この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

伊勢神宮

今年3回目の伊勢参りです。
何回来ても、何回同じ話を聞いても感動します。
日本人としてのスイッチが入ります。

一緒に行った皆さんも、感動してました。
やはり、この方の話を聞いてから行くのと聞かないで行くのは雲泥の差があります。

話を聞いてから行くと、日本人であることを、日本人で生まれて来たことを誇りに思います。

日本という国が、誰がいつつくったのか、国民のほとんどの人が知りません。

日本の国が出来て何年経つのか、答えれる人はほとんどいません。

他国では翻訳されて、多くの国で活用されている日本の教育勅語も教育されていません。

国歌、君が代の歌詞の意味などは、誰もわかりません。

祝日の本当の意味を分かる人も、ほとんどいません。

別に、右のほうに洗脳された訳ではありませんが、そう言われとみれば、おかしい事ばかりです。

戦後、軍国主義を排除しようと日本の良いところまで全てを否定した教育が、間違っているように思います。

政治の話を書くのは始めてですが、日本の根本的な部分を復活させようとしている橋本徹さん、安倍晋三さん、そして、石原慎太郎さんにエールをおくります。

皆さんも、是非、日本の基本的な、根本的な歴史を勉強してから、伊勢神宮に行って見てください。

きっと、忘れさられていた日本人としての大和魂が、目覚めます。

スポンサーサイト