この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

やらない事は後退する事

昨日は、名古屋にて、関西中部地区の澤田塾が開催されました。

私は、東北地区ですが、オブザーバーとして参加させてもらいました。

東北地区の澤田塾は今月の15日に開催されます。


もの凄い緊張感と熱気に包まれて始まりましたが、あっという間に時間が過ぎていきました。

15日の予習のつもりで参加しましたが、とんでもない内容でした。


前半は、まさに心の部分で1時間澤田先生の魂の叫びでした。

「こんなに良い家をお客様に創らしてもらえるのだから、みんなの心も家に負けないように良くしようよ。」

と、



そして、今回のテーマである「物語」

「会社(自分)の物語をつくる」

多分、参加していない人は、これを読んでも全く理解できないはずです。

なぜ、建築を始めたのか、なぜ、生きているのか



今回の澤田塾の内容は、Blogでうまく伝えられないくらい凄かったです。

なにはともいれ、教わった事をやるかやらないかですね。


「やらない事は後退すること」


IGの立田部長は、我々仲間に今まで何年もかかって苦労して培って来た自社のマニュアルやノウハウを全て公開して頂いています。

そればかりか、希望する人は、1週間、1ヶ月と研修も無料で受け入れています。

本当に、この場を借りて感謝させて頂きたいと思います。


なのに、ほとんどの会社がやらない。


「感謝するという事は、行動で示さなければいけない。口だけの感謝はいらない。」

と澤田さんは言います。


まさに、教えてもらった事を実践する事が、相手に対しての最大の感謝だと思います。

まずは、教えて頂いた方に感謝しながらやる!


我々は「一蓮托生」です。

また、今日から、全てに感謝しながら仕事をしましょう。



   

スポンサーサイト