この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

標準仕様 変更のお知らせ

ただでさえ、オーバースペックと言われたグリーンライフの標準仕様ですが、数点変更になりましたのでお知らせいたします。

1.基礎パッキン(樹脂→ステンレス)

現在は、基礎パッキンも一般的になってきたので、常に、先を行きたいグリーンライフとしては、更に、耐久性の高いステンレスに変更です。

jy-kp-2.jpg



樹脂製 

arrow_29_B.png

ステンレス製

nekonika.jpg



2.窓(樹脂→木製)

もともと、ログとティンバーは標準仕様だったのですが、在来木造住宅は、どうしてもコストの関係で樹脂サッシが標準でした。
もちろん、性能、耐久性共に樹脂サッシで十分なのですが、やはり、ログハウスメーカーとしては・・・やっぱり「木にこだわりたい」ということで。

arupuradannmenn2.jpg

樹脂

arrow_29_B.png

06.jpg

木製(アンダーセン
※外側は継ぎ目のない形成硬質ビニールで覆われていますので、メンテナンスフリーです。
※掃き出し窓は樹脂のままとします。


3.階段(集成材プレカット→無垢材手づくり)

これも、ログハウスとティンバーフレームでは、標準でしたが、在来木造住宅はプレカットの階段でした(集成材)

全て、無垢材の大工手づくりの階段が標準となります。

G-0068_008.jpg

集成材プレカット階段

arrow_29_B.png

DSC_2887.jpg

無垢材手づくり階段


4.生体エネルギー

基礎、塗り壁に入ります。



上記4点、企業努力をして、価格据え置きにて標準仕様としたいと思います。

普通の工務店だったら、概算ですが、トータル原価で100万くらいのアップになるグレードアップです。

とりあえず、試しに3ヶ月くらいがんばってみます。


この仕様で、一般木造住宅業界に、本格的に新規参入です。

利益度外視で来ない限り、どこもかなわないはずです。

スポンサーサイト