この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継続は力なり


自分で言うのも何ですが、ブログがこの世に生まれる前?から、コラムという様式で2000年5月から、色々とホームページから情報を発信してきました。



「継続は力なり」



といいますが、よく続いたものです。



もう、なんだかんだ7年もくだらないことも多かったと思いますが、書いてきました。


我ながら、凄いと思います。




ということで、、、(理由になっていませんが・・・)




少し、ブログを休んでみようかと思います。





いまや、工務店を決める理由の上位に、「社長のブログ」が入っているらしいですね。



要するに、社長のブログを読めば、その会社の姿勢だとか、方向性だとか、雰囲気が分かるからだということです。



7年も書いてますから、多分、全部読んでいただければ、私はもちろん、会社のことも隅から隅まで分かってしまうのではないかと思います。



暇なときでいいので、是非読んでください。↓



2000年5月~2004年6月 社長コラム


2004年7月~2006年7 月 社長日記


2006年7月~2007年8月  このブログ


マッキンリー体験記




ということで、少し、ブログを休ませていただきます。



今まで、ご覧いただきました皆様には感謝いたします。



一日多いときで1000アクセスくらいありましたから、少なからず楽しみにしていた方がいると思うとと申し訳ないのですが、少し、潜伏し、今までと変わらずに、いや、今まで以上にチャレンジ精神で色々日々、取り組んでいきたいと思いますので、ご期待ください。



これからは、みんなに内緒でいろんなことをやっていきたいと思います???


もちろん、色々な情報公開は、他のスタッフブログ等で行います。




スタッフ日記


現場日記


メンテナンス・リフォーム


薪ストーム・オーダー家具


カナダからの手紙


カルト人への手紙


住宅情報館


デザインプラス


木輪日記




それでは、今後ともよろしくお願いいたします。



平成19年8月27日(月)


長谷川真児





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


スポンサーサイト

完成見学会開催


p


建材市場リフォームスタジオ郡山 を、福島県郡山に昨年春に開設し、アウトレット建材 を始め、ドアウインドウ無垢のフローリング など、品質的にも、価格的にも差別化された建材をログハウスに取り入れることが可能になりました。

また、今春には、オーパスショップ郡山 を建材市場と併設する形でオープンし、更に差別化された断熱材外壁材 をはじめとする建材や、各種ノウハウを取り入れることにより、かなりのバージョンアップが図れたのではないかと思います。

で、、、、、


建材市場リフォームスタジオ郡山とオーパスショップ郡山が合体し、名前も新たに、「住宅情報館 」として今年5月にリニューアルオープンしました。


住宅情報館では、今までのログハウスの経験を生かしつつ、1級設計事務所のデザインプラス のデザイン性、そして、建材市場やオーパスの差別化された建材やノウハウをプラスして、ローコストでありながら、高品質、高デザインの住宅を提案しています。


そして、今回、建材市場×オーパス×グリーンライフ×デザインプラス=究極のコラボレーション


の完成見学会が福島県郡山市にて開催されます。


多分、ご覧になれば、えっ、この価格で、この仕様で、この仕上げで、、、、、


と、他のハウスメーカーの仕様と比べてもらえれば、開いた口がふさがらないかもしれません、、、



25日(土)、26日(日)の二日間行いますので、ご希望の方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。






資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

本日より、通常営業です。

猪苗代は、すがすがしい朝を迎えておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。


本日より、通常営業いたします。


午前中、全体会議などをやって、午後から本格稼働になります。


それでは、よろしくお願いいたします。





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



磐梯山登山

20日まで長い休みですが、、、



駄目ですね、ゆっくり休んでいられない体質になってしまったようです。


一人でぼちぼちと仕事をしてます。



一昨日、家族親戚の子供たちと磐梯山登山をしてきたのですが、


筋肉痛で、両足のふとももが痛くて、まともに歩けません。



マッキンリーの頂上まで登ったとは 思えない体になってしまいました。



mc

(↑マッキンリーの頂上にて)




5年ぶり、


富士山に登った以来の登山でした。


あいにく、雲がかかっていて、頂上からの眺望は駄目でしたが、やっぱりいいもんです。




「そこに山があるから」



という名言がありますが、山に登る理由は、人それぞれで、的確に答えられないのではないでしょうか。


その名言を残したジョージ・マロリーも、答えに困って適当に答えたという説もあります。




私が、筋肉痛になるほどなのに山登りが嫌いにならないのは、色々な理由がありますが、やはり、自分の価値観を180度変えたマッキンリーの経験でしょうか。



具体的には、色々ありますが、


「自然の凄さ」、「自分の死」、「人間の凄さ、愚かさ」、etc・・・・


色々なことをを感じさせてくれました。



私にとっては山に登る行為そのものが、自分を初心(原点)に戻してくれます。


登る途中に色々なことを考え、心が浄化されます。


下りはきついですが・・・・。



ということで、21日から後半戦が始まりますが、初心に戻ってがんばります。






資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


かわいい子には旅をさせろ

9月からの本格的なカナダ高校留学を前に、サマースクールにいっていた息子が1ヶ月半ぶりに帰ってきた。

幾分、成長したように感じる。

若干15歳にして、言葉はもちろん文化も環境も全く違う国で、習慣もちがう家族と住み、毎日自分で判断して、自分の責任で生活していかなければいけないのだから大変なことだろうと思う。

今までは、親である自分たちが経験したことを同じように子供たちも経験していくので、ある程度想像出来たし、聞く聞かないは別として、的確なアドバイスが出来たが、これからは、ある意味、「未知との遭遇」である。
『かわいい子には旅をさせろ』

といいますが、正直とても心配です。

帰って来る度に、成長している息子に会うのが楽しみです。

自分達も会社も負けないように頑張らなくては、



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


「世の中金次第」

いや、お金ばかりじゃない。。


いや、やっぱりお金がなくちゃ駄目じゃない。。


いや、一番大事なのは男気。。


いや、、、


議論はつきないところですが、、、、




お金は人の性格すら変えてしまう力を持っていることは確かである。


私は、世の中のことが何も分からない20代前半から、経営者としてビジネスの世界を体験し、色々とお金と人を見させてもらいました。


ほとんどの人が、いくら性格のいい人でも、お金に困り、お金に追い詰められると性格が変わります。(変わりました。)



自分でも一番最初にそれ を経験してから、自分だけはお金で変わらないような人間になろうと心に決めて、今まで、いくらお金に困っても、会社の危機でも平常心で変わらないで危機を乗り越えてきたと思います。


これが、「トラウマ」というものでしょうか。



多分、そんな経験が、何があっても動じない、変わらない、ポーカーフェイス、または、苦労が身につかない、つかみ所がない、訳が分からない、、という長谷川真児を作り上げてきたのだと思います。




それがいいのか悪いのかは別にして、お金で人が変わる姿を見るのは切ないものです。


それが普通なんだからしょうがないんだ、、、、


と思うようにしてますが、そのギャップが大きいほどその切なさが大きくなるので、なかなかしょうがないと思うのもつらくなります。




ビジネスですので、お金に対してもっとシビアに考えなければいけないのでしょうが、ビジネスにおいて、お金だけじゃない部分が多い自分にとって、お金だけで色々と進めていくのはかなり無理があります。


お金や契約より、口約束とかを優先したりしますので、時々困惑する人もいます。


そういうところでは、私は、経営者として向いていないのかもしれません。


まぁ、モノを造る会社の社長にはちょうどいいのかなと思っていますが、、、、




最近少し、そういう場面が続いたもので、、、、







資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


22期決算並びに23期にむけて

昨日で、グリーンライフの前期が無事終了しました。


19日(日)まで、夏期休暇とさせていただきます。



当社の決算は6月なので、結果がほぼ見えてきましたが、今期22期は、残念ながら予想通り、赤字は免れたものの、増収減益のようです。


しかしながら、無事故無災害でお盆を迎えられたことが何よりだと思います。





昨日、木工所のメンバーも含めてスタッフ全員で全体会議を行い、来期に向けての目標設定をしました。



まず、グリーンライフは、ここ数年、メイン事業であるログハウス事業に付加価値をつけるために、色々な面で整備を進めてきました。



具体的には、


1.木工所でのオーダー家具制作体制 を確立することにより、ログハウスに似合う家具を低価格で提供できるようになりました。


2.薪ストーブの販売施工体制を確立 することにより、ログハウスには不可欠な薪ストーブをどこよりも低価格で提供することが出来るようになり、アフターメンテナンス体制も整えました。


3.建材市場オーパスショップ への加入により、アウトレット建材や新品の設備機器が業者価格で買えるようになるなど、差別化された各種建材を低価格で提供出来るようになりました。


3.フィンランドやカナダなどのマシーンカットを国内で生産できる体制を整えました。




などに代表されるような、他社と差別化されたグリーンライフだけの付加価値を提供できるようになりました。



そこで、今期は、グリーンライフだけの「差別化」、「付加価値」の精度をよりいっそう高めるために、「足場を固める1年」としようということで、意見が一致し、スタッフ一丸となり足場が固めをしていきます。



もちろん、「黒字」が大前提ですが、売り上げや利益よりも優先させてやります。



ということで、目標数字も各担当ごとに、いつもより抑えめで設定しました。

その分、実務の強化を図りたいと思います。




また、足場固めの一環として、今まで、要望の多かった建物に付随する3項目についても強化を図ります。


1.メンテナンス体制の強化に伴い、リフォーム部門を本格的に始動させます。


2.ログハウスに似合う物置やガレージなどの製造、販売体制の構築をします。


3.外構工事の体制づくりです。




何故か、OBの方から、あんまり会社を大きくしないでほしいという声が多いのです。


色々、新しいことを次から次へとやっているので、拡大路線で突っ走っているような印象を持たれるのかと思いますが、10年前から社員数もほぼ変わらず、売り上げもそんなに大きく伸ばしているわけでもありませんし、建築棟数もここ5年ぐらいは、大体15棟から20棟くらいで推移しています。


ただ、会社の内容は、上記に書かせていただいたように、少しずつではありますが、中身が充実してきたと思います。

ただ、闇雲に新しいことを次から次へとやっているわけではなく、建物に、差別化と付加価値をつけるために、いろいろとやっていますし、これからもその方針にはかわりありません。


まだまだ至らない点ばかりではありますが、本当のオンリーワン企業を目指しがんばっていきます。


決して、グリーンライフは拡大路線ではありませんので、暖かく応援してください。




また、建物については、ログハウス=ハンドメイドという当たり前のことですが、

要するに、「手作り」というキーワードをさらに強めた家造りをしていきたいと思います。



「自然」とか、「健康」とか、「エコ」とか、これからの時代は当たり前です。


グリーンライフではその当たり前の部分をベースとして、家に、「手作り」という、職人さんたちの「心」のはいった建物を造っていきたいと思います。


というか、今までも造ってきたのですが、もう一度初心に戻り、さらに強化して取り組んでいきます。



それでは、皆さん、休み明けのグリーンライフにご期待ください。


今後とも、よろしくお願いします。





平成19年8月12日(日)


長谷川真児







資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


国産材の振興

会津農林事務所と会津地方振興局の方が来社され、地元材の活用と、それに伴い地元の雇用を増やすのにはどうしたらよいかという勉強会が行われました。



2



このブログでもたびたびご紹介してきましたが 、フィンランドパインやカナダレッドシーダーを始め、国産材を活用した本格的なマシーンカットの開発にも成功し、全国に向けて販売を開始したばかりです。


大変興味を持っていただいたようです。




北欧と同じ形状、寸法のラミネートで、国産杉でで本格的なログハウス建築が可能になりました。


恐らく、ここまで本格的なのは、国内では初めてだと思います。


しかも、値段は同じ




色々と話をしてみると、国産材の振興には、まだまだ色々な問題があり、官民一体となった取り組みが必要なようです。


今秋早々に、に第一棟目が建築される予定です。



とても、勉強にないました。


国産材で、本格的なログハウスが建てたい方は、是非お問い合わせください。






資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ










もう二度と浮気しません・・・・

もう二度と浮気しません・・・・ガーン











今回は、ほんとに反省してます・・・・しょぼん











約束します。ショック!











多分、、、、











でも、これを読んでくれた人全てが証人です。












許してください・・・・












長年使っていたDoCoMoから、6年前に、事務所を引っ越したら当時DoCoMoが繋がらなかった(今は繋がる)ので当時は、番号も変わってしまうため、嫌々ながらauに、



↓ ちなみに、一番最初に、ゴルフ場の工事監理をしてたときに、元請けから渡された携帯電話 ↓



keitai




そして、今年、カナダでも繋がるから、、とナンバーポータビリティが導入されたのを機に、またDoCoMoへと浮気してしまいました・・・





あちこちに出張先で使ってみて、DoCoMoの電波の悪さに驚き 目





人間、一度便利なものを使ってしまうと、もう元には戻れないものです。






「やっぱり、携帯と、○○は、新しいのがいい、、」





やっぱり、auのほうが断然良かった。





もう、二度と浮気はしないと誓ったのでした・・・
















防耐火構造のハンドカットログハウス


2

日本ログハウス協会 の会員である当社を含めた20社が参加して進めていましたハンドカットログハウスの、防耐火構造の認定書の交付が8月3日にあったと連絡がありました。


昨年の11月30日の60分の燃焼試験をクリアしてから8ヶ月、、、、

当初3月くらいには、と言う話でしたが、かなり時間がかかりました。


9月14日に施工管理者の講習会が行われます。



いよいよ、ハンドカットログハウスも、「街の中」に建築が可能になります。


住宅地にわざわざハンドカットを建てなくても、と思うかもしれませんが、境界線よりの後退距離が、普通の建物と同じでOKになりますので、住宅地でなくても、無駄な配置をしなくて良くなるというメリットが出てきます。


要するに、今までは、3mとか、境界線より後退させなければいけなかったのですが、その必要がなくなりましたので、土地を有効に使うことが出来るようになります。



ハンドカットをお考えの方には吉報です。


現在、茨城県にて、イエローシーダーのハンドカット を建設中です。



q




ご興味のある方は、お問い合わせください。






資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ





夏期休暇のお知らせ

お客様各位




2004年8月8日
株式会社グリーンライフ

拝啓 

 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、弊社では以下の通り夏期休暇とさせていただきます旨、ご案内申 し上げますので、ご留意下さいますようお願い申し上げます。

ご不明な点等に関しましては、下記までお問い合わせ下さい。

今後とも、愛顧を賜りますようお願い申し 上げます。

敬具




<夏期休暇期間>

2007年08月10日(土)~2007年8月19日(日)


 なお、休暇期間中もフォーム・メール・FAXによるお問い合わせの受付は行っておりますが、返答につきましては2007年8月20日(月)より順次対応させていただきますので、ご了承下さい。



ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承お願い申し上げます。


<お問い合わせ先>

Tel:0242-72-1769 

Fax:0242-72-1768    
E-Mail:contact@glife.co.jp


カナダと日本

最近、出張で都内を電車で移動することが多いのですが、この前、カナダでバスを利用してみてカナダと日本の違いを今更ながら感じています。

まず携帯電話

日本では、半数以上の人が携帯電話を操作しています。
そういう自分も暇つぶしにやってますが…

客観的にみると異様な光景です。

カナダは元々携帯でメールをやる習慣?がない為、ほとんどみません。


次に、日本では優先席に誰でも座っているどころかお年よりや体の不自由な人がきても、ほとんど席を譲ろうとしません。
優先席で熟睡してたりします。

カナダは、バス停が近づきお年よりが見えると全ての人がバスが止まらないうちに立ち上かり後方へと移動します。

スーパーなどの優先駐車場もそうですね。

カナダでは止める人はいません。

とりあえず今回は、日本よりカナダのほうが良いと感じた部分を書いてみました。


最近、中国人のマナーの悪さが話題になっていますが他の批判をする前にもう一度自分達のことを見直すのも大事なことではないかと思いました。

まずは自分の家庭や会社からですね。





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


つぶやき

今日は、猪苗代も暑かったです。晴れ





「若い頃の苦労は買ってでもしろ」



と言いますが、20代前半で独立して商売を始めてからそれをまじめに実行していたように思います。


今まで色々なチャレンジをして色々な失敗をしてきましたが、振り返ると一つも無駄なことはなく、一つ一つの経験があって今の自分、そしてグリーンライフがあると確信しています。



でも、今の時代、いろいろな情報がどこでも手に入れることが出来ます。

いち早く成功事例などの情報を収集し、自分なりにアレンジしていかに失敗せずに短期間に成功するかを考え、実践して一度も失敗することなく成功している若き経営者が増えてきているようです。


自分は、全て手探りでしたからうらやましい限りです。


今の感覚でもう一度最初からやり直したら、とも思いますが、色々と経験しないと分からなかったことが多いので、やり直したいとは思いません。


逆に、今までのような幸運は二度とこないから、失敗するする確率の方が大きいかもしれません。


めんどくさいと言うのが正直なところでしょうか。




でも、最近後悔しているのは、若いときの苦労を買ってでもしたおかげで、子供たちとの時間が余りとれなかったことです。


気がつくと子供たちも大きくなって、だんだん親離れの時期になってしましました。

子育てというか、子供たちとの時間は、もう一度やり直したいなと思います。



でも、これはこれでいいのかなとも思っています。

時間がありあまるほどあったなら、それが当たり前となり、大きくなってから子供に対してこのような気持ちにも慣れなかったわけですし、、、


子供もありがたみがなくなるわけですし、、、



とりあえず、どうあがいても、後悔しても人生一度きり、がんばろうではありませんかアップ




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。