この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

体感ツアー

初めての企画である、生体エネルギーを活用した住宅の見学会を開催したところ、予想を遥かに超える子供も含めて31人もの参加者がありました。


今回は、既に引き渡しを終え、実際に住んでいるオーナーさんにご協力いただきました。

まずは、ご協力いただきましたY様、ありがとうございました。

水槽が入るのが楽しみですね。

やっぱり、完成したばかりの家より、実際に住んで、住む人の「思い」が入った家は違いますね。

すこし、キザな言い回しかもしれませんが、私たちや職人のつくる人の「思い」とそこに住む人の「思い」を注ぎ込むことによって、家は成長して行くものだと思います。

参加して頂いた方には、生体エネルギーはもちろんですが、当社の特徴である、オーダーキッチンを始めとするオーダー家具、リネンカーテン、薪ストーブを十分にご覧頂けたかと思います。


見学終了後、現在工事中のティンバーフレームのK様邸へ。

24センチ角のティンバーフレームは、弊社でも、年に1棟あるかないかの希少な物件です。

レッドシーダーの素晴らしさや木製ウインドウの素晴らしさ、そして、セルロースファイバーの吹き込み状態を直にご覧頂けたので、大変ためになったとの声がありました。

それでは、写真は後日アップさせて頂きます。

Y様、K様本日はご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト