この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三百六十五歩のマーチ

本日は、澤田先生によるグリーンライフグループの東北地区の5社合同コンサルが猪苗代にて開催されます。

昨日は、先日のブログにも書きましたが、グリーンライフだけのコンサルをしていただきました。

約1年ぶりに、今のグリーンライフの現状を客観的に見ていただきましたが、あまりの成長ぶりに澤田先生も驚いていました。

途中から、トラストホームの平塚社長も合流しましたが、平塚社長も、グリーンライフスタッフの個々のレベルの高さ驚いていたようです。




と、イメージはしていたのですが、、、

美空ひばりさんの歌に

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる~

とあるように、、、こんな感じです。。


と書くと、
澤田先生に、

「違うよ、グリーンライフは三歩進んで 四歩さがるだ!!」

と言われそうですが、、、


まぁ、私が20数年かけてつくった企業文化は、かなり手強いようで、、

でも、ここまできたら、どこにもまねが出来ない破天荒な会社を目指そうかと、、、


破天荒!―サウスウエスト航空 驚愕の経営破天荒!―サウスウエスト航空 驚愕の経営
(1997/07)
ケビン フライバーグ、ジャッキー フライバーグ 他

商品詳細を見る


今日も、びっちりと勉強します。。


スポンサーサイト

改革

ということで、本日、1年ぶりに澤田先生のコンサルを受け、完璧には程遠い人達で、完璧に近い会社にするプロジェクトがスタートします。

グリーングループのリーダーとして、一人一人が自覚を持ち、まさに、リーディングカンパニーとして、皆の模範、目標となるように今日から、スタッフ一同初心に戻り頑張りたいと思います。

皆さん、乞うご期待!

澤田先生、宜しくお願いします。

割れ窓理論

釈迦に説法だと思いますが、、、「割れ窓理論」

「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」

何か最近問題が怒った訳ではありませんが、もう一度、真剣に皆で考えて毎日の仕事の見直しをしようと思います。


昨日ブログに書いたホームページの半年間ほったらかしもそうですが、仕事に例えれば、

「些細な事を日常の業務に追われて見過ごす事により、やがて、全ての業務に影響を及ぼすこと」

だと思います。

ニューヨークの落書きを消した事や、ディズニーランドの例からも、これの逆もいえるという事ですね。



数年前、この「割れ窓理論」をお客様から教えてもらいました。

「社長、こんな事では、せっかくここまで築き上げたグリーンライフが駄目になるよと、、、」


理由は、そのお客様からメンテナンスを頼まれていたのですが、日常の業務に終われ忘れていたのです。。

いつでも良いよ、という言葉に甘えて。。

昨年も同じような事がありました。


正直、その都度反省し、改善しているのですが、時間が経つとまた元通りという感じです。


全てに完璧というのは、人間である以上不可能だと思いますが、この不可能にチャレンジし続けるのが企業なのかと。。


ということで、時間が経つと元通りに戻らないように、具体的な方策を考えたいと思います。

ホームページ プチ リニューアル

ホームページをリニューアルしました。

55.jpg


ここ半年ほど、ほったらかしでした…

その間、仕様変更点とか色々あったのですが…

少しは、すっきりとみやすくなったと思うのは、直した自分だけでしょうか…


同時に、 先日オープンしたfacebookの会社のページも試行錯誤しながらですが、色々やってます。

54.jpg

現場日誌をfacebookに移そうかと思案中です。

よろしければ、
↓「いいね!」↓してください。




先日の勉強会で、「はっ」とさせられましたので早速、出来るとこから改善です。

世界一受けたい授業 その1

先日、第一回目が名古屋にて行われました。

今回は、初回ということで、基本的なことでしたが、今まで何度も何度も指導を受けている私でさえ、自分の会社に足りない部分、やらなければいけない部分が明確になりました。

P2202304.jpg


今回の勉強会のキーワードは、 考え方、目標、自己マーケティング、連動、想定、見せ方、感動でしょうか。

基本と言っても、今日の内容を実行できれば、それだけで素晴らしい会社になると思います。

それが、なかなかできないものです、、、

ということは、私もそうですが、ほとんどの会社が基本的なことをやっていない、出来ていないということだと思います。


家でいうと、基礎や構造体をしっかり作ってないのに、見栄えだけ気にして家を建てているようなもだと思います。

家も基本がしっかりしていれば、長持ちするのと同じですね。


今回の参加者は、ほとんどがグリーンライフグループのメンバーでしたが、来週から、グリーンライフグループ加盟社対象のの地域別の勉強会が開催されます。

まずは、東北地区から開催されます。

わたしも、すべてに同行して皆さんと勉強し直したいと思います。

人はブログで磨かれる

今日は、朝の6時半から夜まで、猪苗代町町議会議員選挙の投票所で立会人として一日軟禁されてました。。

投票所と言っても、小さな村の集会所なので、畳敷きに座布団です。

何をする事も無く、、ただ座っているだけなので、暇で暇で、、こんなに一日が長く感じた事はありませんでした。

でも、おかげさまで、中途半端なのも含めて、5冊の本を読む事が出来ました。



さてさて、本題の題名についてですが、なぜ、ブログを書くのか、仕事でのブログの重要性について、

これこれ、、、と、思ってた通りの事がそのまま書いてあったブログがありましたので、特に、スタッフに読んでもらいたいところです。

先日、会社のfacebookを作りましたが、こちらは、まだ正直いってどのように活用して良いか分かりません。

google+とか、twitterとか、なんか、訳が分からなくなっていますが、ようは、どう利用するか、どうすればブログのように、目的を持って使い切る事が出来るかというところが大事なのかなと思います。

とりあえず、ブログ、facebook、google+、 twitter と、よろしくお願いします。

facebookページ作成しました

facebook.jpg

遅くなりましたが、グリーンライフのfacebookの公式ページを作成しました。

とりあえず、作ったという感じですが、これから少しずつ充実させて行きたいと思います。

皆さん、よろしければ、いや、よろしくなくても、このブログを読んだ人はこちらで「いいね!」を押してください。

かっこいいので、カナダの大岩さんの写真を無断で拝借しました。。

安心

何年かぶりに徹夜で仕事しました。

多分、1週間くらい引きずるでしょうね。。


若い頃は、全く問題なかったのですが、ダメですね、もう、、、

無理は出来ませんね。

長谷川です。。


さて、本日、新しいガイガーカウンターが本社に届きました。

写真 (5)

このガイガーカウンターは、空間の線量だけでなく、物も測れるというガイガーカウンターがきました。
世界最高峰の精度を誇り、NATO軍やアメリカ原発の85%で使用実績のある優れものです。

原発後、全国のお客様から、大丈夫なのかという心配の声を沢山頂きましたがが、普通のガイガーカウンターで計るしかなす術が無かったのですが、見かけによらず結構まじめなグリーンライフ埼玉の平塚社長が見つけて来てくれました。


今後、木材をはじめ、オーダー家具など福島から全国に出荷される建材を計ります。

本社がある猪苗代は、この数字を見てもらっても分かるように、関東と変わらない線量です。

ただ、ホットスポットがどこにあるか分かりません。


私たちは、以下のどこもやっていない(やろうとしても出来ない)3つの安心に、このガイガーカウンターにより、もう一つの安心を付け加えます。

全棟構造計算 全棟完成保証 全棟VOC検査


世界一受けたい授業

本日は、全社員が集まっての全体会議でした。

まぁ、先日行われた試験の結果が、平均点で25社中最下位だったり、、色々まだまだ未熟なところはありますが、我ながら凄いなぁと思ったのは、先が見えるようになったという事です。

建築業は完成ベースで数字を計上するため、逆算すると今の時点4ヶ月前の契約物件がギリギリ完成するかしないかなので、遅くても決算の3、4ヶ月前には大体の予想がでます。

それは、どこの建築会社では当たり前なのですが、グリーンライフでは、(当社は6月決算)今期の数字はもちろん、今の時点で次の期(来年の6月)の決算の数字までほぼ正確に見えるようになりました。

要するに、1年半先の会社の姿を数字でイメージできているという事です。


2、3年前は、半年先どころか、1ヶ月か2ヶ月先しか見えてなかったと思います。


偉そうに書きますが、多分、1年半先の決算の数字なんか見える訳も無いし、世の中どう変化するか分からないし、そんなの無駄だろうと、社員はもちろん、ほとんどの経営者がそう思うはずです。

私も、つい最近までそうでした。

要するに、そんな先の事を考えようとしなかった訳です。


でも、

「未来を想定すること。」

「数字にしっかり向き合う事。」

これがいかに大事か。


この澤田先生のすばらしい考えを、グリーンライフグループのメンバー全社に分かってもらい、皆でレベルを上げすばらしいグループにしようと、今月末から勉強会が各地で開催されます。

その考え方は、色んなところで機会があるたびに澤田先生は話されていますが、大事なのは分かっていても、実際にどうやって自社に落とし込んでいくというのがなかなか出来ません。

私もなかなか出来ませんでした。
いや、、、実際には今でも半分も出来ていないのかもしれません。


それを、1社1社の実情に合わせて落とし込んで行くらしいのです。。

毎週末、休み無しで全国各地でセミナーをやっているだけでも超人的な体力の持ち主だと思いますが、その合間にこの勉強会をやるという、スーパーマンでも出来ないことをやろうとしている澤田先生に本当に頭が下がります。

しかも、全て無料でやるということです。。


試験最下位のグリーンライフでも、根気よく続ければ、1年半先が見えるようになる訳ですから、皆さん、甘える事無く、根気よくがんばってやりましょう!

多分、澤田塾生としては、この先を見る考え方が出来るようになる事が、自動車免許でいう第1段階(レベル1)なのだと思います。

レベル2、レベル3と、どんな考え方があるのか楽しみです。


また、会社の考え方も先日少しだけ話を聞きましたが、なるほどと思います。

企業理念とか、社是とか、ビジョンとか、目標とか、の考え方です。

うまく説明できませんが、なんとなく分かりました。


卵が先か、鶏が先かの話にもなりますが、

会社が良くなれば、お客さんも良くなり、スタッフも良くなり、協力会社も、そしてその家族も良くなる、皆が良くなるというわけです。


ということで、グリーンライフのメンバーは多分、試験の点数以上のスペックはあるという事で、、

点数では計る事が出来ない何かがあるのです。。。


ですよね、伊豆山社長

写真

建国記念日

今日は、建国記念日でした。

さて、いきなりですが、

「日本の国は誰がいつつくったのか分かりますか?」

「日本国が出来て何年経っているか分かりますか?」


世界中探しても、自分の国の歴史について、、、
この基本中の基本の質問に答えられないのは日本人だけだそうです。

なんと、日本は、建国から2762年だそうで、世界で一番長い歴史を持つ国だそうです。

他国と比較すると分かりやすいのですが、調べてみたら、2番目に長い国のデンマークでも日本の半分以下で、四千年の歴史とかいう中国も国家としての連続性は無く、現在の中国の歴史は60年程度だそうです。


なぜ、日本人のほとんどが、その日本の歴史について分からないというか、教育を受けていなかったかといいますと、、

戦争に負けたときに、サダム・フセインを殺したように、アメリカは昭和天皇を殺して日本国を滅ぼそうとしたようです。

結果としては、殺さなかった訳ですが、日本の軍事教育や軍国主義なくすために、
要するに、戦前の天皇中心の「神の国」の教育を断絶し作為的に教育そのものを変えてしまったらしいのです。

なので、我々は、日本の歴史について教育も受けなかった為誰も知らないという事らしいです。

まぁ、良い悪いの前に、自国の歴史は最低限知ってた方がよいかなと。。



全体会議&「神様が宿る家」資格試験

2月8日~9日の2日間にわたり住まいネットの全体会議&「神様が宿る家」資格試験が開催されました。

200問の問題を90分の制限時間内に解くものでしたが、予想以上に難しく、120人が受験し、合格率は半分くらいだったそうです。

もちろん、私は余裕で合格しました。

もちろん、我がスタッフも10人が受験しましたが・・・

結果は、個人個人に聞いてください。


懇親会での結果速報は、なかなか手の込んだもので盛り上がりました。

写真 (4)



まぁ、立場もありますし、私が落ちる訳には行きませんでした。

実は、冷や汗ものでしたが、もし落ちたら、皆の前に顔向けできませんでしたね。。。


全体会議も、まさに、これからの住宅業界を変えて行くという意気込みと熱気にあふれるものでした。

本当に、住まいネットの皆さん、お疲れ様でした。


2日間講評は、こちらをご覧ください。

写真-(3)










45歳の感謝

45歳になりました。。。

一昨年67歳で亡くなった親父が仕事中に重機の下敷きになり、頸椎損傷の大けがをし半身不随になったのが45歳でした。

私が21歳の時

時は流れ、私が45歳になり、カナダに留学中に長男も今年の10月で21歳になります。


今日の朝、仏壇に手を合わせながら、その時、親父は何を考えただろうかと、、


親父は一人親方で仕事をしてたので、労災保険も出ないし、保険が嫌いだった親父は、俺が死んで家族に喜ばれるのは嫌だと無保険でした。

残ったのは、多額の借金と、中途半端にした数多くの現場と、良くても24時間介護が必要という親父の現実・・・

当時、お先真っ暗とはこの事かと思うほど、家族で途方に暮れたのはいうまでもありませんでした。

自分が今、もし、同じ状況になり、息子が同じように行動を起こしたら心配でしょうがないでしょうね。

ただ、今になってみると、こうして皆さんと出会い仕事をさせていただいているのも、嫁さんと出会い結婚し、子供達と出会ったのも、全て、親父が怪我をしなかったら無かった事で・・・


いつだったか、

「俺は、こんな体になった事に一つも悔いがない。真児がこうして立派になったのは俺が怪我したおかげだからな。
おかげで、いい嫁さんも来たし、かわいい孫も見れた。」

と、親父と2人きりの時、しみじみと話された時があります。

「立派になった」という部分はかなり親の欲目だと思いますし、まったく悔いが無い訳はなかったと思いますが、自分が親となり同じ年になって考えると、ほとんど本心だっただろうなと思います。


今、こうしていられるのも、右も左も分からず商売を始めた私を応援し助けてくれた多くの皆さん、そして、お客様、こんな私について来てくれた家族、スタッフの皆さんのおかげです

本当に、全ての人に改めて心から感謝します。


明日から、また、感謝の気持ちを忘れずに一日一日を大事にすごしたいと思います。


最後になりますが、当時、周囲の反対を押し切り、最悪の状態の長谷川家に来てくれ、今まで支えてくれた嫁さんに改めて感謝です。。

これからもよろしくお願いします。

伊勢神宮参拝



昨日は、澤田先生と住環境想造研究会の伊豆山理事長、そして、中部地区のメンバーと新しく我々の仲間に入った赤塚建設の赤塚社長のガイドで伊勢神宮に行ってきました。

私は、伊勢神宮は、初めてでした。
来年、20年に一度、社殿を新しく建て替え、神様に引越しして頂く式年遷宮が行われるので、それに合わせて、地元の友達夫婦と積み立てをして、「伊勢参り」に行く計画をたてていました。

今回は、その下見気分で行ったのですが、とんでもありませんでした。

昨日までの荒れた天気がウソのように、雲一つない晴天の中、赤塚社長の計らいで、普通の人は入れない社殿の中まで入らせて頂き、ご祈祷させて頂きました。

まして、昨日は「節分」新たな年の始まりの日に、みんなで参拝出来たという事は、何かあるに違いないと。

また、赤塚社長から、日本国のことを色々教わりました。
さわりだけだったと思いますが、自分の中で、日本人であることを誇りに思えました。

日本が「神の国」と言われたり、また、戦争で、「神風特攻隊」と言われたり、「天皇陛下万歳!」と自決したり、全くと言っていいほど意味も分かりませんでしたし、天皇に関しては、本当に、まったく興味もありませんでしたが、今回の伊勢神宮参拝で、日本の本当の歴史を学びたい、いや、学ばなければいけないと思いました。

ほんとです。。

夢の丸太小屋に暮らす


夢の丸太小屋に暮らす 2012年 03月号 [雑誌]夢の丸太小屋に暮らす 2012年 03月号 [雑誌]
(2012/01/30)
不明

商品詳細を見る


今月号は、グリーンライフ千葉の伊豆山社長が掲載されています。

写真のポスト&ビームは、なんと、ショールームの隣に建ってます。

モデルハウスではなく、お客様のご自宅ですが、昨年建築したのですが、伊豆山建設さんもショールームを移転したのが昨年で、建築も同時期でした。

本当に、たまたまだったらしく、ものすごい縁ですね。

写真 (2)

千葉の銚子では、千葉県2棟目のポスト&ビームの工事が進行中です。

千葉のログハウスファンの皆さん、どんどんお問い合わせください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。