この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に良い家づくり&資金計画セミナーin宇都宮

DSC_3967.jpg


さて、いよいよ今日は、栃木県宇都宮市にて本当に良い家づくり&資金計画セミナーが開催されます。

昨年12月以来3ヶ月ぶりの開催となります。

まだ、お席に余裕が若干あるようですので、是非、お時間がある方はご参加ください。

お申し込みはこちらからどうぞ



スポンサーサイト

糖質制限ダイエット

89.6キロ

体重計が・・・

ということで、糖質制限ダイエットを始めました。




なんと、4日目で

86.2キロ

マイナス3.4キロ


去年、自転車や出張時のジョギングを必死にやっての最高記録に簡単に到達してしまいました。


しかも、今は、運動無し、腹一杯食べてです。

夜は、食事の後、ビールや焼酎、ワインを飲みながら、チーズやナッツを食べながら・・・です。


もう少し暖かくなったら、自転車や出張時のジョギングもはじめようかと思ってますので、目標体重の76キロまで6月中には達成したいと思います。

おなか周りが気になる皆さんも、初めては如何でしょうか?

グリーンライフ名古屋ショールームオープン

nagoya.jpg


明日、30日(土曜日)、グリーンライフ名古屋ショールームがオープンします。

愛工房の奇跡の杉を使用したブースもいち早く取り入れました。

是非、お立ち寄りください。


また、今週末は、全国各地のグリーンライフグループでイベントが目白押しです。

是非、こちらもチェックしてください。

千年さとみ

「これ、さとみちゃんじゃない?」


写真 (1)


と奥さんからメールがきました。


何年ぶりでしょうか。

多分、10年前くらいにさとみちゃんが歌を歌いながら、フリーでデザインの仕事をしていた頃、グリーンライフのチラシとか広告の仕事を頼んでいました。

そのうち、歌が忙しくなり、気がついたら連絡も取れなくなっていました。


今では、千年さとみという変な芸名?で、歌一本で、色々と忙しくやってるらしいです。

そして、なんと、さとみちゃん、古木・名木、1000年の木を守ろうと全国で立ち上がった「千年の会」の事務局長を任されたとの事。

そして、その全国大会が来月4月27日に福島県猪苗代で行われるとのこと。


残念ながら、同じ日に名古屋で大きなイベントがあり、参加出来ませんが、何かの縁ですので、何らかの形でご協力したいきたいと思います。


そんなこんなで、昨日、猪苗代本社に10数年ぶりに遊びにきてくれました。

satomi.jpg

当時は、すらっとしてたのですが、、15キロ大きくなったそうです。。

「さとみデラックス」か「森さとみ」を目指しているようで・・・。

歌は、半端無い声量ですので、本当に凄いです。

ちなみに昔、一緒にカラオケに行った時、私に点数負けてましたので、リベンジをいつかしようという事で、、、

写真は、私とさとみちゃん、そして右が当時独身で、良くカラオケに一緒に言ってた美佳ちゃんです。。

夢を諦めずに続けていたさとみちゃんを皆さんも応援してください。。






遠方より

本日は、遠方よりログハウスの見学と打ち合わせにはるばる奈良県から、福島までご夫婦とおばあちゃんとH様3人でがいらっしゃいました。


グリーンライフグループは、現在32社38拠点で全国展開しています。

もちろんログハウスも全国から問い合わせを頂いております。


ただ、皆さん、不安だと言います。

「実際に施工する加盟店にログハウスの実績がないのに大丈夫なのか?」ということです。

基本的には、横積みのハンドカット以外は、一般住宅の技術があれば、まして、厳しい基準がある神様が宿る家を造るグリーンライフグループにとっては、技術的にはまったく問題はありません。



もちろん、本部が全面的にバックアップしますし、私も今までの経験を生かして一緒にやっていくので問題ありませんということで説明してきました。


ただ、そのような体制だと、基本的に数に制限がありますし、無理も生じてきます。

私も、立場上、前みたいに自由に時間が取れなくなってきました。

極端に言えば、遠方のログハウスは1棟ずつくらいしか出来ないことになります。


1棟でも多くのレッドシーダーのログハウスを全国の皆さんに建てていただきたい。

なんとか、良い方法はないものか・・・。

ありました。

ものすごいコラボレーションが実現しそうです。


H様、今後ともよろしくお願い致します。

リネンカーテン

Cu_1806.jpg


グリーンライフグループでは、リネンカーテンをお勧めしています。

良質なリトアニア産のリネンカーテンをお値打ちに提供出来るのもスケールメリットのなせる技です。

ホームセンターや安売り店で扱っている化繊カーテンよりはもちろん割高ですが、リネンカーテンに詳しいお客様や少し勉強したお客様は、質の良さと、値段の安さに驚かれます。

同じリネンカーテンでも、中国産などの粗悪で安いものも沢山あるらしいです。


実は、ここだけの話ですが、国内でも有名なカーテン屋さんのOEMで、「本家」では値引き無しで全国の有名店で売っていますから。


先日、その「本家」の担当者さんから、うちのカーテン担当に相談があったとの事。

「グループで、予想以上に注文があり、今までの仕入れ量では、欠品が出てしまいました。

早急に対応させて頂きますが、早くても1ヶ月ほどかかるので、仮のカーテンで対応してもらえますか。」と。


通常のお客さんと比較すると、グリーンライフグループのお客様は、リネンカーテン(本物)の良さを理解して頂ける割合がかなり高いそうです。

やっぱり、本物が分かる人には本物が分かるんだなと改めて思いました。


ちなみに、リネンカーテンは、かなりの問い合わせを頂いていますが、「神様が宿る家」を建てて頂いたお客様のみで、一般のお客様への販売はしておりませんのであしからずです。


「家」+「庭」 外構工事スタッフ、協力会社募集

「家」+「庭」=「家庭」

グリーンライフの原点を辿ると、「造園業」です。

私も、ログハウスが軌道に乗るまでは、ログハウスをスタッフに任せ、私は、ニッカズボンに地下足袋を履き、造園業で社員の給料を稼いできてました。

メインの仕事は、山の中に入り、大きな木を掘り、ゴルフ場に売ってました。

外構も好きで、当時は自ら重機を使い、4tトラックで市場で木を仕入れ、石を山から取ってきて、自分で立てた家以外にもたくさんの外構、庭を作ってきました。


特に、ログハウスに似合う外構工事を提案できるところは少なく、また、出来る業者が少なかったのもあります。

今では、一般住宅が多いですけど、やっぱり、家と外構は一体でやるのが理想だと思っています。

もちろん今でも、協力会社によくやってもらってますが、エリアが増えたのと、もっとクオリティーを上げたいと思いますので、昨日の木工所とともに、強化して行きたいと思っています。

理想は、スキルの高いスタッフが来てくれることですね。

是非、お待ちしてます。

詳しくはお問い合わせください。

「家」×「家具」 家具職人募集

昨年より、少しずつですが木工所の改造計画を進めてます。


昨年は、倉庫のリニューアル、今年に入って、無垢の版を作る機械の増設をしました。

写真


さらに、来月には、自動盤を新調し、作業効率をかなりアップさせます。

今年は、さらに、モルダーとパネルソーの増設を予定しています。


現在、どんどん木工所に投資していっています。

現在、「家具待ち」で大変ご迷惑をお掛けしていますが、逆に言えば、グリーンライフの家にはもう無くてはならないものになっています。


「家」×「家具」=「グリーンライフの家」



「ログハウスに似合う家具を造ってみよう」

と丸太の椅子とテーブルから始めたなんちゃって木工所も、いつの間にか本格的な木工所になってきました。

どうせなら、国内でもトップレベルの木工所にして行きたいと思います。




ということで、家具職人を大募集しています。

未経験者でも、若くてやる気と元気があればOKとのことですので、どしどしご応募ください。

時間があり、久しぶりに本屋に行ってみたら、

「アベノミクス」関連の本でいっぱいになってました。

JD2.jpg


周りでも、仕事が忙しくなったとか、株やFXで儲けたという話がちらほらと聞こえてくるようになりました。

タクシーの運転手に聞いても、なんとなく景気が良くなってきているようだと言います。

都内を歩いていると、桜も咲いているので、気分的のも明るく前向きな気持ちになりますね。



実感は全くありませんが、全体的に全体の空気は良くなっているようなので、とりあえず、「アベノミクス」成功しているのでしょうか。

「気は病から」

とも言いますので、とりあえず、バブル崩壊してから、「不景気は当たり前」という負け癖がついていたのを、「景気が良くなる」、「良くなっている」と思えるようにした事は、考えると凄い事ですね。


なんとか、日本経済を救ってほしいですね。

子供達が将来に対して夢と希望を持てる国になってほしいものです。


我々も、「住宅」を通して、微力ながらがんばっていきたいと思います。

理想の生活

あれだけあった雪もだいぶ解け、猪苗代も春めいてきました。

猪苗代の桜はもう少しかかるようですが、今日は、東京なので桜が見れるかなぁと。


よく、四季の中で一番好きな季節はと聞かれることがありますが、猪苗代は、四季がはっきりしているので、どの季節も大好きです。

でも、最近は、スキーもしなくなったので、ワースト1は冬ですね。

あの、除雪の大変さは、半端じゃありませんから。



先日、姉夫婦の家に行ったときに、近くに安くてよい土地があるのでお客さんに紹介したらという話がありました。

雪がうんざりだったので、家処分して引っ越してこようかなと冗談で言ったところ、母も、嫁も、子供も大賛成。

買い物も歩きで行けるし、病院もたくさんあるし、なんといっても、除雪をしなくてよいのが一番です。

震災で避難している人たちも、便利でもう帰りたくないという人がかなりいるそうです。



ということで、いきなりですが、住み慣れたログハウスを捨てて引っ越そうと真面目な家族会議が始まりました。





しかし、、、次の日、ご飯を食べながら、


「そんな狭いとこで、生活できるかな」

「水はまずいよね」

「この荷物どうすんの」

「畑つくれんの」


今は、猪苗代の山の中で、約1000坪の敷地に、一応ログハウスに住んでいて、近くに家もなく、近所に気を遣うことなく、自由気ままに生活してるわけです。


「やっぱり無理だわ、、、」と。



そういえば、この前、ある外資系企業に長年勤めていた方にこういわれました。


「長谷川さんの生活は理想だよね。」


「リゾート地に住んでて、仕事は日本全国だったり、カナダや中国とかグローバルな仕事ができるって欧米人にとっては理想なのよ。」



なるほど、、、

灯台下暗しな訳ですね。


やっぱり、考えてみたら、住めば都、雪がふっても猪苗代が最高ですね。

img57651688.jpg



これから、素晴らしい季節になりますので、みなさん、遊びに来てください。


では、これから、大都会、花の都大東京に行ってまいります。

群馬県の皆さん

ということで、群馬県の皆さん、是非、体感ツアーにご参加下さい。

日程が、合わない方も個別にご案内出来ますので、遠慮なくご相談下さい。

特に、今回は、神様が宿る家に、新たに加わった愛工房の奇跡の杉の素晴らしさを一人でも多くの方に知ってもらいたいのです。

まして、何故、我々グループが、惚れて取り入れた愛工房が、設置された場所が、群馬県太田市という事に、深い意味がある事を最近知りました。

偶然ではなく、必然だったように思えます。

スピリチュアル的な話になりますが、彼岸の中日に、セミナーを開催したことも含めて、物凄い運命の糸にひっばられてるような気がします。

もったいぶっているわけではありませんが、、、

今日は、このへんで、、、

愛工房奇跡の杉

愛工房もいよいよ出荷出来る最終段階に入りました。

木材は、伐採、製材し、乾燥して、羽目板や床材などの製品にすると、節が多いもの、少ないものから、全く節がない「無節」、そして、節が抜けてしまって穴が空いてしまっていたり、反ったり割れたりして使い物にならないものなど、数種類に分別されます。

昨日は、その確認作業に行ってきました。

写真 (7)

通常は、節が抜けてたりすると、そこを埋めたりするのですが、グリーンライフグループではそれをやらない事にしました。

普通は、ロス率が高くなり、価格に反映してしまいますが、その部分は、支障のない下地や、カットして、短くなった部分を家具や建具にまわす事で、ロス率を少なくする努力をして価格には反映しなくて済みそうです。

これこそ、建具や家具をトータル的にやっているからこそ出来るグリーンライフグループのなせる技です。


さて、本日は、昨日もご案内した通り、本当に良い家づくり&資金計画セミナーです。

愛工房の奇跡の杉のサンプルをたくさん持って行きます。

当日参加も大丈夫?ですので、是非お越し下さい。



いよいよ

いよいよ明日は、群馬県太田市にて「本当に良い家づくり&資金計画セミナー」が開催されます。

まだ、席に若干余裕があるようですので、まだ、お申し込みされていない方は、是非、この機会にどうぞ!

お申し込みはこちらから

さらに、今月は、太田市にて、イベントが目白押しです。


特に、今回初めての試みがあります。

「愛工房の乾燥機に木材と一緒に入ってみよう企画」

多分、工務店の企画としては、世界初です。  


私も2回ほど入りましたが、普通のサウナとは、ひと味もふた味もちがった気持ちよさです。

更に、汗をかいても、その汗がベタベタしないのです。

開発者の伊藤社長は、人間の木も同じ生き物だから、人間が気持ちよく汗がかければ、木も気持ちよいはずというのが、愛工房の開発の原点だそうです。

普通の乾燥機は、100度くらいの高温で強い風を長時間当てて、無理矢理水分を抜く訳ですが、水分だけでなく、油分や、酵素など、木が持っている重要なものまで吐き出させてしまいます。

普通の乾燥機を見学に行きましたが、床と扉は、木から吐き出された「ヘドロ」のようなもので、ベトベトでした。

床は、高圧洗浄で洗わなければ行けないので、コンクリートでした。



一方、愛工房は、見てもらえれば一目瞭然ですが、床も壁も天井も「木」です。

水分しか出ないからです。


まずは、20日の「本当に良い家づくり&資金計画セミナー」をじっくり聞いて頂き、24日に体感ツアーで、実際に神様が宿る家に住んでいる人の感想を聞き、帰りに愛工房の乾燥機に入り、30日に、最後の締めとして、「生体エネルギー活用*美容体験会」に参加


これで、神様が宿る家、完璧に習得出来ます。


そろそろ

久しぶりに病院に行ってきました。

友達が入院したという事でお見舞いにいってきたのですが、残念ながらすれ違いで外泊中でした。

すぐ帰ってきましたが、やっぱり健康第一だなぁとつくづく思った訳です。


自慢ですが、私は、この人生の中で一度も入院した事がありません。

バイクで事故して救急車で運ばれたときも、骨や内蔵に異常がないということで、全身打撲でまったく身動き出来ないにもかかわらず、家に帰された事もあります。

その時は、初めて入院出来ると、どんなものなのかと思いましたが、今思えば、入院しないに超した事がありません。

看護婦さんに期待しては行けません。。


健康第一。

そろそろ、暖かくなってきましたので、運動でもはじめようかと思います。

冬の間、全然運動してなくて、完全に鈍ってますので。。




クイックレスポンス

グリーンライフグループの基本中の基本は、クイックレスポンスです。

言うのは簡単ですが、意外に出来ません。

「電話にでる。」
「メールを返信する。」
「期限を守る。」

書くと、物凄く簡単で当たり前の事ばかりです。


前も書きましたが、グリーンライフグループで、会議などの出欠や、アンケートなど、期限のあるものをどこが遅いか、どこが期限まで守れないかつけていたのを数値かしたのと、住まいネットさんで、お客様に満足度のアンケートをとって数値化しいましたが、なんと、レスポンスが悪い会社は、顧客満足度が低いと一致しました。


他の住宅フランチャイズは、加盟店を1社でも増やそうと必死です。

幽霊会員もたくさん居るところも多いですが、グリーンライフグループは、まさに「量」より「質」を求めています。

今まで、色々な事情で退会される会員さんもいますが、クイックレスポンスがどうしても出来ない会員さんは、こちらから辞めて頂いています。

本部を預かる立場としては、月会費の5万円が無くなる訳ですので財政だけ考えれば、幽霊会員でも1社でも多くいた方が良いのですが、それにより、顧客満足度が低下し、クレームなどが多くなる方が、しっかりやっている加盟店さんに迷惑をかける事になります。

本当に、「一事が万事です。」

自分も、身を引き締めて、クイックレスポンスまだまだ出来ていませんので、しっかりと基本的な事、当たり前の事をやりたいと思います。

除名されたら大変ですので・・・

アベノミクス

「長谷川さん、アベノミクスどう思いますか?」

「う~ん・・・」

「なんか、ピンとこないというか、なんとなく最近のマスメディアには違和感がありますね。」



さも、アベノミクスの効果で、景気が上向きのようにテレビや新聞で流れてますが、実感は無いし、円安や株高も一部の大手企業や投資家だけが恩恵を受けているだけで、我々一般庶民に波及するのはいつの事やらといった感じがしますね。

また、TPP参加で、どのように世の中が変わって行くのか、どのように各業界が対応していくのか、どのように世の中が変わっていくのか、良い悪いは別として、個人的に興味があります。


ある程度は仕方ないと思いますが、政治家のその時の政策や景気に右往左往する事無く、どんな状況になっても、しっかりと地に足がついた安定した経営が出来るようになりたいと思います。


「本物だけが認められる時代」

     「本物だけが生き残る時代」


グリーンライフグループが始まった3年前に制作したDVDですが、当時は、

「ちょっとオーバーな始まりだなぁ」

と思いましたが、今聞くと、すんなりと耳に入ってきますね。

スタート当初から今まで、この3年間、首尾一貫している事が分かって頂けると思います。





井の中の蛙にならないようにだけ注意して、自分たちのやっている事に間違いは無いと強く信じて周りに惑わされる事無く、突き進んでいきたいと思う今日この頃です。

博愛の家

研修終了後、昨年、設計を手伝わせて頂きました秋田県大館の「博愛の家」に、完成後は初めて太田社長とおじゃましてきました。



↑この本に載っていますので、是非、ご覧ください。
カメラマンさんも興奮して、時間を大分オーバーしたくらい素晴らしい家です。

あーでもない、こーでもないと、K様と議論を重ねた事、工事中の苦労話などを話しながら、そのまま、K様の家に泊まらせて頂きました。

考えてみたら、自分が携わった家に泊まらせて頂いたのは、初めてかも知れません。

しかも、フル装備の「神様が宿る家」に泊まって体感させて頂いたのも初めてです。


K様には、施主の立場から、家をつくる過程で気づいた事、工務店や職人に対して改善した方が良い事などを業者会などで話をして頂けるとの事です。

また、これから建てる人にも、色々なアドバイスをして頂けるようです。

大変参考になり、勉強になる事なのでうちでも、やって頂こうかなと、、、


振り返ってみると、こんな感じで、本当にお施主様に我々は教育され、育てられているんだとつくづく思います。

今度、夏にお邪魔して広い庭でBBQをやる約束をしましたので、また、秋田に来たいと思います。

日本一図々しく、KYな社長でした。


K様、ありがとうございました。

ここまでやるか?

無事になんとか2日間の導入研修が終了しました。

参加された皆さん、大変お疲れさまでした。


二日目は、ほとんど5時間話しっぱなし、正直大変疲れました。

これを、いつも澤田さんは、毎週末のセミナーや澤田塾などで、やってるんだなと思うと、本当に凄いと改めて思いました。


また、導入研修ということで、「神様が宿る家」を建てるにあたっての色んな決まりごとをの説明を色々としてて、我々は、半端じゃない事をやっている事を改めて思った訳です。

ここやるか?  と、、

今日は、盛岡のモデルハウスで、その、

「ここまでやるか!全棟検査」

神様が宿る家認定項目である、断熱検査と音の検査の研修が行われます。

では、いって来ます。

導入研修

昨日から、1泊2日でグリーンライフグループ新規加盟店及び、研修を受けていないスタッフを対象にした導入研修が開催されます。

本日、1日目は、ログハウスとティンバーフレームを視察して頂きました。

究極の自然、天然住宅であるログハウス、そしてティンバーフレームの家を見て頂き、通常の一般住宅の既成概念を吹き飛ばしてもらい、今後の家づくりにプラスアルファーになる何かを感じ、持ち帰ってもらえればと思います。

そして、恒例の温泉での大懇親会


日本全国から集まった工務店の皆さんが集まると、話はやはり仕事の事。

グリーンライフグループの特徴の一つに、情報の共有が半端じゃない事があります。

本当に、ガラス張り、いや、ガラスもありません(笑)

自社の借金までも、赤裸々に腹を割って話ます。

自分の会社でうまく行った事は、みんなに発信したり、また、逆にクレームなども共有します。


様々な住宅FCや団体、グループがあると思いますが、こんなにも素晴らしいグループは日本中探しても絶対にありません。

逆に、これだけ厳しいグループも無いでしょう。


グループの代表を努めさせて頂いている私でさえ、ちょっと気を抜くと置いていかれるくらいですので、必死です。


「家を変え、人を変え、住宅業界を変え、日本を変えてゆく。」

グループの理念ですが、決して大げさではないことが、最近実感しつつあります。


それでは、全国の工務店、設計事務所の皆さん、随時、仲間を募集していますので、お気軽にお問い合わせください。


では、2日目、5時間びっしりの机に座っての講習会です。

今日は、講師側ですので、皆さんに為になったと思われるようにしなければなりません。

今日も、元気で張り切って行きましょう!!

飲みニケーション

今年から、全体会議の後に、全社員でその月の誕生会をかねた飲み会をしようという事になりました。

1月、2月はどういう訳か出来なかった為、今回初めての開催となりました。

写真-(6)

猪苗代・郡山、宇都宮・太田、木工所と別れていますので、スタッフ間の連携がより大事になります。

今回は、女性チームが段取りしてくれましたが、次回は、営業チームが担当する事になりました。

残念ながら、来月誕生日の人はいませんが、楽しみにしています。

今回は、初めてでしたので、特に、女性スタッフはお酒を控えていた人も居ましたが、次回は、全員お酒を飲んで、飲みニケーションです。


今日は、導入研修で、全国から30名の仲間が猪苗代までやってきます。

では、気合いを入れて、行ってきます!!

東日本大震災

昨日の地区の総会は、色んな意味で大変勉強になりました。

色んな考え方、色んな人がいて、自分の中の常識は非常識だったり、もっともっと広い視野を持たなければいけないと考えさせられた総会でした。

さて、2年前の今日は言わずと知れた、東日本大震災があった日。

早っ

つい先日の事の様です。

ちょうど、猪苗代の事務所にいたのですが、最初は、パソコンのディスプレイを押さえたりしてたのですが、さすがに事務所に居れず、みんなで外へ飛び出しました。

車は、タイヤが浮くほど跳ねてるし、隣のゴルフ練習場のコンクリートの柱とネットはユサユサ揺れてるし、尋常な揺れではありませんでした。

男性陣は、次の日から、郡山で開催される住宅展に出店するため、ビックパレットで準備中でしたが、天井がはがれ落ち、会場はめちゃくちゃだったそうです。

揺れが収まると、まずは、社員と社員の子供達の安否確認をしましたが、運良く全員、無事でした。


とりあえず、自宅待機としましたが、あの時の津波の映像は衝撃的でしたね。

原発が爆発したときも、なんとなく、遠い国のことか、映画の世界にいるような感覚でした。


なにはともあれ、我々がボランティアに行っている女川町の人たちの話を聞くと、命があった事に感謝しなければ行けませんね。


今日は、午後から、全体会議があります。

震災が起きた午後2時46分には、みんなで黙とうをささげたいと思います。

合掌。

総会

プライベートな話になりますが、今日は、丸一日地元の地区の総会です。

通称「春会議」と言います。

夏会議も秋会議も冬会議も無いのに、何故か今回だけ春会議と言います。

私の住んでいる地区は、23戸しかない小さな集落です。

1期2年の区長の役割が3月で終わりますので、今日が役員改選です。

仕事より、ハードで大変な1日が始まります。

では、、がんばってきます。。。

みなさん、無事を祈ってください。。。


ということで、本日は、携帯、メールにすぐには出れませんので、折り返しします。


川上から川下まで

商品の流通経路を川に例えて、「川上から川下へ」と表現するそうです。

川上はメーカー、川下は消費者を指し、中間に位置する卸売業などは、川中と呼ばれ、間に入れば入るほど当たり前ですが、値段は高くなります。


グリーンライフグループは、スケールメリットを生かし、膠ドアなど、様々なオリジナル建材を独自に開発したり、共同購入するなど、無駄な川中をなるべく無くし、価値のあるものを安く提供出来る様に日々努力をしているのです。

先日は、愛工房の奇跡の杉をなるべくユーザーに良いものを提供出来るように、川上(伐採、製材業者)に行って参りました。




一つの製品が消費者まで届くまでには、本当に大変です。
今回の場合、川上(伐採、製材業者)が安くても、運送コストがかかったり、杉自体が工業化製品のように、規格が一定ではないので、乾燥コストがかかったり、ロスが多ければ、最終的にはいくら、川中を排除しても高くなりますし、その逆も言えます。



今月から、来月にかけて、数カ所の材料を使い、コスト、品質などを徹底的に検証します。


まず、最初のロットですが、来週には、物流倉庫に入ってきます。

20日に群馬県太田市で開催される「本当に良い家づくり&資金計画セミナー」には、初めて、一般の方に実物をお見せ出来そうです。

まだ、お席に余裕があるようですので、お早めにお申し込みください。

では、また、進捗情報は、ブログにてお知らせしますのでお楽しみに。。

導入研修

来週は、グリーンライフグループの導入研修が開催されます。

新たに仲間入りされた会社だけでなく、新入社員さんなど、まだ、研修を受けていない方も対象になります。

一日目は、ログハウスやティンバーフレームを見学してもらい、2日目は、朝からハードな詰め込み研修となります。

今回は、30名近くの参加があります。

貴重な時間を遠いところから経費をかけて参加して頂くわけですので、それ以上のものを持ち帰ってもらわなければいけません。

いろいろな研修は、ほとんど、澤田さんにおんぶにダッコですので、これくらいは、キチッとやらなければと今から気を引き締めています。

とくに、今回は、色々と仕様の変更やら、体制の変更やら色々ありますので、グループの基本的な部分を徹底的にやりたいと思います。

また、今まで、不定期でしたが、ことしは、隔月奇数月の半ばに開催します。

今回参加できなかった方は、次回は、5月になります。

よく学びよく遊べ

ことわざに

「よく学びよく遊べ」

というのがあります。

意味は、

「勉強ばかりさせて遊ばせないと子供はだめになる。なので子供を外で遊ばせるのも大事である。」


これは、大人にも言える事ですが、大人(仕事)バージョンにすると

「よく働き、よく遊べ」

「仕事ばかりさせて遊ばせないと社員は駄目になる。なので社員を外で遊ばせるのも大事である。」

でしょうか。



先日、新聞のコラムに、残業ゼロを実施した社長の話が載ってましたが、そのなかで、2時間だけ猛烈に一心不乱に仕事をする時間をもうけたそうです。

そうしたら、みんな、頭が痛くなったというのです。

要するに、残業しても長時間集中して仕事をする事は現実的に無理だと言う事。

さらに、限られた時間内に仕事を終わらせなければいけないので、時間内の終わらせるように、工夫をはじめたという事。

最初は、会社の為に遅くまで仕事をしてるのにと、不平不満がものすごかったが、社長自ら、社員の悲鳴の中電気を消し続けたとの事。


工務店は、残業して仕事をする事が当たり前のような風潮があります。

経営者側も、オーバーワークを承知で、少ない社員で無理矢理やらせているというのもありますが、社員も、一つ一つの仕事を時間を意識してやっている人は数少ないと思います。

グリーンライフを見ると、なんとなくですが、女性陣は子育てがあるので、限られた時間、限られた日で仕事をこなそうとしているように感じますが、男性陣は、自分で好きなだけ時間を使って仕事をしているように感じます。


職人さんの仕事など、効率的にといっても、物理的に短縮するのも限界がある作業もありますが、我々管理する側、とくに、部署部署で連携が必要な仕事は、工夫と考え方次第でかなり時間と労力は減らせると思います。


家庭円満が会社も仕事も円満になると思いますのでみんなで頑張ってみましょう。


とにかく、この本も、数年前に読みましたが、もう一度読んでみようかと思います。




マイスター制度

昨日、月一の合同会議とブランディング会議でした。

ブランディングといえば、カッコいいロゴや名前を付ける事と連想しますが、私たちのブランディングは、もちろんそれも大事ですが、まずは、いかにお客様にとって、「神様が宿る家」を建てたい、建てて良かったとどうすれば思ってもらえるかという事をまずは考えようと真剣に議論しました。

今回は、営業担当者や現場担当者はもちろん、職人さんもプライドと誇りを持って「神様が宿る家」を建てれるような仕組み、制度をつくろうと。

ドイツのマイスター制度を参考に、教育プログラムを作成し、各地区ごとに研修会を開催する事となりました。

社員満足度、職人満足度があって、はじめてお客様満足度が向上し、それがブランディングになるという考えです。


もちろん、合わせて、「見た目」のブランディングも行っていきます。

でも、「神様が宿る家」という、一見、宗教団体の家をイメージさせる名前を、かっこ良く、そのイメージを払拭させるようなロゴ、イメージをつくらなければいけないのですから大変です。

一般公募もしますので、何か良い案、デザインがあればどしどしご応募ください。


愛工房 奇跡の杉

記念すべき愛工房商品、第一枚目!

123_20130305012139.jpg


いよいよ、愛工房物語がスタートしました。

高温乾燥材の杉材と比較しましたが、やっぱり違います。

臭い、色、手触り、全く違います。



素人の方が見て、触っても、分かるほどです。(上の写真は、2枚とも愛工房の杉)

高温乾燥機の方は、表面がパサパサで、色も焼けたように黒っぽくなりますが、愛工房のほうは、しっとりとし、色も元々の色で、ツヤがあります。

まずは、3月30日にオープン予定のグリーンライフ名古屋(アイジースタイルハウス)さんのショールームに使用する予定です。

一般ユーザーさんの手に届くのは、あと、1ヶ月くらいかかりそうですが、順調にいきそうです。


あと、同時にこの奇跡の杉を使ったキッチンなどのオーダー家具やドアなどの建具も企画して行く予定です。

これは、まだこれからで、詳細は未定ですが、6月にオープン予定の宇都宮に建築している愛工房のモデルハウスには、フルで入れ込んで行く予定です。

それでは、みなさん、お楽しみに。

出張です。

さて、本日は月曜日

曜日の感覚は全くありませんが、本日より2週続けての少しハードなウィークデーがスタートします。

ちょうど2週続けて、土日だけ地元にいますので、この2週間は曜日の感覚がはっきりしそうです。


まず、本日は、朝一から工事部会議、製材所の打ち合わせの後、岐阜よりお客様が来ます。

木工所の視察、打ち合わせです。

うまい具合にコラボ出来ればと思っています。

次の日は、逆に岐阜へと向かい、その後、帰りに東京、栃木、群馬と仕事をして帰ってきます。


次週は、月一の全体会議から始まり、グリーンリフグループの二日間の導入研修、盛岡での測定器実地研修、終了後、秋田へと向かいます。

3月も、あっという間も無く終わりそうです。。


では、忙しく、健康で働ける事に感謝し、暴飲暴食に気をつけて、張り切って行って参ります。

ビューティバイキング

3月だというのに、真冬並みの寒さと吹雪の猪苗代です。

昨日は、新潟の村上市で開催されているビューティーバイキングを視察に行ってきました。


7月オープン予定のモデルハウスの有効活用のための視察です。

名前の通り、美容と健康をテーマに、その道のプロ達が出店し、少ない金額で、色々お試しが出来るというものでした。

早速、郡山、宇都宮で出来るように準備していきたいと思います。

出展者募集します。


それにしても、ここでも、感じたのは、「女子力」

すさまじいパワーです。


秋田の太田社長と行ってきたのですが、二人とも同意見でした。

それにしても、あの漲るパワーはどこから来るのでしょうか。

見習わなければ行けません。

そう言えば、今日は3月3日のひな祭りですが、男の知り合いに誕生日が何故だか多いです。

どうでもいい事ですが、、、

とりあえず、皆さん、おめでとうございます。






アメーバー経営




多分、10年ぶりくらい前でしょうか、この本を手に取り読んで、次の日、会社で「これからはアメーバー経営だ」とみんなの前で言ったのを覚えています。

もちろん、うまく行くはずも無く、いつの間にかアメーバーの「ア」の字も無くなっていたのは言うまでもありません。

あれから10年の月日が流れ、澤田さんのから、アメーバー経営の話を聞き、早速本を探し改めて読んでみました。


10年前がいかに自分も会社も幼稚であったかを実感し、アメーバー経営自体もよく把握していなかったように思います。


あれから10年・・・

すんなりと、頭の中に違和感なく入って来ました。

澤田さんの指導を受け、少しは成長させて頂きました。



もうすこし、勉強が必要なようですが、人材や周りの環境など、アメーバーの組織づくりの条件はそろっているように思います。


生きがいや達成感を持って働くことができる「全員参加経営」

私の理想ですし、みんなにとっても理想のはずです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。