この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルマガ

今日配信したメルマガの内容が、少し過激だったらしいです。

「業界の人から、反感があるのでは」

とのこと。。。

初めて、読者からご指摘を受けましたが、

その心は、、、、

「もっと、業界のおもしろい話を聞かせて、、、」

とのことでした。


まぁ、題名が「ここだけの話」なので、、


これからも、気にせずに、色々と書かせて頂きます。

それでは、、、

スポンサーサイト

お客様大感謝祭 グリーンライフフェスタ2008

毎年恒例の

「お客様大感謝祭 グリーンライフフェスタ2008」


が今年も10月4日・5日)の2日間にわたり開催されます。

恒例の丸太切り大会は、協力業者さんのご協力もあり、昨年以上の豪華賞品を準備しました。

昨年の雪辱を・・・


前回までの様子は、こちらからご覧ください。


また、薪ストーブは、ストーブアートさんを中心に、仲間が集結し、カザマワールドがバージョンアップして繰り広げられます。

今井さんのチェンソーアートや、子供から大人まで楽しめる木工体験教室、

そして、毎年大好評の、猪苗代の「美女奥様軍団」による、おいしい手料理の数々・・・

そして、新たに、野菜やキノコなどの直売コーナーも始めます。


その他、色々と企画を準備して皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております!!

当日は、今のところ天気が良いようです。

国産杉マシーンカット 引き渡し

s100_0680.jpg

本日引き渡しでした。

国産杉のラミネートマシーンカットに、梁から上が国産杉のポスト&ビームを合体させたハイブリットログハウスです。

シダーに比べると、耐久性に心配があるので、ウッドロング・エコを選択し、屋根も大きく張り出し、北側以外は、下から吹き上げるような台風でもこない限り、ログに雨が当たることはまずないでしょう。

これから、どのように使い込まれていくのかが楽しみなログハウスです。

越谷イオンレイクタウン店

本日プレオープンの越谷イオンレイクタウン内のビクトリアさんの店内に、グリーンライフのブースを設けさせていただきました。

img_0036.jpg


埼玉、千葉方面のお客様、是非、買い物ついでにのぞいてみてください。
メイン通路にありますので。

10月3日グランドオープンです。

現在、埼玉県羽生市にて建築中のティンバーフレームの足場が外れました。

P9260015.jpg

今までにない、仕上げになっています。

それでは、埼玉、千葉の皆さん、今後とも宜しくお願いいたします。

ふくしま家づくりの本 2009年版

ふくしま家づくりの本 2009年版に、5年ぶりに掲載することになりました。

昨日は、取材でした。

今回は、240角のレッドシーダーを使用した

「高耐久木造住宅」


DSC_4735.jpg

最近大人気です。

グリーンライフならではのオーダー家具や作り付けの家具、そして、薪ストーブなど見所満載です。

事前予約で、実物も見学可能です。

また、同タイプの、総二階モダン和風デザインの高耐久木造住宅が、郡山市内にて建築中です。

こちらは、随時構造見学会を受け付けております。

是非、ご覧いただければと思います。


ふくしま家づくりの本 2009年版は11月25日発売のようです。

お楽しみに!!

原点

「原点に立ち返って考える」

「初心忘るべからず」

よく思ったり、よく言われている言葉ですが、なかなか思うだけで、それを実際に行動に移すことは難しいものです。

本日、その一つの方法が見つかりました。


サブタイトルを変えてみました・・・。

国産材マシーンカットログハウス

DSC_4728.jpg


現在、国産杉と、国産ヒノキのマシーンカットログハウスを建築中です。

国産杉は、フローリングも壁や天井の羽目板も全て国産杉です。

国産ヒノキは、フローリングは桜ですが、階段や手すり、壁、天井の羽目板もヒノキで、

「総ヒノキづくりのログハウス」


予想以上の仕上がりですよ。

お客様大感謝祭 グリーンライフフェスタ2008

今年も、10月4日(土)・5日(日) の2日間にわたり、毎年恒例の

「お客様大感謝祭 グリーンライフフェスタ2008」


が本社敷地内にて開催されます。

イベントの様子は、こちらでご覧いただけます。
(通信速度により、読み込みに時間がかかりますけど、見てください。)

このイベントは、グリーンライフのOBのお客様と、これから建築などの予定のお客様、そして、協力業者さんをお招きして、一年に一度開催されます。

今年で、4回目となります。

毎回、多くのお客様に来ていただき、我々スタッフにとっても、大変うれしいイベントです。

是非是非、ご家族でお越しください。

おいしい食べ物を沢山ご用意してスタッフ一同皆さんのお越しを心からお待ちしています。

AIG 救済

9兆円のつなぎ融資って・・・わけがわからない金額ですね。

我々建築業界では、つなぎ融資というと、完了後の本融資までのつなぎの為の融資のことを言うのですが・・・。


今回の事件は、昨日、保険、金融関係の仕事をしている人と話をしたのですが、ある程度予想はしていたとしても、風評被害などもあり、色々と大変そうです。

個人的な素人目線での見解ですが、今回は、救済なのか、延命なのかが、どのように解決していくのかが、大変興味があるところです。

また、誰がどのような責任の取り方をするんでしょうか。

そして、何よりも、我々の毎日の生活にどのような影響が出てくるのでしょうか。

まぁ、いくら考えても、心配しても、我々にはどうしようもないわけですので、目の前の仕事を淡々とやるしかないですね。

というわけで、10月のイベントの打ち合わせをして、色々決まりましたので、明日にでも、まとめてお知らせします。

イベントでは、景気よくいきましょう!!

リーマン・ブラザーズ 破産

ecn012-s.jpg

ちょっと下品な画像ですが、、、


リーマンブラザーズの負債総額は6130億ドル(約64兆3600億円)だそうです。

日本の国家予算が80億円だから、凄いですよね。

そのお金(負債)は、どう処理するんでしょうかね。

誰がどうやって責任をとるんでしょうかね。

想像もつきませんね。


やっぱり、地道に一生懸命やるのが、一番ですね。


それにしても、山一証券が廃業してから、もう、10年も経ってたんですね。






クレームの対応(JR東日本)

先日、出張からの帰り、郡山から猪苗代まで電車でいつものように帰ったのですが、猪苗代に到着し、下りようとしたところ、前に並んでいた5人ほどの人が出ようとしない。。。

「なに、モタモタしてるんだろう」

と思っていたら、ドアが開いていない。

急いで次のドアにみんなで駆け足で行ったが、そこも開かない・・・。

すると、無情にも、、

「ガタン、ゴトン、ガタン、ゴトン、」

と電車が動き出したんです・・・。


私を含め、5、6人の乗客は、すぐに車掌のところに行って、

「ドアが開かずに降りれなかった。」

と、クレームを訴えたのだが・・・。


若い車掌は、


「ドアが開いたのは確認しました。」

と一言。

そこで、一人のおじさんが、切れて、、、

どうやって確認したんだ!!

と聞くと、

「ランプで確認しました。」

とのこと。

「そして、次の駅で、すれ違う電車があるので、それに乗ってください。」

と、当たり前のように。。。


しかも、

「まだ、ドアが(本当に)開かなかったか確認が取れていないので、まずは確認してきます。」



おいおい、違うだろう。。。


おじさんが色々と、我々を代表して代弁してくれてましたが、今回の問題に対しての対応方法をいくら教えようとしても理解していないようで・・・。


まぁ、結論から言うと、

もう、どうしようもないし、

ドアが本当に開いたのか開かなかったのかなんかは、すぐには分からない訳だし、

というか、現に、5、6人の乗客が降りれなかったという現実がある訳なので、

原因を突き詰めるより、まずは、原因が分からなくても、とりあえず謝罪し、次の駅で乗り換えてもらうことを説明し、

「今回の件は後日、原因を追及し、改めて謝罪させていただきますので、、、」

で良かったと思うのですが、


私たちの連絡先も聞こうともしないのです。



恐らく、車掌は、初めての経験だったので、多分、↓こう思っていたに違いない。。


「自分は確認したから悪くない。と思う・・・」

「次の駅ですれ違う電車で戻れば良いじゃないか。」

「なに、そんなにみんなで怒ってんの。」

「まだ、ドアが開かなかったか確認した訳じゃないし。」


猪苗代駅の駅員も、連絡が行っているはずなのに、普通通り切符を受け取るだけ・・・

私は、迎えを待たせていたので、何も言わずに駅を出ましたが・・・

おじさんは、残って、何か、駅員さんに言ってました。


極めつけは、40分遅れで家について、30分後くらい(しかも10時近く)にJRの宿直の若そうな人から電話が来て、一言、

「この度は、誠に申し訳ありませんでした。」

・・・・

しかも、責任者じゃなく、若い宿直の人です。


さすがに、文句の一つも言ってやろうかと思いましたが、疲れてたし、JRに知り合い沢山いるし、この人に文句言ってもしょうがないと思ったので、やめましたが、

今回の、天下のJR東日本のクレーム対応は、社員教育されていない、零細企業よりもひどかったですね。


「人の振り見て我が振り直せ」

ですね。

今回も、勉強させていただきました。

それにしても、今回は、見たこともない古い車両でした。。

iPhone その後

hero20080821.jpg


iPhoneのソフトウェアアップデート「iPhone 2.1」を公開されたということで、早速、出張先のビジネスホテルで、ダウンロードしてみましたが、かなり劇的に改善されました。

色々と改善点があるらしいですが、私が実際に使用して感じた改善点は

まず、電波が良くなったこと。

というか、、

iPhoneのアンテナは、5本なのですが、5本立つことはまれで、2、3本が多いような気がしたのですが、5本立っている時間が非常に長いです。

本当に、その分電波が良くなってるとしたら凄いですね。

あとは、なんといっても、日本語の入力が劇的に早くなりました。
今までは、使う気にもなれないほどでしたが、今回のアップデートでばっちりです。


顧客満足という点では、建築も同じですが、売りっぱなしではないことがポイントだと改めて再認識しました。

予約見学会随時受け付け

今週の13日(土)・14日(日)に福島県郡山市にて開催される予約見学会ですが、今までになく、多くのお申し込みを頂いております。

関心の高さを感じます。

構造見学会ですが、今回だけでなく、随時お申し込みを受け付けることにしましたので、土日に限らず、希望日をお申し付けください。

完成後には隠れてしまうところこそ、肝心な物です。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。



場 所:福島県郡山市(案内地図等は、折り返し送付させていただきます。)


予約はこちら↓からどうぞ

株式会社グリーンライフ (本社)

TEL 0242-72-1769 (フリーダイアル 0120-91-3969)
FAX 0242-72-1768
メール service@glife.co.jp

お手数ですが、下記の必要事項を明記の上お申し込みください。
折り返し、ご招待状をご送付させていただきます。

ご住所 〒
氏 名
連絡先 TEL

・・・

先日は、ログハウスを始めた時にお世話になった製材所の当時の社長が亡くなり、今日は、スキーで小さい頃お世話になった「ムラセのおじちゃん」が亡くなったという知らせが届いた。

親戚でもあるが、猪苗代でスポーツ店を経営のかたわら、福島県のスキー連盟の会長も歴任したほどの人です。

当時、私たち小中学の子供たちを集めて、「ムラセ レーシングチーム」をつくり、子供たちの育成にも力を注いでくれました。

スキーをやっていた人は懐かしいかもしれないが、インゲマル・ステンマルクや日本では、海和俊宏氏が全盛の時代です。

ski_20080910100506.jpg


「ムラセ レーシングチーム」は、あの頃、県内の大会では、ほとんど上位を独占したほどで、全国レベルの選手も育てていました。

最近、私が小さい頃、第一線で活躍していた人の訃報が多くなってきているような気がします。


その分、自分が年をとったということだが、そろそろ、その方々のように地域を担うような準備をしなければいけないということなのだろうか。

ALWAYS

東京ベイコート倶楽部 ハイメデック・東大病院 会員権販売のご案内」
というDMが届きました。

全室ゆとりのある優雅なスイートルーム、そして、一流の・・・

最先端機器を導入し、最新の診断を行います。


どんどん、格差が広がっている日本を象徴するようなDMでした。


東大に合格したり、オリンピック選手になったりした家庭が裕福層である割合は、年々増えているというデーターがあります。

もちろん、例外はあるにしても、なんとなく納得するデーターですね。


お盆に、ALWAYSをみました。

7.jpg

昭和33年というと、ちょうど、私たちの親の青春の年代だと思いますが、

「携帯もパソコンもテレビもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。」

なかなか、というかかなり的を得ているコピーですね。

子供達が、将来に、夢を持てる世の中になってほしいものです。

会津信用金庫猪苗代支店

決算の報告も兼ねてメインバンクである会津信用金庫さんへ。

会津信用金庫さんとは、父親が商売をはじめてからなので、かれこれ、30年のおつき合いになります。


「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」

という言葉がありますが、良い時も、悪い時も、色々と大変お世話になっています。


特に、父親が怪我をした時、返済を待ってくれたり、右も左も分からない私を真剣に心配してくれて話を聞いてくれたことは忘れません。

全国の大型店舗の仕事を請け負った時も、当時、身の丈以上の仕事で資産(担保)もないのにもかかわらず、億近い運転資金を信用だけで融資してもらったこともありました。


話のなかで、支店長に、「地域の建築業を守っていってもらわないと、、、」

と言われました。


どういう意味か定かではありませんが、今、地元猪苗代町はもちろん、地方の景気はどん底です。

猪苗代湖や野口英世、磐梯山など、ある程度、全国的にも名の知れた観光地なのに、ホテルや旅館は駄目、建設業はもちろん駄目、農家も駄目、、、

そんな中で、元気よくやってくれよ!

と、期待を込めての言葉かな、、思っています。


子供達のことを考えると、地域の発展にも大きく貢献できるような企業になりたいですね。

その為に、この不況に負けず、今は、手を広げずに盤石の土台を築くときだと考えます。

今期も、売り上げを無理に伸ばさずに、足場を固める一年とします。

小冊子届きましたか?

早速、小冊子を申し込んでいただいた方には、多分届いていると思いますが、読んでいただけたでしょうか?

R0012393_20080908110652.jpg

先日のセミナーに来ていただいた方にも配布させていただいたのですが、一般の方が読んで、どう思うのかとても、興味があります。

一言、一行でも良いので、感想文を送っていただけたらなぁ、、と思います。
率直な、忌憚のないご意見、ご感想をお願いします。

送っていただいた方には、オリジナル携帯ストラップをお送りしますので、メールにて感想文を送ってください。

お待ちしてます。。。

R0012394.jpg



それでは、今後とも宜しくお願いします。

福島県郡山市 構造見学会開催

DSC_4517.jpg


お客様のご厚意によりまして、福島県郡山市大槻町にて建築中の構造見学会を開催することとなりました。

今回の建物は、柱や梁などの主要構造体を、20センチ角の太い木材でつくられています。
樹種は、日本では、中々手に入らないカナダの原生林から切り出された樹齢200年以上のカナダツガとレッドシーダーです。

ごゆっくりご覧いただけるように、予約制で開催させていただいております。

今回は、土台や大引きをはじめ、柱と梁などの主要構造がつぶさにご覧いただけます。
是非、この機会に「次世代に引き継がれる家」200年住宅の本物の駆体をご覧ください。


建築中の現場日誌はこちらをご覧ください。

日 時:9月13日(土)・14日(日) 10:00~16:00

場 所:福島県郡山市(案内地図等は、折り返し送付させていただきます。)


★ごゆっくりご見学いただくため、予約制になりますのでお早めにご予約ください。

予約はこちら↓からどうぞ

株式会社グリーンライフ (本社)

TEL 0242-72-1769 (フリーダイアル 0120-91-3969)
FAX 0242-72-1768
メール service@glife.co.jp

お手数ですが、下記の必要事項を明記の上お申し込みください。
折り返し、ご招待状をご送付させていただきます。

ご住所 〒
氏 名
連絡先 TEL



総檜(ヒノキ)マシーンカットログハウス

DSC_4480.jpg

DSC_4482.jpg

DSC_4481.jpg

上棟しました。

記念すべき、国産ヒノキマシーンカットログハウス第一号です。

国産杉のラミネートマシーンカットログハウスに続き、次は、国産ヒノキのマシーンカットログハウスです。

今までも、国産ヒノキのマシーンカットはありましたが、精度、ログの大きさなどの見た目や性能で、フィンランドのマシーンカットには、対抗できる商品は国内どこを探してもありませんでしたが、ようやく完成です。

今回担当してもらっている大工さんは、国内主要メーカーのほとんどのマシーンカットログの施工を経験していますが、品質、精度ともに、ずば抜けているという評価を頂きました。

私も、今日、感激しました。

開発当初は、フィンガージョント(ログのつなぎ目)が、2、3mおきにあり、どうにも気にくわなかったのですが、現在は、気にならない程度になりました。

レッドシーダーでは、室内が暗くなるので、白木の内観がイイという方にはお勧めですね。


総ヒノキのマシーンカットログの商品化を急ぎます。

階段、手すり、羽目板等も全てヒノキを使い、コストアップも最低限にとどめた総ヒノキのログハウスを目指します。

今回、施主様のご協力を得て、色々とトライしてみます。


これで、とりあえず、完璧にレッドシーダー、フィンランドパイン、国産杉、国産ヒノキと、バリエーションが一通り揃いました。







ひそかにですが、これで、マシーンカット部門でも、どこのメーカーにも負けない自信がつきました。

スキップフロアー

DSC_4469.jpg

埼玉県羽生市で建築中のティンバーフレーム
完成間近まで、外観をお見せできないのが残念ですが、今までにない外壁下地材、今までにない外部仕上げになります。

内部も、スキップフロアーで、階段もどうなるのか、今のところ、誰も分かりません。

DSC_4453.jpg

床と天井には、オリジナルの幅広のパインを張ります。

今月末には、全貌が明らかに・・・


追伸:スキップフロアーの申請が、かなり難しくなって、今後、厳しいところでは、申請が下りないかもとのこと。。。
日本の建築業界も終わりですね。。。

窓と壁

プランをしていると、ほとんどの方から

「窓を大きく」

「明るく」

というリクエストを頂く。


窓は大きく、明るい方が良いに決まっているが、失うこともあることを忘れてはいけない。

それは、言うまでもないが、「壁」

窓と同じように、壁には、色々な役割がある。


物を置いたり、絵を飾ったり、今では、テレビを掛けたりもする。

また、窓と壁の配置のバランスは、外観にそのまま現れるので、内部のバランスばかり考えて配置すると、外観がチグハグになってしまう。


20080902k0000m010167000p_size5.jpg


今の政治を建物の設計に例えるなら、政治家や官僚は、快適な家の中で、窓と壁のバランスを考えて配置している。

厳しい環境の外にいる我々国民は、それでは、見た目がおかしいと、指摘しているが、残念なことに、気密がよいせいで、家の中にいる政治家や官僚には聞こえない・・・。


途中で、しかも、いきなり総理大臣が二人も続けて辞めたことをどう思うか、大人にインタビューするのではなく、子供達にインタビューしてもらいたい。


やっと、言葉を覚えた子供にも、そのチグハグな窓の配置を指摘されるはずだ。

エド・はるみ

「いくつであっても、

いつからでも変わることができる。

そのことを伝えたくて走ります」



後付なのか、それともホントに無名だった6年前から、24時間テレビのマラソンランナーに抜てきされることを目標にジョギングを始めていたのかは、分からないが、後付にしてもなかなか名言ですね。

9月1日と、区切りもイイし、今日からわたしも、6年後に抜擢されるのを目標にがんばります。。。


今日から、ブログの最後にその日の食事とか、運動とか、体重とか、ダイエットの備忘録代わりに時々記入しますので、見張っててください。




忘れてました。。。

夢丸の2008年度日本ログハウス・オブ・ザ・イヤーの読者賞の申し込みが8月29日とのこと。

各メーカーでは、色々と策を練って、得票を増やそうとしているということなので、今年は、うちもブログを読んでいただいている方にだけでも投票をお願いしようと思っていたのですが、すっかり忘れてました。

まぁ、そこまでして、、と言う気持ちも多少あるので、良しとしましょう。。


ところで、この前出店した、ナイスわくわくフェア2008 夢メッセみやぎ
で、「工務店様ブース・ディスプレ-賞」というのがあったらしく、「銀賞」を受賞したようです。

R0012391.jpg

102社の中で、見事、銀メダルです。

だからなんなのと言われると、答えに困りますが、とりあえず、賞を取ると言うことはうれしいことですね。



夢丸の「読者賞」

「ログハウス・オブ・ザ・イヤー」

より、個人的には取りたい賞ですね。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。