言うのがあったので、なかなか組織づくりが出来なかったという事もありからです。


新しい人は、やっぱり、この二人には気を使うでしょうから…


グリーンライフは、会社設立より現在29期、来年の7月で30期目を迎えます。

会社設立30周年の節目に向けて、式年遷宮のこの年に、大きく変えていきたいと思います。

歳月をかけて作り上げてきた「なんとなく」の文化を変えるのは、並大抵のことではありませんが、新たな力で焦らずに、一つ一つ着実に変えていきましょう。


アンパンマン

「アンパンマン」の作家のやなせたかしさん(享年94)が亡くなったとのこと。

アンパンマンのマーチは神風特攻隊のことを唄っている曲だと聞いてから、しみじみ歌詞を読んだり、ネットで調べてみましたが、戦争で海軍に志願し特攻隊として22歳という若さで亡くなった、やなせたかしさんの弟を想い作られたのではないかという説があるらしいですね。

ほんとうに歌詞を読めば読むほど、聞けば聞くほど深いですね。

来月、次男が修学旅行で知覧に行くそうです。

先日、学年主任の先生に生徒に教えて上げるように伝えました。

少しは興味を持って見てきてくれるのではないでしょうかと。

「One for All, All for one」

高2の息子がラグビー部で頑張ってます。

先日、時間があったので、練習試合でしたが初めて見学してきました。

自分はスキー部とサッカー部でしたので、ラグビーは興味も無かったですし、ルールも知りませんでした。

写真-1


感激しました。

ちょっと見て帰るつもりが、終わりまで見てしまいました。

ハマりました。




今までは、サッカーを見るのが好きでしたが、ラグビーを一度見たら、物足りなくなりそうです。

生で見たと言うのもあるかと思いますが、あの、試合中目を話せない全員の本気度は半端じゃないです。


全力でぶつかり、全力でおさえ、全力で走り、全て全力です。

息子が、うらやましくなりましたね。

マネージャーも可愛いし・・・


次回は、時間を作って公式戦の応援に行きます。



”One for All , All for One”(一人はみんなのために、みんなは一人のために)

自己犠牲の精神

1人は皆のため、皆は1人のため。ラグビーの基本精神です。

個人はチーム全体の為に自己犠牲をし、チームは一丸となって個人をサポートします。

まさに、これでした。

是非、ご参加ください



「ばぁ~か、」

「田舎もん、」

「ずうずうしい、」

いつものごとく、綾小路きみまろも真っ青の澤田先生の毒舌セミナー。

結構、協賛している工務店の立場としては、正直、ヒヤヒヤです。

参加者からどっと笑いが出た瞬間に、ホッとする協賛している工務店の社長は、私だけではないはずです。。。

そんな歯に衣着せぬ話し方が、講師と視聴者というかしこまった距離を縮めます。

また、机上の知識ではなく、自身が工務店を経営してきた経験を踏まえての話は説得力があります。



それにしても、このセミナーは、毎週土日祝祭日の全て、年間110回以上全国で開催しているのです。

しかも、始めてから4年も経ちます。

いや、5年?

並の精神力では継続できません。


「間違っている日本の住宅業界を変えよう。」

「一人でも多くの人に現状を知ってもらいたい。」


という意外と純粋な気持ちが、最後まで聞いて頂くと分かって頂ける、そんなセミナーだと思います。

今月末は、福島市、来月は、会津若松市で開催されます。

家づくりをお考えの方は、絶対に聞くべきだと思います。

まだ、両会場とも空席があります。

是非、この機会ひお聞きください。


また、来週から、実際に澤田先生がすすめる家に住んでいるお宅をお借りしての体感ツアーをはじめ、様々なイベントが企画されています。

そのイベントに参加する事によって、セミナーでの話をより深く理解する事が出来ますので、こちらも是非ご参加ください。

お申し込みは、こちらからどうぞ。

本当に良い家づくり&資金計画セミナー in 郡山

さて、いよいよ本日は「本当によい家づくり&資金計画セミナー」を郡山市熱海町のユラックス熱海にて開催いたします。

なんと、今回の会場は、200名も入る大会議室です。
まだまだ、席に余裕があるようですので、当日受付も対応するそうです。


家づくりにおいてお悩みの方。
いろいろ見て回ってよくわからなくなってしまった方。
何から始めたらいいのか、わからない方。
消費税増税で焦ってる方。

講師は、アマゾン建築書籍ランキング第1位ベストセラー作家澤田升男氏です。


神様が宿る家 2神様が宿る家 2
(2012/10/01)
澤田 升男

商品詳細を見る


・消費税が上がる前に家を建てるのが正解?
・流行の高気密高断熱の家は本当にいいの?
・東日本大震災でも倒壊・損傷はゼロ!!!
・住宅ローンは選び方で約1000万円以上も差があるって本当?
・西に黄色で金運アップ、鬼門・裏鬼門に水回りは良くないってホント?

上記内容を、とってもわかりやすく楽しく住宅のことを知るチャンスです。

かなり毒舌ですが、それだけ本音で本当の事を話している証拠です。

受講料は無料です。
セミナー後の個別相談会も承っております。(要予約)

※お子様連れの方も安心のキッズルーム完備(保育士付添)

主 催:特定非営利活動法人 ハウスドットコム

開催場所:福島県郡山市熱海町熱海2-148-2
          ユラックス熱海(大会議室)

受 付:13:00

時 間:13:30~17:00

駐車あり

※200名様限定となります。
※ユラックス熱海へのお問い合わせはご遠慮ください。

ログハウス仮設住宅

ログハウス協会の理事の方々とログハウスの仮設住宅に久々に行ってきました。

3_201310111827504eb.jpg

5.jpg


震災から2年半が経ちました。

仮設住宅は、2年間という期限があるわけですが、特に福島の場合は、長引きそうです。

復興住宅のほうは、「様子見」の方が多いそうです。

簡単にすんなりといく問題でも無さそうです。。。


ハウスメーカーのパンフが山盛りのところもあるそうです。

我らは、せっかくですので、ログハウスの仮設住宅を再利用した復興住宅を手がけたいと思います。

(社)日本ログハウス協会東北支部会

「それでは、まず始めに、日本ログハウス協会東北支部長の長谷川より、新任のご挨拶をさせて頂きます。」

マジですか、、、

名前だけって言ったじゃないですか、、、





「え~~、、、本日は、お忙しい中・・・」


まぁ、世の中、こんな感じで動いている訳です。。




昨日、今日と、日本ログハウス協会の東北支部会が地元、福島県郡山の地で行われています。

昨日は、理事会と支部会、そして、懇親会がが開催されました。

講演会では、仮設住宅で一緒に汗を流した日大工学部の浦部先生に「福島における日常を取り戻す試み」という演題でご講演をして頂きました。

「将来よりも今の生活・・・」

など、仮設住宅に住む人たちの生の声を聞かせて頂きました。


今日は、実際にログハウスの仮設住宅を見学、、というか、福島の「その後」の実態を見て頂きます。


今回は、理事会も同時に行われ、全国から理事者が集まりました。

皆さん、ログ業界では長い方達ばかりでしたが、ほとんど始めてお会いする方達ばかりでしたが、久しぶりの方もいて、楽しく懇親を深める事が出来ました。

では、2日目、行って参ります。

おもてなしとサービス

おもてなしとサービス

似た言葉ですが、、、

■サービス
語源・・・ラテン語の servitus
解説・・・servitusには「奴隷」というニュアンスが含まれ、提供する側とされる側に主従関係が発生します。
お客様が上、スタッフ側が下と上下関係がはっきりするものと言われています。
ホテルで提供されるサービスとは・・・
お客様がある一定の対応を受ける(=目的)のに主従関係を発生させるために、サービスチャージやチップが存在すると考えることができます。


■おもてなし(ホスピタリティ)
語源・・・ラテン語のhospes
解説・・・・ホスピタリティは病院(Hospital)と語源を共にし、かつて交通機関や宿が整備されていない時代、危険と隣り合わせに巡礼する異邦人を歓待することを意味します。
家族と接するように、表裏の無い心で見返りを求めない対応と言われています。
旅館で提供されるおもてなしとは・・・
自分の家に訪ねてくる人(=お客様)をお迎え・お世話することなので、当然対価や見返りを求めない自然発生的な対応と認識することができます。

どちらも、「相手のために気を配って尽くすこと。」には変わらないのですが、

サービスは、相手に気づいてもらう前提でするもの。

おもてなしは、相手に気づかないようにするもの。

だそうです。


建築の仕事をする上でのサービスとおもてなしの違いを考えてみると、そこに、成功のヒントがあるように思います。


「本当によい家づくり&資金計画セミナー

10月13日(日)、磐梯熱海のユラックス熱海にて「本当によい家づくり&資金計画セミナー」が開催されます。

三連休のど真ん中ではありますが、是非、この機会に住宅業界の真実をお聴き下さい。

歯に衣着せぬ話は、本当に目からウロコです。

かなりビックリすると思います。

本当は、ハウスメーカーの社員さんに聞いてほしいですね。

実際は、業界の人でさえ知らない事がほとんどですので。

ではでは、お申し込みはコチラからどうぞ

当たり前

昨日は郡山にて、月に一度の業者会でした。

gyousya.jpg

少しずつ、少しずつですが、着実に前に進んでいるように思います。

我々は、目指すところが違うので、「まだまだ」ですが、、業界全体で考えれば、かなりレベルが高いと思います。


そして、、、本当に人に恵まれているなぁとつくづく思います。

今の協力業者会をゼロからつくろうとしたら、10年、いや、一生かかってもつくれないかもしれません。

そんなすばらしい人たちがグリーンライフの協力業者会です。


今日は宇都宮で業者会ですが、宇都宮の業者会は本格的にスタートしたばかりで、まだ人数は少ないですが、これまたすばらしい人たちばかりです。


「当たり前」に見えるものほど、「当たり前」じゃない。


仕事をしてくれて当たり前、

業者会に来てくれて当たり前、

ボランティアに来てくれて当たり前、

イベントに来てくれて当たり前、

やり直してくれて当たり前、


「当たり前」という捉え方を手放すと「感謝」しかありません。

では、今日も素晴らしい業者さんに合う為に宇都宮に行ってきます。

ありがとうございました。

天気が心配されていましたが、晴れ間が見えるほどの天気になり、お客様も、沢山来ていただきました。

昨年まで、この感謝祭は、10年近く、猪苗代の本社敷地内で開催してましたが、ここ数年マンネリ化してきたため、今年は志向を変えてみようと、いろいろやってみました。

まず、場所を、猪苗代湖の天神浜で開催しました。

天気次第では、とんでもない結果になってしまう条件ですが、天候にも恵まれ、ばっちりでした。

キャンプしようよ、安全大会に続き、大成功でした。

また、今年は、本格的な音響と、千年さとみさんにMCとミニコンサートをお願いしました。

これまた、大盛況でした。


初の試みで、色々と反省点はありますが、まずまず大成功で終わる事が出来ました。

遠くから来て頂いたお客様を始め、ご協力して頂いた業者会の皆さん、そして、準備から後片付けまで頑張ってくれたスタッフの皆さん、ありがとうございました、そして、お疲れさまでした。


では、また来年、天神浜でお合いましょう。。。



前夜祭

「お客様大感謝祭」の前夜祭を天神派まで業者さん達とやりました。。




さてさて、今日は、本番です。

天気もなんとか持ちそうです。

準備バッチリでお待ちしてます‼︎

お客様大感謝祭 in 天神浜

写真-14


さてさて、いよいよ明日です。

年に一度の「お客様大感謝祭」

今年は、志向を変えて天神浜でやります!

天気はなんとかもちそうですが、かなり寒そうですので、冬の服装でお越し下さい。

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております。

感謝祭チラシ表

感謝祭チラシ裏








東京にて

昨日は、神様が宿る家推進協議会本部にて、4件の打ち合わせが朝一からビッチリでした。

色んな事が毎月改善され良い方向に向かって行っているのが肌で感じます。

本部のスタッフも、本当に良くやってくれてます。


また、「住宅革命」というとてつもない旗を掲げ始まったグループですが、その旗がかなり大きいだけに予想外の事が色々とおきて大変なことも多いですが、着実にその旗がしっかりとしてきたように思います。


第三者から見て、我々の一番の強みは、「ぶれていない事」だそうです。

ほとんどの工務店は、その時の国の政策や新たな工法、ノウハウ、建材等に右往左往せざるを得ないのですが、我々は、全くぶれずに独自の工法、ノウハウ、建材等を進化させています。

工務店は、社長の一存で好きな工法や資材を取り入れる事ができます。

新たな工法、建材を取り入れ、進化させることは、悪い事ではありませんが、大事な部分はぶれては駄目です。

残念な話で、脱会した工務店が、合板や、集成材をばんばん使っているという話がありました。

もちろん、脱会した訳なので、自由ですが、そこまでブレるかと、、、

お客様に質問されると、合板や集成材を使う理由を、さも、正しいように説明をしているらしいのです。

まぁ、国が認めてるから正しいともいえますが、、、

ブレない事

経営者にとって大事な部分だなぁとつくづく思います。

式年遷宮

今年は、20年に一度の式年遷宮ですが、昨日新しく造営した正殿にご神体八咫鏡(やたのかがみ)を移す「遷御の儀」が行われたようですね。

一昨年までは、伊勢神宮にも行った事が無かったし、全く興味がありませんでしたが、この方の話を聞いてハマりました。


まずは、日本という国がいかにすばらしい国かを教えてもらいました。

日本は、神話から続く王朝が続いている唯一の国だとか、

世界で一番長く続いている国は我が国、日本であるとか、、

125代続いている天皇の第1代の天皇が神武天皇であり、即位したのが、紀元前660年2月11日なので、
2月11日が建国記念日となっているとか、

ということは、日本が建国して、660年+2013年=2673年 世界一長く続いている国

とりあえず、ご覧下さい。





岐阜にて

昨日は月に一度の「神様が宿る家推進協議会」の理事会開催のため、岐阜入りです。

毎月、色んなものが決まって行きます。


会議の最後の澤田さんの話の中で、これからは、ハード(建物のレベル)でお客様を満足させる、感動させる事は当たり前で、ソフト面(作り手のレベル)でお客様を満足させる、感動させる事が出来るような事を皆で考え、皆で行動出来る協議会にならなければ行けないと言う話がありました。

建物は良くて当たり前、我々はもっと上のレベルを目指そう、と。


消費税率が法律どおり来年4月から8%に引き上げることに決まりました。

業界では、9月末までの駆け込みがものすごく多かったようです。

9月末まで契約すれば、4月以降の完成でも5%の税率が適用される為です。


工期が2、3ヶ月で完成してしまうハウスメーカは、まだ、これから営業攻勢をかけるようですね。

また、15年10月には10%に恐らく税率が上がるわけです。

ここ、数年で作りて側の本質が問われるのでは思います。


我々は、ここ数年で、消費税増税に右往左往する事無く、もっと上のレベルを目指して行きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。