この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造見学会開催

石川県で木彩工房 さんが建築中の


「史上最強のログハウス」


「究極のマシーンカットログハウス」


構造見学会 を開催いたします。



1



日時:2006年12月30日~2007年1月4日


時間:9:00から17:00


場所:石川県


お問い合わせ先


有限会社 木彩工房


〒922-0004

石川県加賀市大聖寺畑山町力149


TEL 0761-73-2769

FAX 0761-73-0414


予約制になっておりますので、お申し込みはこちらからどうぞ





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



スポンサーサイト

仕事納め

本日が仕事納めです。


今年一年、大変お世話になりました。


大きな事故、怪我もなく、新しい年を迎えることが出来るのは何よりです。



また、スタッフをはじめ、関係会社スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。



2007年は、グリーンライフにとって大きな転換期でになります。


皆でがんばって、すばらしい会社にしましょう!!



それでは、皆様、良いお年をお迎えください。




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




年末の忙しい時期ではありますが、今日は、かなり大事な話をしますので、最後までお付き合いください。



健康素材、自然素材、エコロジー、スローライフ・・・・・・


一昔前は、ログハウスだけの専売特許みたいなキャッチが、今では、使わないところが少ないくらいになっています。


それだけ、「家」が、人間の「健康」に大事か、「健康」が「住む家」によってどうなるか・・・が見直されたというか、認知されてきたのだと思います。


今だに、予算がないからと、平気でビニールクロスを壁に貼っているところがあるようですが、それは、論外として、、、、



「家」は、人間にとって大事なので、体に害をもたらすような材料で造ってはいけない


というのは、今や常識です。




しかし、、、



大事なところを見落としてました。


「水」です。



11



いくら健康に良い材料を使って家を建てても、毎日飲む水やお風呂やシャワーやウオシュレットのように、肌から塩素を体の中に取り込んでいたとしたら・・・・・


ていうか、取り込んでいるんです。


我々の苦労が何にもならないですね。


水の重要性を理解して、キッチンに浄水器をつける人がいますが、実は、体(肌)から入るほうが悪いらしいです。


ということは、元からたたないと駄目!!


ということで、来年のグリーンライフは、


「こだわりの自然素材の家には、自然の水を・・・・」


「大切な家族の健康のため、家中どこにいてもやさしい水」


ということで、水にもこだわります。


乞うご期待!!



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




国産杉のマシーンカット

質問>↓は何でしょうか?



sugi


答え>国産杉のラミネートの原板です。


これも、昨日のチビログ に続いて、新しい商品開発の途中ですが、報告です。


シーダー、フィンランドパインの国内加工については、何度も報告してるので皆さんご存知かと思いますが、来年は、国産の杉、ヒノキのバリエーションが増えます。


ユーザーは、同じ形状から、好きな樹種を選んでもらえるようになります。


そして、納期は1ヶ月、最新鋭の機械で加工しているため、精度はばっちり、金額はたぶん安い、クレーム、メンテナンス対応も、国内加工のため、今までのように長期間待たなくても良い。


チビログ もそうですけど、これは本当にイイですよ。


工務店、ログハウスメーカーの方も、遠慮なくお問い合わせください。





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




チビログ

ログの物置を開発してますので、経過報告です。


まずは、プロトタイプ↓


ノッチ部分のみの検討段階です。


tibi1




次は、サネを加工して、実際に仮組みして見ました。


tibu2



結果ですが、品質が良くて、素人にも組みやすく、同業他社の製品よりも安く商品化出来ました。


来年早々に販売を開始しますので、お問い合わせください。


とりあえず、1坪~3坪の3タイプを販売する予定です。



 

資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ







フラット35

「金利が変わらない安心」のフラット35


融資額について、今まで、「建設費または購入価額の8割」を上限としていましたが、「建設費または購入価額の9割」まで、ご利用いただけるようになります。 【ご利用の対象となるお客様】 資金のお受け取りが平成19年4月2日(月)以降のお客様 ただし、金融機関によっては、平成19年3月1日(木)以降に資金をお受け取りになるお客様から実施します。



金利が上昇傾向の今は、この商品がなんといってもお勧めです。


でも、今までは、建築費の80%までしか融資しなかったのが、上記のように90%までOKになったとの事。


もう、今は、これしかないですね。



しかし、、、、


ある、悪徳?勉強不足の銀行マンは、自行の商品を売りたいがために(そのほうが儲かるため)、分けの分からない説明をしてるらしい。


きちっと、変動金利のリスクを説明すればいいのですが、


「これからの時代、そんなに上がりませんよ~」


「その時は、また、条件の良い商品に借り替えればいいんですよ~」


と、無責任な説明をするらしい。



皆さん、住宅ローンを選ぶのは、工務店や、工法を選ぶのと同じくらい、いや、それ以上大事です。


大好評の


「目から鱗の住宅ローンと生命保険の勉強会」



来年も開催しますので、是非、お申し込みください。


来年も毎週土日開催です。(予約制)


個別講習も行いますので、遠慮なくお申し込みください。





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ







デザイナーズ住宅

デザインプラス とのコラボレーション、第2弾


猪苗代町に建築中だったF邸 の引渡しでした。



f


ログハウスばかりやってる私にとって、ものすごく、新鮮ですね。


でも、デザインは違えど、使用している建材は共通なものが多く、特に、無機質なイメージのデザイナーズ住宅とは違い、木をふんだんに使用しているので、新鮮ながら、親近感があります。


もちろん、外壁にはレッドシーダーのサイディングを使用しています。


ログハウスばかりではありませんので、こんな家が建てたいんだけど、、


とお気軽にご相談ください。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

マシーンカットログハウス

今年最後の出張から帰ってきました。


それにしても、今年はいつもより、かなり出張が多かった一年でした。


一番の理由は、↓



「至上最強のログハウス」


来年からマシーンカットのログハウスの国内生産が本格的に開始します。


来年早々、詳細を皆さんに改めてお知らせしますが、一足先に、現況報告です。



まず、なんと言ってもレッドシーダーのマシーンカット



2


今までは、カナダから輸入していましたが、フィンランドのマシーンカットと比べると、木材はもちろん良いのですが、加工精度が劣っていました。


それを国内で最新鋭の機械で加工することにより、フィンランドと同等の精度のシーダーのマシーンカットが実現できたのです。


材料も、オールドグロスの無垢の芯去り材 、カナダ国内でも揃えるのは難しい材料です。


もちろん、フィンランドのパインよりは、多少割高ですが、その価値は比べることが出来ません。



来年、各地で見学会を開催する予定 ですので、楽しみにしていて下さい。



そして、次にフィンランドのラミネートのマシーンカット。


品質も価格も競争力があります。


シーダーもそうですが、特に、フィンランドの一番の差別化はなんと言っても、「納期」でしょう。


通常3ヶ月から4ヶ月かかるのが、最短1ヶ月での納品が可能です。


しかも、為替のリスクが少ない。


今まで、納期に悩んでいた業者さんは多いはずです。


遠慮なくご相談ください。




そして、最後に、現在開発を始めてほぼ、めどが立ったのが、国産杉とヒノキのマシーンカットです。


無垢の木では、いくら乾燥しても、割れ、狂いが大きくなってしまうので、フィンランドと同じ、背中合わせ?の2枚あわせのラミネートにしようとしたのですが、、、、

(これを思うと、無垢なのにほとんど割れ、狂いのないシーダーはほんとに凄い木です!!)


国内のラミネート工場ではそれが出来ないとの事、、、、



それはそうですよね、国内のラミネート工場は、100%大断面の梁や柱を作成しているので、需要の少ないログハウス用のラインを持っている工場などあるはずもありません。


そこを何とか、、、、、


ということで、めどが立ちましたので、早ければ年内にサンプルをお見せできると思います。




需要の少ないログハウス事業にこんなに真剣に取り組んでいるのを大きな会社の人達が見たら馬鹿らしいと思うんでしょうね。






資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




ハイブリットログハウス

「ハイブリットログハウス」


今から4、5年前に、ビックロック大岩さんと 考えたネーミング。


商標登録できないみたいなのですが、、私たちが先だから、誰も使わないで下さいね、、、



ということで、これから、グリーンライフの大きな商品のひとつとなる建物が、北海道の美瑛で組みあがりました



1219


今回は、設計だけ関わらせて頂いてます。


工事は、夢木香さんでやってます。


雪の中大変ですが、怪我のないようにがんばってください。



見て分かるとおり、普通の在来工法とP&Bのミックスです。


「予算を抑えて、仕上がりは全てP&Bと比べても遜色なく」



来年早々には、福島でも着工します。



マシーンとティンバーのハイブリット


マシーンとP&Bのハイブリット


P&Bとティンバーのハイブリット



etc・・・・



来年のグリーンライフは、ハイブリットな一年になりそうな予感がします。






資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ







ありえない!!カナダツアー企画 

先日、カナダ企画ツアーについて書いたところ、予想以上の反響があり、まじめに企画を始めました。


まずは、名前を考えました。



ありえない!!カナダツアー



まず、普通のツアーでは絶対に行けないシーダーの伐採現場、工場、ワークサイト見学がメインになると思いますので、現地と調整をして、まずは時期を決定したいと思います。


大工さん達も行きたいとのことで、、、、皆さんからの大勢の申し込み、、、、お待ちしてます。




集まらない時は、急遽、社員旅行に、、、、


「ありえない!!社員旅行」



まずは、皆さんのご意見、ご要望を募集します。


皆さんのご意見を参考に、1月の中旬すぎくらいに、企画をお知らせします。




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

薪割り

中3と小4の迷コンビによる薪割りです。



資金計画の重要性

昨日、建物条件付きの土地(建築業者が決まっている)を紹介され、商談を進めているが、どうも納得がいかないのでということで、相談にのってほしいと、遠方よりショールームまでお越しいただきいろいろとお話をさせていただきました。


まず、いろいろ話をする中で、びっくりしたのが、土地や工務店や見積書などのことばかりで、肝心な資金計画がまったく考えてもいなかったこと。



Aさんばかりでなく、ほとんどの人が、土地選びや工務店選びにはかなりの努力と時間をかけるのに資金計画は、銀行や工務店の言われるがままか、奥さんの独学、、、、


資金計画も土地選びや工務店選びや間取りを決めるのと同じくらい、いや、、、それ以上に大事なんです。


昨日、改めて思いました。



毎週土曜日に


「目から鱗の住宅ローンと生命保険勉強会」


を開催しています。


都合がどうしてもつかない方には、個別でも行いますので、お気軽にお問い合わせください。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ






カナダツアー企画

ca


来春、カナダツアーを企画しようと、とある社長に強く言われて検討を始めたところです。


普通のツアーでは絶対に行けない様な、レッドシーダーの伐採現場や製材所、ワークサイト、工場などの見学、そして、半分は観光、、、


興味ある人、行きたいという物好きな人いますかね。。。。




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



完成見学会

いい感じに仕上がりました。


明日まで見学会を開催していますので、是非、この機会にご覧下さい。



まずは、玄関を入る「土間」があります。


4


土間の右側は「個室居酒屋」?

1


リビング・ダイニング

3

2



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



イエローシーダーのハンドカットログハウス

木工事がほぼ完成。


完成間近です。


h1


内部は、レッドシーダーとはまた違った雰囲気を醸し出しています。


h2


h3



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



薪割り機械


木彩工房 さんの薪割り機械・・・



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



mixi

いまさらながら、mixiをやってみました。



どんなふうに活用できるのかいまのところわかりませんが、とりあえず覗いてみてください。


アドレスはこちら です。



mixiにはいるには、紹介がいるようなので、もし興味があれば、メールでも下さい。


招待します。


私も、施主の黒ヒゲ 危機一髪 さんから紹介してもらいました。


それでは、、、



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

無塗装ログハウス

先日、石川県の木彩工房 さんに、史上最強のシーダーのマシーンカット の確認にお邪魔した時のこと。


木彩工房の辻さんは、オールドログ をこよなく愛している人で、メンテナンスは自分でやるのが当たり前なので、自分で出来ない人はログハウスに住む資格がないとまで言い切りログハウスを売っています。

(※もちろん、どうしようもない場合は対応はするらしいですが)


昨年建てたシーダーのダブティルを見せていただきました。


かっこいいのはもちろんですが、それよりも、私が注目したのは、この家は「無塗装」だったのです。


建てている時から聞いてはいましたが、一年たってどうなっているか興味がありました。


一言でいうと、


「無塗装って、、、、かっこいい・・・・」



dv


薪割りさんのカルト塗装 に対抗するわけではありませんが、レッドシーダーやイエローシーダーに限っては、下手に塗装してメンテナンスをしないのであれば、「無塗装」のほうがよっぽどいいのではないかと思いました。


やるなら、薪割りさんのように徹底的にやる。


やらないなら、私のように、徹底的にやらない。


分かりやすく言うと、


「私がもし自分の家をログハウスでもう一度建てたら、レッドシーダーの無塗装にします。」


石川県の小松空港から加賀市に行く途中に、無塗装で10年以上たっているシーダーのハンドカットがあります。


色はさすがに汚くなってるけど、丸太自体のダメージ(腐れ)はほとんどないそうです。


あれを汚いと見えるか、かっこいいと見えるか・・・・


※あくまでも「無塗装」で、古くなったのがかっこいいのであり、中途半端に塗装して汚いのはまったく別です。


自分がログハウスを選択する時の判断基準になるのではないでしょうか。






資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。