この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしい新年をお迎えください

2011年も残すところあと僅かとなりました。

弊社は、本日28日をもちまして、2011年の営業を終了させていただきます。

今年は東日本大震災をはじめ、いろんなことがありましたが、無事一年を過ごせましたのも、みなさんの多大なご支援のおかげです。大変感謝しております。

来年も皆様のの期待に添えるように誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。


年末年始の休業期間は下記の通りです。

12月29日(木)~1月5日(木)

新年には、また元気な姿でみなさまとお会いできますことを楽しみにしております。

よいお年をお過ごしください。

スポンサーサイト

沖縄

東日本大震災もあり、全国的な自粛ムードの中、澤田ファミリーご一行様で2泊3日で沖縄に行ってきました。

年末の忙しい中、しかも、被災県の身でありながら、寒い中働いているスタッフ、職人さん達に申し訳ないと思いながらの旅でしたが、ゴルフ三昧で楽しんできました。。。


年末の沖縄は、今年で2年目で恒例になりつつありますが、きっかけは、思い起こせば一昨年の春くらいだったと思います。


いきなり澤田先生が、なにかの飲み会の席で

「今決めた。年末にみんなで、沖縄!!」

「え~と、日程は12月21,22,23」


そこにいた全員が、心の中で

「そ、そんな、、、年末の糞忙しいときに、むちゃくちゃでしょう。。。」

と思ったはず。


皆の顔色と心を読み取った澤田先生は、すかさず、

「そんな、年末に資金繰りとか仕事の事で社長がバタバタしているような会社は駄目だ。」

「今から、準備して行けるように真剣に仕事しろ。」

と。。。


全員

「・・・・」

本当に、ものは考えようですね。



ということで、おかげさまで、今年はいろいろありましたが、無事に年を越せそうです。

私が、年末に沖縄に行っているうちは、会社も大丈夫だという事で、、、

ちなみに、来年の日程もすでに決まりました。


あと、残り数日、実質営業日としては、あと2日、気を引き締めて、最後の締めをしっかりやらなければいけませんね。

国土交通大臣賞受賞

日本ログハウス協会のログハウス建築コンテストの表彰式に出席してきました。


今回のログハウス仮設住宅で、国土交通大臣賞受賞を受賞しました!!

その他にも、グループホームで丸太組工法奨励賞、集会所で軸組工法奨励賞を受賞しました。

なんだかんだ言っても、皆で苦労した結果、このように表彰されると素直にうれしいものです。


ログハウスの日本におけるシェアーは、1%にも満たない数で、まだまだ、住宅としての市民権を得ていません。

しかし、ログハウスの住宅としての機能性の高さはブログを読んでいただいている皆さんには言うまでもないと思いますが、すばらしいものです。


そのすばらしさを広げられないでいる訳ですが、今回の仮設住宅で、まずは、国土交通省や林野庁を始めとしたお役人の方々には、ログハウスのすばらしさを知っていただいたようです。

ツーバイフォーのように住宅としてログハウスが市民権を得るのはかなり厳しいと思いますが、今後、皆で努力し、その1%を3%まで上げようという努力目標を掲げました。

その先陣を切るのが、我々東北、福島でなければいけません。

ログハウスの仮設住宅の評判もとても良いそうで、プレハブの仮設は空き家が多いけど、ログハウスはほとんどないそうです。

また、今後、復興住宅や公共的な施設にログハウスが採用されれば、さらにログハウスの認知度も上がるはずです。



めざましテレビ

まずは、こちらをお読みください。


先日のブログにも書きましたが、継続的な復興支援ということでいろいろやってる訳ですが、今回、女川町での「イルミネーションで女川に灯を」に、我々も色々と支援させていただきました。

個人的には、支援した立場としては、被災した人に喜んでいただけたのなら、それでいいのですが、それにしても、めざましテレビのディレクター?はひどいですね。

面白おかしく編集するのが仕事といえばそれまでかもしれませんが、、、、

事実を変えて報道するのは、駄目ですよね、


継続的な復興支援

東日本大震災から9ヶ月が経ちました。

先日、野田首相の原発収束宣言がありましたが、ようするに「事故そのものは収束した」ということらしいですが、まだ、問題山積みで、何も道筋が出来ていない段階で首相が事故収束を口にしたのは、我々福島県民としては、理解に苦しみます。

ただ、全てを東電とか政府の責任と、被害者意識のままでこの先生きて行くのもどうかと思う今日この頃でありますが。。


さて、題名の継続的な復興支援という事ですが、当社は被災した当事者でもあるわけですが、原発問題以外では、ほとんど被害を受けていないものとして、少しでも支援をしなければいけないかと思っています。


震災直後に、グリーンライフグループのメンバーに声をかけたところ、皆さんからすぐに義援金300万が集まり、赤十字社に寄付させていただきました。

ただ、その後の継続的な活動がなかなか出来なかった中、グリーンライフ埼玉のトラストホームさんは、震災直後から被災地に積極的に出向き、現在でも月に1から2回ほど、ボランティアを継続して行っています。

そんなトラストさんの活動に共感し、ボランティアの輪も徐々に広がり、先日の住環境思造研究会の勉強会の席で、そんなトラストホームさんの継続的な復興支援をみんなでバックアップしようと各社、収益の一部を継続的に寄付しようと言う事になり、弊社でも毎月少しですが支援する事となりました。

また、先日行われた住まいネットの全体会議の席で、明日から行われる「イルミネーションで女川町に灯を」の支援を募ったところ、なんと、住まいネット認定工務店から義援金200万円が集まり25社全社で支援をさせていただいきました。

昨日は、その電飾の取り付け作業の手伝いに行ってきました。


scimg0690.jpg


また、グリーンライフグループでも有志で、女川町にログハウスの宿泊施設を寄付する事になりました。

また、澤田先生の個人的な支援として、本の印税の寄付や宮城県に宿泊施設が無いという事で、誰でも使える一戸建ての住宅を確保しています。

※ご希望の方は、うちか、トラストホームさんまでご連絡ください。


本日、これからグリーンライフの協力業者会&忘年会が行われますが、ここでも継続的な復興支援をやって行きたいと皆に協力をお願いするつもりです。


日本人は忘れやすい民族と言われているようです。

とりあえず、決して無理せずにやれる事からやって行こうという軽い?考えで、微力ながら継続的に支援活動に参加して行きたいと思っています。

カナダドル安

ここのところ、カナダドルが70円台です。

4、5年前120円台になった時もありましたので、その時と比べるとかなりのお得感があります。

簡単に言えば、1200万のログハウスのキットが700万で買える訳です。

カナダの原生林から切り出された樹齢150年以上のレッドシーダーログハウスポスト&ビームティンバーフレームのをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。



それにしても、アメリカドルも70円台、

しかも、カナダドルと逆転してしまいました。


私の記憶では、輸入の仕事をして20年経ちますが、つい最近まで大体カナダドルは、アメリカドルの7掛けくらいだったと思います。

アメリカドルが120円の時は84円くらいでしたね。

そして、アメリカドルと少し遅れ、ほぼ連動して、あがったり下がったりしてましたので、振込のタイミングも素人の私でも分かるくらいでした。


しかし、最近は分かりません。

4、5年前カナダドルが急騰し、1ドル120円台になった時は、数百万の為替差益損をだした時もありました。

それだけ、世界の経済が混乱しているのでしょうね。。


それでは、最後にもう一度

簡単に言えば、1200万のログハウスのキットが700万で買える訳です。

カナダの原生林から切り出された樹齢150年以上のレッドシーダーのログハウス、ポスト&ビーム、ティンバーフレームのをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。  

ハンドカットログハウス VS トリプル断熱

カナダでハンドカットログハウスの加工が始まっています。

IMG_9324.jpg

来年、栃木県内にて建築が始まります。

ここ2,3年は特に、ログハウスで培った技術と経験を生かした一般住宅をはじめ、ポスト&ビームやティンバーフレームの受注がほとんどで、本格的なハンドカットログハウスは、グループ以外で直営工事では久しぶりです。

この写真見ただけで、初めてカナダに行った時のワクワク感がよみがえります。

「グリーンライフの家づくりの原点はここにあり!!」

みたいな感じですかね。。


現在、グリーンライフグループの顧問でもある澤田先生も、現役時代はログハウスの魅力に取り付かれ、かなりの実績を残されました。

当時、澤田先生もワクワクしたはずです。


何を隠そう、澤田先生が開発したダブル断熱(現在ではトリプル断熱に進化しています)の発想は、このログハウスからきていた事を知っていますか?

澤田先生がログハウスの室内のすばらしい快適性を知った時、

「この室内空間を一般住宅で出来ないか?」

と思った事がきっかけだそうです。


この丸太(木材)の壁は、断熱性能はもちろん、調湿性能、透質性能、遮音性能、そして、我々がこだわって使っているレッドシーダーは防虫性能と、現在のトリプル断熱の特徴のほとんどそなえています。

そして、夏涼しくて、冬暖かく、湿度も適度に調整してくれて、そして、家にも人にも優しい

「理想の断熱材」

というか、

「理想の壁」

を追求して行った結果出来上がったのが、ダブル断熱(現在ではトリプル断熱に進化しています)なのです。


私の体感では、ダブル断熱も凄かったですが、さらに進化したトリプル断熱は、まさに、私が思うところの住宅の王様であるハンドカットログハウスに勝るとも劣らない性能があると思います。

来年は、同じ栃木県内のほぼ、同じ気候条件のなかで、ハンドカットログハウス住宅とトリプル断熱の住宅の体感比較などもレポートできるのではないかと思います。(1階の壁以外の仕様は全く同じになりますので)


家の壁対決 王座決定戦

ハンドカットログハウス VS トリプル断熱

皆さん、お楽しみに


来年のテーマは

出張から帰還しました。

新幹線に忘れた携帯も、3日ぶりに戻ってきました。

ご迷惑をおかけしました。

明日は、まずは朝一から着信履歴に入っている方への電話です。。


長谷川です。



今回、住まいネットの全体会議が名古屋にて開催されました。

→住まいネットとは


住まいネットのメンバーのすべてがグリーンライフグループのメンバーですが、先日のブログに書いた通り、本来であれば、グループの本部である私たちが皆さんの見本となるべきなのですが、このグループは変わっていて、本部より優秀な会社が沢山あります。

そこが良いところでもあり、悪いところでもある訳ですが、、、、


sメンバーの発表の後、澤田先生と、F社長から私たちへご指導をいただきました。

内容は凄すぎて、濃すぎて書けませんが、、、、

今回は、瀧さんと風間くんと3人で参加しましたが、彼らもかなり良い刺激を受けたのではないかと思います。


私も、色々と「気づき」を頂きました。

そして、「反省」、「反省」、、

大事な事は、この「気づき」と「反省点」をいかに日常業務に落とし込み継続できるかだと思います。


その時は強く感じても、出張から帰ると日常の業務に追われ、継続どころか、落とし込みさえ出来ません。。


来年のテーマは、今更ながらと思われるかもしれませんが、

「感謝」です。



さて、今年もあとわずかです。

みなさん、健康第一でがんばっていきましょう!

携帯電話、2日くらい不通になります。

携帯電話、2日くらい不通になります。
申し訳ありませんが、メールか本社まで連絡ください。

よろしくお願いいたします。 

1週間ぶりの事務所です。

今日は、午前中全体会議をして、年内と年明けの最終チェックと指示だし。

グリーンライフは、この2年間で、スタッフの数はほとんど変わらないのに、中身は全く変わりました。

簡潔に言うと、2年前は社長(私)が中心で日常業の全てをまわしている状態でした。
しかし、現在は、ほとんど社長不在の中でも、スタッフがそれぞれ責任と役割をもち、日常業務が回るようになりました。

サッカーに例えるなら、私はプレイングマネージャー(監督)から、脱皮し、本来の監督業に専念できる体制が出来たという事と、スタッフも私が戦線から抜けた事で本来の力を発揮できる体制がとりあえず整ったということでしょうか。

まだ、道半ばではありますが、業績も私がプレイングマネージャーの時とは比べるまでもないくらい良くなっています。

プレイングマネージャーの時は、「自分がやった方が早い」とか、「自分しか出来ない」とか思ってましたが、とんでもない勘違いでした。。。。

社長の考え方をすこし変えただけで、これだけ変える事が出来るんだと、実感しています。

もちろんすぐには結果は出ませんでした。
結果が出るまでは、自分が戦線から外れる事は本当に恐怖でしたし、スタッフもかなりの不安とプレッシャーがあったのではないかと思います。


来年は、次のステップに進みたいと思っています。
まだ、明確ではないですが、なんとなく1年先の会社のイメージが少し見えて来たような感じがしています。


まだ、具体的ではないですが、大きく言うと、グリーンライフグループの本部として皆の見本となる会社にする事です。

現在は、本部といいながら、逆に皆さんから学ぶ事の方が多く、正直立場がありません。。。


グリーンライフグループの面々は、どこも個性的で、すばらしいところを持っていますので、全てに対して見本となる事は至難の業ですが・・・。

自分なりの「理想の工務店」を目指して、ひとつひとつ具体的に進めて行きたいと思います。


私がイメージする理想の工務店像は、会社、社員、業者、顧客、そしてそれぞれの家族が皆幸せになれることです。
そして、その結果として地域に貢献できる。

こんな感じです。



午後は、渋谷区長として、いろいろ後回しにしていた事を一気に片付けました。

正直、ここだけの話ですが、、、仕事の方が100倍楽しいし、楽ですね。。

政治家向きではありません。。。


それでは、明日から、また出張に出かけます。

整備も終わり、燃料満タンですので、全力を尽くして、また週末帰還します。


グリーンライフ房総 モデルハウスオープン

グリーンライフ房総株式会社AsWellさんのモデルハウス&新社屋のオープンイベントに2日間行ってきました。

何故か、撮ったはずの写真のデーターが全くなくなっていたので、すばらしいモデルハウスの写真は、のちほど。


昨日、今日と、加藤社長の日頃の行いがよっぽど悪いため、雨模様でしたが、そこは、さすがに千葉

先陣を切って120坪の大型ショールームをオープンさせたグリーンライフ千葉伊豆山建設さんに負けないくらいの来場がありました。

車で15分の距離なのに、共存共栄しているこの2社は、本当にすばらしいです。


明日まで、やってますので、是非、千葉の皆さん、行ってみてください。

うちからも、薪ストーブのイベントで応援に行っています。

イベントの詳細はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。