この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスツアー(ナイスわくわくフェアー)開催のお知らせ

top01.jpg



この度、宮城県にあります「夢メッセみやぎ」で行われるナイスわくわくフェア見学のバスツアーを企画致しました。

ナイスわくわくフェア
は住まいに関する情報を発信する国内最大級の住宅展示会イベントです。

安心で快適な住まいを実現していただく為に多数の大手有力メーカーが一堂に集まり、住宅関連の最新製品が展示されます。

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震における住宅の倒壊原因について動く実験模型や体験コーナー
クイズなどを通じて分かりやすく解説しています。

グリーンライフでもこの展示会に参加し、来場されるお客様へ住まいづくりを知っていただく場として活用をしております。

尚、フェア見学の後、サッポロビール園にて昼食、だてもん市場でお土産をご購入いただけるコースを儲けました。


大型バス一台貸し切りで、猪苗代本社、郡山、福島発着で、先着 30 名限定とし、先着順にて定員にになり次第締め切りとさせていただきます。


それでは、皆様からのご参加のご連絡お待ちしております。


【イベントバスツアー内容】
(タイムスケジュール等の詳細は、下記の案内状をダウンロードしてご確認ください)

日 時: 7 月 12 日(土)
時 間: 7:40 ~ 17:45 猪苗代本社集合の場合
参加費: 大人 1 人¥2,000-
       中・高生 1 人¥1,000- 
      小学生 1 人¥500- 
      幼児 無料

↓案内状・申込書ダウンロードはこちらからお願いいたします。↓

案内状ダウンロード

申込書ダウンロード

スポンサーサイト

九死に一生を得る。

あと1秒、あと数センチ・・・

人生、こんなことで180度変わります。

いい経験をしました。


また、さらにイイ仕事が出来そうです。




イエローシーダーのハンドカット

DSC_3393.jpg


夢丸さんの取材同行でした。

国内では珍しいイエローシーダーのハンドカットです。

しかも、極太

オーナーは、初老のご夫婦

二人で庭を並んで歩くのなんて何年ぶりだろうと照れ笑いする二人の笑顔が印象的でした。

究極のセルフビルド

1.まずは、山を買う。

2.測量の勉強をして、自分で境界の測量をし、図面を書き、分筆、登記をやる。

3.同時に建築の勉強をして、役所との事前協議(建てる上での制約等)をやる。

4.次に、重機やチェンソーの講習を受け、建築予定地までの道を切り開く。

5.設計図面を書く。

6.建築確認申請も自分でやる。

7.工事はもちろんセルフビルド。


究極のセルフビルドである。

仕事をしながらでは、まして全てにおいて素人では、まずは不可能なことである。



しかし、



5.まで実際にやってしまった方がいるのである。

順番は前後するかもしれないが、3年がかりで5.までやり遂げてしまったのである。

もちろん、仕事をしながらだ。


しかも、話を聞いた限りではかなり忙しい仕事である。

強靱な肉体と精神力と頭脳の持ち主であることは確かだ。

並の人間ではない。



ある事情があり、6.以降の作業が困難になり弊社に相談に来られたのだが、それでも出来るだけ自分でやりたいとのこと。


出来る限り応援させていただきたい。


それにしても、考えれば考えるほど凄い・・・

ティンバーフレーム

11.jpg


昨日、ポスト&ビームで検討中の方が、ティンバーフレームに変更されました。

結構な大きさがあるので、色々なデザインが入れ込めるのではないかと今から楽しみにしています。

来春にはワンランクアップしたグリーンライフのティンバーフレームが誕生しそうです。

古民家再生

まずは、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
ほんとに、明日は、我が身ですね。

10044562479.jpg


3日間の殺人的なスケジュールでの出張から無事帰還して、本日も充実した打ち合わせ二件でした。


どちらも、会津の100年以上の古民家の建て替えの打ち合わせ。

解体して骨組みの駆体が現れるのを想像すると、何故かワクワクします。


一件は、使える材料は出来るだけ使いたいとのことで、そのまま、古民家再生です。

デザインも和風です。


もう一件は、外観は洋風ですが、和室の梁や神棚の一部に、現在の材料を使うようになります。

先代の思いが引き継がれます。


休むよりもこんな打ち合わせをしたほうが疲れが取れます。

不思議なものです。

セルフビルド

グリーンライフでは、「自分の家は自分で造る」という大原則をもとに、物理的や体力的に無理な場合を除いてですが、可能な範囲での参加を勧めています。



最近、プチセルフビルドの方が急増中です。

今日は、そんなオーナーさんのご紹介です。


まずは、宮城県にてレッドシーダーのハンドカットを建築するSさん。

神奈川県町田市にてハウスメーカーの大工さんをしていましたが、早期定年?にて奥さんの実家の近くにセルフビルドで建築します。

弊社では、各業者さんの紹介とログの組み上げ、屋根工事までお手伝いします。

完成したら、グリーンライフの仕事請け負ってください!!



次に、栃木県那須町にて国産杉のマシーンカットを建築するSさん。

千葉県在住で、とりあえず別荘ですが、将来は・・・

というSさんは、女性で木工時は、未経験。

多分、箸より重いものを持ったことがない??

最低限の工事で引き渡しをして、内装の仕上げやデッキ工事やキッチンや洗面なども自作で挑戦するそうです。

先日、丸ノコとインパクトを買ったとのメールがありました。。



次に、埼玉にてティンバーを建築するOさん。

この方もほとんど未経験ですが、塗装工事を始め、内装の仕上げ工事に挑戦します。

完成したら、今までにないすばらしい建物になるはずです!


夢丸さんでも、このような方たちを追っかけ取材したらおもしろいのにと思いますが、、、

住宅業者では教えてくれない「住宅計画」セミナー

DSC_1345.jpg


前回、3月15日に開催して満員御礼大盛況のセミナーの第2回目を開催します。

講師は、全国のセミナーに引っ張りだこの大田麻美講師です。l

これから、住宅の新築やリフォームの計画がある方は必見のセミナーです。

開催日:6月15日(日) 13:00~
場 所:ビックパレットふくしま

詳細、お申込用紙はこちらよりダウンロードしてください。

上棟式 in 山形ポスト&ビーム

12_20080606225313.jpg


山形県東根にて建築中のポスト&ビームの上棟式でした。

これこそ、シンプル・イズ・ベスト 大屋根のポスト&ビームです。

近くにある東根の大ケヤキもこの丸太の太さにはビックリしていることでしょう。

それでは、建築の様子はこちらからどうぞ。




求人募集 (設計士・営業・家具製作)

業務拡張に付き、若干名スタッフを募集します。

詳しくは、こちらをご覧ください。


まずは、設計士

将来、グリーンライフ設計事務所の業務を一手に引き受けてくれるような幹部候補生を募集します。

建築確認申請業務全般意外に、実際に自分の感性を生かし、各種ログハウスはもちろんですが、耐久性をメインコンセプトとした木造住宅の設計をしてみませんか?


次に、営業

当社は、営業の専門職を設けていませんので、「営業」というわけではありませんが、お客様のアドバイザー、相談役及び、雑用みたいなものです。
現在、私、社長が担当していますので、次期社長候補ですね。。


次に、木製家具職人

現在、今井さんひとりでがんばっていますが、年々、依頼が増加傾向ですので、木が好きな人、経験者を募集しています。
将来、独立したいとかでもOKです。

木工所で、お店などの開業もOKですよ。


まずは、ホームページでのみの募集になります。

それでは、皆様からの応募を楽しみにしています。

フリースタイルスキー

人間ドックの結果を受け、真剣に肉体改造に取り組もうと、近くにあるホテルリステルのジムに久しぶりに行ってきました。

そこで、久しぶりに高野さん(現フリースタイルの全日本ヘッドコーチ)に会って、少し話をしてきましたが、考えさせられることがあったので、今日は、それを皆さんに伝えたいと思います。

b76414b3.jpg


フリースタイルスキーといえば、上村愛子選手や里谷多英選手が有名ですが、うちの近所にも兄弟で全日本ナショナルチームに入っている世界レベルの選手がいます。

が、、、

ナショナルチームといえど、遠征費のほとんどが実費ということで、年間約300万~かかるとのこと。。

才能があっても経済的に断念してしまう選手が後を絶たないとのことです。

まぁ、それはそれで、ある意味しょうがないことかもしれませんが、この世の中、いくらやる気と根性があっても、なんだかんだいってもお金がないと医者にもなれないし、世界レベルのスポーツ選手にもなれないという現実があります。。。

ちなみに、全日本スキー連盟に国から助成されるお金は、なんだかんだと集めても、たったの○億円(一桁)それも前半だそうです。。。

来年、地元猪苗代で世界選手権が開催されますが、お金が集まらず、一時は、中止という議論までなされたほどです。。。

年金問題をはじめ、テレビやメディアでくだらない??議論が繰り広げられていますが、話の本質は、まずは、天下りをはじめとする無駄遣いを無くせというシンプルな話だと思うのですが、、、

国民は、無駄遣いをしているので、何でも文句を言いたくなるのであって、無駄遣いも見直しても財政が厳しいのであれば、税の負担はしょうがないと思うはずです。

負担を公平にどのようにするかという仕組みの問題は別として、当たり前のことですよね。


ちなみに、カナダは消費税と州税と併せて15%~くらいではなかったかと思いますが、使い方が明瞭なので、誰も文句を言わないと言います。


まして、前記の一生懸命がんばっている若い人たちにお金を出しても国民は誰も文句を言わないと思います。

少なくとも、一人の天下りの官僚に2~3年で何千万も払うよりは、一人のやる気のある若いスポーツ選手に助成した方が良いと言うことは、考えるまでもありませんね。。。

長くなるのでこの辺で終わります。

本社看板

6月1日から衣替えですが、本社看板も衣替えしました。

R0011674.jpg


郡山営業所の看板と「住宅情報館」をお揃いにしたのですが、皆さんに、グリーンライフの看板が無くなったので、引っ越したの?

と言われましたが、両側に丸太をつけて、グリーンライフらしい看板がようやく完成しました。



が、、、私は、正直ちょっと不満

細かいところですが、一番大事なデザインを勝手に変えられてしまった。。

まぁ、どうでもいいって言えば、どうでもいい部分ですが、そのどうでもいい部分が大事だったりします。

お客様の仕事だったら、全部やり直しです。

肝に銘じてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。