この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

秘書

SN3E0007.jpg


数ヶ月ぶりに、お客様に貸し出していた「秘書」が帰ってきました。

久しぶりに、再インストール。

数時間かけて、使えそうなデザインに付箋を貼りまくり。


「どこから、アイデアが出てくるのか?」

とよく聞かれますが、種明かしをすると、あちらこちらの実際の建物を見て回るのもありますが、ほとんどがこの「秘書」から。


毎回1冊ずつ、1ページずつ見直す手間は大変で、切り抜いてスクラップにしたほうが良いのではと思いますが、不思議ですが、毎回目にとまるデザインが違います。

今回も、何回も見たはずの本ですが、新鮮でした。(もうボロボロの本も・・)


この百冊あまりの秘書の中で、お客さんの要望や予算など、全てにマッチングするデザインは、ひとつあるかないか・・・です。

ちなみに、最近は、「シンプル」が一番美しく思えます。

スポンサーサイト