この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

卒業式

本日は、次男の中学校の卒業式に参列してきました。
3人兄弟の末っ子です。

猪苗代中学校は、原発避難区域からの1次避難、2次避難を受け入れていましたので、出入りが激しい1年だったようで、生徒も先生も大変だったのではないかと思います。


一番上が20歳で、カナダの高校を昨年暮れにやっと卒業し、9月からカナダの短大に進学予定です。
長女は、つい先日高校を卒業し、この前、アパートに引っ越して行きました。

本当に、早いものです。

この10年間は、特に仕事の方もバタバタとしていましたので、子育ては嫁さんに任せっきりで、気がついたら一人、また一人と、家から巣立って行きます。

親父として、仕事優先で、子供に対しての教育という教育はほとんどしていなかったと思いますが、親ばかですが、3人とも素直に良い子に育ったと思います。

逆に、良い子すぎて心配ですけど・・・。


まぁ、これから大変な時代を生き抜いて行かなければいけない訳ですので、その辺だけは、希望を持って生きて行けるように、これから出来る限り教えて行ければと思います。

と、その前に、自分ですか・・・


スポンサーサイト