この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

再利用計画

福島県会津若松市北会津町のAさんの家がはじまります。
今回は、100年以上前の民家の柱と梁を出来るだけ再利用仕様というもの。

P3110003.jpg


1階部分の梁を全て解体した材料でやれそうです。
その他の柱と梁はもちろんレッドシーダーです。

今回のコンセプトは、

「いたって普通の家」

見た目は、ごくごく普通のどこにでもあるような外観ですが、そのスペックは、その辺にはないものになります。

最近、農家の3世代住宅の問い合わせが増えていますので、とても参考になるかと思います。

今月末より基礎が着工します。



スポンサーサイト