この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

神が降りてきた

最近、また、デザインの神様が降りてきました。

R0012048.jpg


ログハウスはもちろんですが、ティンバーやP&Bのデザインも、構造自体が表わしでそのものが重要なデザインになるため、柱が隠れる在来工法のように、構造体の配置を無視したデザインは出来ません。

また、外部にも構造体を出す場合は内部から見てかっこよくても、外部がアンバランスになってしまったりします。

要は、ある程度シンプルに、均等な柱の配置にせざるをえないのですが、それでは、デザインも何もなくなります。

そこが難しい。


ただ単にカッコ良いデザインを考えるのは簡単ですが、上記の他に、予算、強度、収まり、お施主さんの要望、好みetc・・・

すべてに不協和音を出さずに考えるのは至難の業なのです。


「俺は、天才だ!!」

と、自己暗示をかけながら考えるのも実は大事なことなのです。。

スポンサーサイト