この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難児童 受け入れ

IMG_0634.gif


今回の震災で猪苗代町に避難している児童、生徒が、猪苗代小学校・中学校に転入することになったとのことで、猪苗代青年会議所より制服や学用品等の協力願いが届き、早速、子供達のランドセルなどをかき集め、届けてきました。

まぁ、ここまでは、どこにでもある話だと思うのですが、この件で色々と話を聞くと、とんでもない事がわかりました。


猪苗代町で正式に受け入れを決定した迄は良かったのですが、教育委員会の説明会に被災者の父兄が参加したところ、ランドセルや制服や運動着、細かく言うと鉛筆や消しゴムも何もないのでどうしたら良いかという相談に対し、

「無いなら無いでしょうがない。」


との返答だったとの事・・・・・。


それはないだろうと、それを聞いた青年会議所のメンバーが、会員を始め、OBなど協力を依頼したという経緯らしいのです。



地元猪苗代町の恥をさらしたくはないですが、今回ばかりは情けなく思います。

念のため言っておきますが、役場職員を始め、一生懸命やっている人達がほとんどです。
しかしながら、こんな対応しか出来ないという事は、肝心のリーダー(教育長)が、駄目なんでしょうね。
こんな時こそリーダーシップを発揮出来なくて、どこがリーダーなのでしょう。

全て、行政に責任も何もかもおわせる訳ではなく、我々民間人が、このように率先して行動する事は大事だと思うのですが、あまりにも対応が悪すぎます。



また、こんな情けない話もありました。

猪苗代町は、温泉やスキー場がたくさんある県内屈指の観光地です。

ホテル、旅館、民宿はかなりあります。

今回の震災は、災害救助法が適用され、簡単に言えば、ホテル旅館等への避難者の受入に補助金がでるのです。

今後、GWも夏休みも、来年のスキーの修学旅行のキャンセルまで出ているといいます。

総ベッド数が15,000もありあすが、ほとんどガラガラです。

これは、被災者だけでなく、観光業界の救済にもなるので、これは行政としていち早く動かないと駄目だと、私でも思いました。

しかし、、、

これを知った旅館業の人が猪苗代役場に行ったところ、とりあってもらえなかったとの事・・・。

隣の北塩原村や磐梯町など対応しているらしく、話によると、トップが率先して動かないのは、猪苗代町だけらしいです。


今の民主党と同じですね、猪苗代町の行政は・・・

いや、それ以下かも。



いずれにしても、残念ながら日本は、行政や政治家に期待するほうがおかしい時代になってしまいました。

今までは、、

しかし、この震災で亡くなった方の命を無駄にしないために、この歪んだ日本をこれを機会に直さなければいけない、いや、きっと、日本は強く復活するという期待を皆少なからず持っていると思います。


でも、テレビなどの情報だけですが、管総理をみても、一番変わらなければいけない政治家、リーダー達が全然変わりそうもないですね。

誰とは言いませんが、リーダーシップが無いリーダーは、自覚してすぐに辞めるべきですね。

その時はせめて、石川遼君くんを見習い、退職金を寄付したら良いと思います。


もし、何か、ご協力していただける方は、猪苗代青年会議所までお願いします。

社団法人猪苗代青年会議所

〒969-3133
福島県耶麻郡猪苗代町千代田字扇田13-4
TEL:0242(62)4604
FAX:0242(62)3599


スポンサーサイト

地震でも安心できる家づくり その1

昨日、地震保険のことを書きましたが、改めて再確認の意味で

まず、地震保険は、全損でも満額の50%しか出ません。

もちろん査定基準はありますが、その査定が厳しいらしいです。

保険会社としては、なるべく出したくないので少なく見積もります。

分からない人は、泣き寝入りです。



要するに、地震保険に入っているから大丈夫と安心してはいけないと言うことです。

万が一、全損しても半分しかでません。

例えば、2500万の家で、1250万です。

返済を初めて10年くらいでは、おそらく元金はほとんど減っていませんので、10年後に地震で家が全壊し、同じ家に建て直すとすると、仮に保険会社で全壊と認定したとしても、単純に3750万の借金をしなければいけないということになります。



では、どのようにリスクを回避すればよいのか。

答えは、当たり前ですが、「丈夫な家」をつくることです。

ただ、どんなに丈夫な家を建てても、今回のような、津波や崖崩れ、液状化現象などは防げませんので、できるだけ安全な建築地を選ぶことが大前提になります。



しかし、驚くことに、この当たり前のことを知らずに建てている人が多いのです。

「免震構造・耐震構造・制震構造」と聞いたことがあるかと思いますが、それらを売りにしたメーカでも今回の震災で損壊が多く、クレームが多発していると聞きます。

今回のような万が一の地震のために、高いお金を払ったにもかかわらず、損壊したのですから、文句を言いたくなるのも分かります。

また、国が認定している長期優良住宅が、実験で壊れた映像はあまりにも有名です。

多分、メーカーは、阪神大震災を想定してたのですが、今回はその予想を・・・とでも言うのでしょうかね。


では、どうすればよいのか、

長くなりそうなので、この続きは後ほど

地震保険

本日は、猪苗代町内で今回の震災の被害にあった方からの依頼があり、「見積もり」の下見に行ってきました。

見たところ、東西にかなり傾いていて、東西の建具は全て開かず、2階の梁もずれているような状況でした。


地震保険に入っていたので、我々が行く前に保険会社の調査員が来て査定をしていったのですが、なんと、被害査定(保険金がどのくらい出るか)は、10%だと言われたとのこと。

さらに、地震保険は火災保険の半分しか出ません。要するに、5%の査定だということです。

仮に3000万の火災保険(地震保険)に入っていたとすると、その5%なので150万・・・あんまりです。。

一応、業者さんに見積もりを出してもらってくださいと、、、


建築に携わっている人が見たら、10人中10人が全壊と認定するような状態です。

直すには、全部壁をとって柱と屋根だけ残し傾きを直して作り直すしか方法がない状態ですので、要するに、新しく建て直した方が安くすむような状態です。


あまりにもひどいので、保険屋さんとお客さんの代わりに交渉を始めます。

できるだけ保険金を出したくないのは分かりますが、あまりにもひどいですね。


今回無事だった方も、地震保険に入っていれば安心というわけではないようですので、再確認が必要です。

全壊、半壊などの基準はこちらがわかりやすかったです。


避難所 クレーム

本当に多くの皆様からご心配いただきありがとうございます。

昨日から仕事も再開し、本当に少しずつですが、正常な状態に戻りつつあります。


が、、、


福島原発問題だけは、まだまだ現在進行形で予断を許しません。

例え、このまま順調に終息したとしても、その後が大変心配です。


福島県は、農業、漁業はもちろん、地元猪苗代をはじめとした観光業もほぼ、壊滅状態になる事が予想できます。

さすがの私もこの原発に関しては、いくら考えてもネガティブな考えしか出てきませんね。


福島だけではなく、茨城をはじめとする近隣県、そして、停電の影響を受ける東京をはじめとした関東まで、ものすごい悪影響が出る事は、専門家でない我々でも容易に想像できます。


東電や国に、補償を求めただけでは到底すむ問題ではありません。



そういえば、聞いた話でオフレコですが、猪苗代の避難所に避難している方々に、地元の人たちがおにぎりとか炊き出しをボランティアでやっているのですが、

「大きすぎて食べにくい」

とか、

地元ライオンズクラブで温泉へ無料送迎バスを毎日出しているのですが、

「あっちの温泉はいやだ」

とか、信じられないクレーム?があるとのこと。


まぁ、一部の人たちでしょうが、各避難所において、ストレスもピークに達しているでしょうし、しょうがない部分もあると思いますが、平和な日常では出てこない色々な人間模様がこれから出てくるのでしょうね。


日本人のマナーの良さなどを、海外では驚いているとのニュースがありますが、本当の評価はこれからだと思います。


今は、ある意味福島原発問題にほとんどの福島県民を始め、国民の視線が向いていると思います。

これが収まった時、初めてすべての国民がリアルな現実を直視する時がきます。

そのときに、一人一人がどう考え、どう行動するか。。。


理想は、総理大臣をはじめ、各組長さんが強烈なリダーシップで一つの方向を定め、国民を引っ張っていってくれればと思いますが、、、

せめて、半分くらいは期待しましょう。。。


今、建築業界は復興需要だの、合板が足りなくなるだの大騒ぎですが、私は、絶対に1mmもブレずに、「0宣言の家」を追求し、一人でも多くの方々に提供する事で、この国の再建に関わっていきたいと思っています。


「がんばろう福島!がんばろう東北!がんばろう日本!」

業務再開のお知らせ

本日22日より、猪苗代本社および郡山営業所の業務を再開いたしました。

未だに、原発の問題、物流の問題等で、建築資材の納入がほぼ止まっている状態です。
物流が通常に戻っても、当初は被災地の復興が優先になるとの事で、現場に関しては通常業務に戻るには、今しばらくかかる事が予想されます。


現在着工中のお客様には、震災時に工事を一時ストップする旨、了承を頂きましたが、今後のについて不安だと思います。

本日中に、各関係各所に確認をして、現場近隣の状況や資材の納入状況などを確認し、今後の見通しを個別にご連絡させていただき、可能な現場より順次再開させていただきます。


また、既にお住まいのオーナー様の、点検、補修等に関しましては、急を要する部分以外は、事態が落ち着き次第順次対応させていただきます事をご了承いただければと思います。


グリーンライフでは、被災された多くの方々はもちろん、商談中から工事中、既にお住まいのオーナー様まで、出来る限りの対応をさせていただきたいと思います。

何か、お気づきの点がございましたらご連絡を頂ければと思います。


「がんばろう福島!・がんばろう東北!・がんばろう日本!」

何か出来る事

「何か俺たちで出来る事をやろう。。」

皆、各会社も自宅待機が続いていましたが、一向にガソリンなど事態が好転する気配もないので、地元の同年代の有志が集まり話し合いました。


とりあえず猪苗代は物資やボランティアは足りてるという事で、


「猪苗代に避難してるストレスのたまっている子供達に、俺たちが得意とするスキーでも教えるか。」

スキー場の協力も得てまとまりそうになりましたが、実際には問題がなくても、原発から避難している人たちは放射能に敏感になっているので、外で子供にスキーは無理だろうと、、、


「スノーモービルでも子供達に乗せて遊ばせるか。」

皆、避難してる人も一番ガソリンで困ってるのに、ヒンシュクだろうと・・・


結局、うつくしまNPOネットワークで活躍する仲間に連絡を取って、困っている事を聞いたところ、会津の物資基地からいわき市の基地までの物資の搬入が困っているとの事で、少ない燃料とバスやトラックを出して、そちらを手伝う事に。


また、車いすの人が避難できずに困っているとの事。

リフト付きで車いすのまま2人乗れる、去年の夏亡くなった親父の車が、車検も切れたまま自宅の車庫に入れっぱなしであるのを思い出しました。

急遽、車検をとり、少しでも役に立たせようと。


リフォーム中のハンドカットログハウスも、ほぼ、終わっていたので、避難所に避難中の知り合いの家族に声をかけ、使ってもらう事にしました。


グリーンライフ埼玉の平塚社長は、避難したい人のために大型バスを向かわせたいが、役所では個人の支援を受け付けてもらえないという事で、相談の電話を頂きました。

NPOにつないでもらって、なんとかそのありがたい支援が届きそうです。


地元猪苗代のライオンズクラブは、避難している人を毎日近くの温泉に送迎していて喜ばれています。

JCやロータリー、商工会などの各種団体もフル稼働です。


福島県は、地震、津波、原発、風評被害と、それこそ、傷口に塩に塗り込まれたような状況です。

まさに、全く先が見えない真っ暗な状況の中で、皆で助け合いの気持ちで一生懸命がんばっています。


明日は、社員全員が1週間ぶりに集まります。

会社も、個人も皆大変ですが、自分たちより困っている人たちのために何か出来る事がないか話し合いたいと思います。


皮肉にも、この大震災で、私たち日本人が忘れていた一番大事な物を取り戻している事を、ひしひしと感じています。


風評被害

一週間が経ちました。

少しずつ、業務を再開しています。

ガソリンの供給次第ですが、連休明けからは、現場も再会できるかな、と思います。


福島は、ご存知の通り原発問題でいまだに揺れが続いていてます。


今日も、観光業界の方と小1時間話をしましたが、切実です。。

たとえ、このまま、原発が収まって、直接的に放射能の被害がない猪苗代でも、観光、農業は壊滅的なダメージを受けるだろうと、、

直接的な被害がないという事で、国からの保証もないだろうし、

廃業を考えていると、、


最後には、津波で家族や家をなくした人たちに比べれば、、、、という話で終わりましたが、まさに、言葉は悪いかもしれませんが、「生きるも地獄、死ぬも地獄」とは、この事かなと、ふと思ったりしています・・・。


個人的には、長い目で大きく見れば、今回の大震災を機に、日本は失われた「日本人の心」を取り戻し、復興するだろうと確信していますが、直接的な災害が少なかった猪苗代でさえ「今」乗り越えなければ行けない壁が今回は予想以上に大きいようです。



私は、どんな困難な事があっても、いつも前向きな考えをするようにしています。

とんでもない問題があった時でも何かプラスになる事はないかと真剣に考えると必ずあるものです。

今回の地震と津波、そして原発の”事象”で現場がストップしている間に、なかなか日々の業務に追われて出来なかった社内の体制の再編などを行っています。

今回も、会社としては、現場を止めただけ考えても大きな損害が出る訳ですが、長期的には、必ず良い方向に向かうと確信しています。


ただ、今回ばかりは、今までのように、自分の会社だけが乗り越えればOKという訳にはいかないようです。

生まれ育った地域のため、子供達のために何が出来るのか、こちらも、会社と同じように真剣に考えなければ行けない時期が来たようです。

政治家のせいにばかりしている場合ではないようですね。

東日本大震災の被災地・被災者の方への支援について

東日本大震災により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

さて、この度の東日本大震災で、グリーンライフグループ(全国34社加盟)は、被災者の救援や被災地の復興のための義援金として300万円を寄付させて頂く事としました。また、同時に、社員、協力会社有志による義援金を募る活動を行います。

一日も早く被災地が復興できますよう、心よりお祈り申し上げるとともに、少しでも復興のお役に立てるよう、微力ながらグリーンライフグループの全力を挙げて支援してまいります。

また、我々のような小さな工務店の集団の行動が、業界全体に波及する事を願います。
皆で助け合い、日本を復興させましょう!!


(義援金について)

●グリーンライフグループとして、義援金300万円を寄贈
寄贈額 : 300万円
支払元 : グリーンライフグループ全国34社の有志

●グリーンライフグループ各拠点で、社員、協力会社有志による義援金を募る活動を行います。

東北地方太平洋沖地震について

このたびの東北地方太平洋沖地震では、大変多くの方に、ご心配をおかけしております。
猪苗代本社、郡山営業所ともに、建物も大きな被害もなく、スタッフも全員無事で元気です。
皆様の暖かさにスタッフ一同心より感謝しています。

まずは、被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

この度、弊社では、ガソリン不足により建築資材の物流の停止及び、スタッフの通勤が困難な状況のため、工事中の現場も含めてしばらくの間、在宅で可能な作業を除いた業務を停止させていただきます。何とぞ、ご理解、ご協力を賜りますようにお願い申し上げます。

急を要する事がございましたらメール(mail@glife.co.jp)にてご連絡ください。
今後につきましては、詳細が決まり次第、ご案内させていただきます。

報告です。

ご心配おかけしてます。

たくさんの方から心配して頂き、本当にありがとうございます。

事務所は、物が散乱して、大変な事になってますが、スタッフは、全員無事ですが、津波が発生した近辺の家族と連絡がとれていないスタッフや親戚がいるので心配です。

水や電気など、ライフラインは大丈夫です。

12~13日に予定していました、ビックパレットふくしまでのイベントは、中止になりました。

天井が落ちたり、ガラスが割れたり会場は、めちゃくちゃだそうです。


取り急ぎ、報告です。

プロフェッショナルとは

「仕事=プロフェッショナル」

でなければいけないと最近つくづく思います。


我々建築業界をみると、プロデュースする我々はもちろん、実際に現場で家をつくる職人さん達もプロフェッショナルの意識を持って仕事をしている人が少ないと思います。

恥を忍んで書きますが、今、ハンドカットログハウスのモデルハウスのリフォームをしています。

久しぶりに現場監督をしたのですが、職人さん達のプロとしての意識の低さに愕然としました。

もちろん、皆さん、すばらしい腕を持ち、人間的にもすばらしい人たちで、お客さんからもいつも

「グリーンライフの職人さん達は、本当によい人たちばかりよね。」

と言われますが・・・。


プロとは何か?

職業ごとに求められる専門知識や専門技術は違うので、その部分ではひとまとめには出来ないでしょうが、すべてに共通する部分はあると思います。


私は、簡単に言うと、「プロ」とは「素人ではない」ということです。

そんなの当たり前と言われそうですが、

例えば、、

時間とコストを気にせずやっていいのであれば、建築の分野においては、ある程度のことは素人でも出来ることだと思います。

要するに、すばらしい仕上がりであっても、時間とコストの意識がなく仕事をしている人は、私はプロではないと思うのです。

あとは、そうしたプロでない仕事を指摘されたときに「見苦しい言い訳」をするのもプロではないと思います。

まして、素人のお客さんから指摘をされるということは論外です。


そういう意味で、残念ながら、今回のハンドカットのモデルハウスに携わった職人さんは「プロ」ではありませんでした。


と、偉そうに書いている自分もプロなのかというと、言い切れない部分もありますが、プロとして最低限の意識を持って仕事をしているという自負はあります。


私は、現在プレイングマネージャーとして動いています。

まずは経営者としての立場としてプロとは何か、、、

まず大事なことは、最低限、会社を倒産させないで継続させることでしょうね。

社員の給料、職人さんや協力業者さんの支払いを滞らせないこと。

最低限、これだけは守らなければいけないと思っています。

これが出来なくなった時は、迷惑をかける人を増やさないうちに経営者はやめるべきだと思っています。



建築をプロデュースする立場としてとしては、理想は、

すべてのお客様を感動させ、且つ、健全経営が出来るような利益を確保する。

「予想以上によい家が出来ました。」とお客様に言わせること。


誤解を恐れずに書きますが、利益を無視して、お客様が感動する家を建ててもプロとしては意味がないか、少なくとも半減するということです。


まとめると、下記の3つが、私が考える建築におけるプロの条件ベスト3です。

1.時間とコスト意識を常に持って仕事をすること。

2.お客様に感動と満足を与え、その対価として適正な利益をお客様から頂けること。

3.仕事に責任を持ち、継続させること。


決して、マスターベーションであってはいけないと思います。


今日から、仕切り直しです。

やっぱりハンドカットログハウス

ii.jpg

現在、築20年のハンドカットログハウスをリフォーム中です。

ログハウスを始めたときに初めてたてたハンドカットログハウスです。

材料はレッドシーダーではなく、ダグラスファーですが、原木を仕入れ、皮むきから自分たちでやった、文字通りハンドメイドのログハウスです。

この20年、ほとんど手入れも全くせず、メンテナンスもしなかったので、外部は腐れ、内部も荒れ放題。。

最近まで、スタッフの葛西が住んでいたのですが、よく我慢していたものだと。。

(1分35秒くらいから、そのログハウスが腐った部分が流れます。↓)



今回は、とりあえず内部だけ、外部は雪が溶けてから予定しています。


それにしても、やっぱりハンドカットはいいですね。

この室内にいるだけで癒されるというか、落ち着くというか、何とも言えないものがあります。

間違いなく、「住宅の王様」です。


いつだったか、ハンドカットのオーナーさんに、

「長谷川さん、ハンドカットは、別荘というイメージがあるけど、これは、絶対に住宅として進めるべきだと。

たまにしか使わないなんてもったいないよ。」

と言われたことを思い出しました。


まさに、その通りですね。

体験宿泊もできるように検討しています。

レッドシーダーでないのは残念ですが、、、、


今月、グリーンライフ島根にて、レッドシーダーのハンドカットが組上げになります。

IMG_8832.jpg


お近くの方は、是非、見学に行かれたらと思います。

私も、是非行きたいと思っています。


それでは、完成したら改めてご案内します。

取材

本日は、&homeの取材に行ってきました。

IMG_3391.jpg

築9年目のI様邸です。

外部がポスト&ビーム(丸太)内部がティンバーフレーム(角材)のハイブリットの建物です。

年々、貫禄がついてきています。

また、行くたびに、装飾品が変わっています。要するに、建物が進化し続けています。

「本物だけがアンティークになれる」

まさに、その言葉がぴったりはまります。


建物はさることながら、照明や、家具はまさにアンティーク

ひとつひとつ、少しずつ9年かけて揃えられたとのこと。

IMG_3401.jpg

&home、4月15日発売予定です。

是非ご覧ください。

地鎮祭

本日は、喜多方市内にてS様邸の地鎮祭が執り行われました。

IMG_3382.jpg

大屋根の家

ほんとに言葉通り大きい屋根の家です。

建ったら、ものすごい迫力です。

3姉妹が、仲良く元気に家の中を駆け回る姿が目に浮かびます。

S様、今後ともよろしくお願いいたします。



グリーンライフグループの研修会

1月末に開催された、グリーンライフグループの研修会の様子です。



他の動画もご覧ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。