この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

愛工房

グリーンライフグループで導入予定の「愛工房」低温乾燥機を導入している笠原建設さんへ視察に行ってきました。

写真 (32)

色々な完成品を見せて頂きましたが、改めて、愛工房の低温乾燥の凄さを実感しました。


工場視察後、笠原建設さんで建設した、白山神社宝物伝を特別に見学させて頂きました。

写真 (31)


昔から、日本では、宝物をしまっておく場所は、檜でも桐でもなく杉の白太の板を貼っていたそうです。

写真 (33)

そこの床と腰壁使われたのは、もちろん、愛工房にて乾燥させた白太の杉板です。

なんと、湿度を一定に保たなければいけないため、完成後、2年間おかなければいけない決まりがあるそうです。

今、1年目ですが、もうすでに、除湿器は必要なく、今すぐにでも利用できるような状態だそうですが、決まりなので、一般公開は、あと1年後だそうです。

専門家も驚いているようです。


伊藤社長にこの本↓を頂きました。

伊藤社長ありがとうございました。



最後になりましたが、笠原建設の皆さん、お忙しいところ、ご丁寧に案内して頂きありがとうございました。

グリーンライフグループ×愛工房に乞うご期待です。

スポンサーサイト