この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建材市場RS会 研修会

建材市場RS


11月28日、29日の2日間、弊社が加盟している建材市場のRS(リフォームスタジオ)会 の研修会が開催されました。


今回は、少数精鋭?にて、当社のログハウスやティンバーフレームの勉強会ということでした。


まずは、弊社のショールーム を見学がてらコーヒータイム


次に、シーダーのマシーンカットの葉山邸完成間近のティンバー を見学


昼食におそばを食べて、いわき市に建築中シーダーのマシーンカット へ、


その後、工場見学、、




早速、渋谷の松涛店横浜都筑店 にて、取り扱いの準備を進めることとなりました。


前向きな集りだと、いろいろなアイデアがでるので面白いです。


とくに、私のようなログハウス業界にどっぷりはまってしまっている環境では、出ない発想もたくさんあります。




最後に、アピールタイム


グリーンライフでは、郡山市に、建材市場リフォームスタジオ というお店を出しています。


特に、キッチンやユニットバスなどの一流メーカーの住宅設備機器が、アウトレット(ショールームの展示品)が60%~80%引き


新品も30%引き~60%引きと、大変魅力的な価格で手に入れることが出来ます。





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




スポンサーサイト

至上最強ログハウス その3

福島県いわき市に、史上最強ログハウス その3が上棟しました。


レッドシーダーの130×180のマシーンカットに、極太のレッドシーダーのガセボ、ポーチ柱、、


そして、2Fは200角のレッドシーダーのティンバーフレーム




q


s


これで、カルト軍団?


その1  京都府の福知山にて、洛柿舎 さん、

その2  石川県の加賀市にて、木彩工房 さん、

その3 福島県のいわき市にて、グリーンライフ


3社の建物が揃いました。


どの建物も、「よ~やるわ」といった感じでしょうか・・・・


こんなに材料からデザインからこだわったマシーンカットのログハウスは、世界にもないのではないでしょうか。


まずは、見学に来てください。


完全予約制にて随時受け付けます。




<<お問い合わせは>>


○洛柿舎


電話でのお問い合わせ 0859-39-3966


FAXでのお問い合わせ 0859-39-3967


フォームでのお問い合わせ



○木彩工房


電話でのお問い合わせ 0761-73-2769

FAXでのお問い合わせ 0761-73-0414


フォームでのお問い合わせ



○グリーンライフ

電話でのお問い合わせ 0242-72-1769

FAXでのお問い合わせ 0242-72-1768

フォームでのお問い合わせ




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




至上最強のログハウス その2


3


史上最強のログハウス その2は、石川県の木彩工房さんが 手がけるしーだーのマシーンカットログハウスです。


シーザートラスとマシーンカットの組み合わせは最高にマッチしています。




2


↑ オールドグロスの芯さり材のこだわりのシーダー

1


随時、見学可能ですので、北陸地区で見学ご希望の方は、こちら にお問い合わせください。


また、完成見学会も開催する予定ですので、お楽しみに!!



・・・このマシーンカットは、本当にシーダーの良さを分かっていただける方にだけしか住んではいけないような気が本当にしてきました。


実物を見れば、その理由がわかっていただけると思います・・・



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ





年末年始休暇のお知らせ

年末年始休暇のご案内


期間:2006年12月30日(土)~ 2006年1月8日(月)


本社業務は、上記期間休業となります。


EメールやFAXによる、お問合せにつきましては、2007年1月 9日(火)以降のご回答となりますので、何卒ご了承下さい。


どうぞよろしくお願い致します。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

完成見学会開催

12月9日(土)・10日(日)の二日間にわたり、現在猪苗代町に建築中のT様邸ティンバーフレーム住宅 の完成見学会を開催いたします。


t


テーマは、「小洒落た和風居酒屋」


外観、間取りともに、シンプルなつくりながら、玄関(土間)を広く取り、1階は、オープンな空間を上手に演出しまし、まさに、「シンプル・イズ・ベスト」な住宅に仕上がったと思います。


見学会は、完全予約制にて、ごゆっくりと見学していただきたいと思います。


ご予約、お問い合わせはこちらからどうぞ




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ





中国出張

2泊3日の短期スケジュールでしたが、増子君 と中国の上海に行ってきました。


今回の出張は、もちろん遊びではなく、建材市場 の研修でした。


s


g



中国は今回が初めてでしたが、一言で表すと、戦後に日本と、現代が入り混じっているような感じを受けました。


お昼ごはんが、9元(百五十円)でおなかいっぱい食べたと思ったら、スターバックスのコーヒーセットが30元(四百五十円円)だったりします。。


また、凄い人のパワーを感じました。


今まで中国には興味がなく、テレビのニュース程度の知識しかありませんが、今回、中国に一部しか見てこなかったわけですが、この先、中国がこのままの勢いで突き進んでいったら、日本はもちろん、世界はめちゃくちゃになってしまうのではないかと不安になるほどでした。


これから、ますます日本は、日本人の良いところを前面に出して「差別化」していかないと生き残れませんね、、、



肝心の建材のほうですが、デザインはヨーロッパの影響が強く、グリーンライフの建物にはちょっと・・・・


もっと、アメリカのカントリーデザインもあるのかと思いましたが、全然ありませんでした。


ログハウスはまだまだ中国には受け入れられそうもない感じです。


唯一の収穫は、景徳鎮の洗面ボールでしょうか↓


k



また、今回偶然にも、参會堂 の海老原社長と吉田部長も一緒だったのです。


何が偶然かというと、海老原社長と建材市場の相坂社長は、20数年来の友人で、またまた、ビックロック の大岩さんとも知り合いとのこと。



j

世の中狭いというか、悪いことが出来ないというか、、、、




さて、月曜日から、中国の勢いに負けないようにガンガンいかなければ、、、




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



ジャパンホームショー

一年たつのは早いもんですね。


あれから 一年たちました。


去年のジャパンホームショーで、カナダのビックロックさんと、マシーンカットメーカーのトゥルークラフトさんと三社合同で出展したのです。


このプロジェクトも、いろいろな困難な壁を乗り越え、、、、一年の間に形を変えて、かなり進化しました。


一年間かけて、ようやく形になりました。


こんな感じで、、、



一年なんてあっという間ですが、このプロジェクトの成果は、自分なりに満足してます。


これから、さらにがんばって、また、来年は良い報告ができるかな、、、

史上最強のログハウス その1

京都?の福知山で史上最強のログハウスが上棟しました!!


施工主は、鳥取の仲間のログハウスメーカー、洛柿舎


i


↑130×240のシーダーのマシーンカットにP&Bをのせたハイブリッとログハウス


オールドグロスの芯さり材のシーダーのマシーンカット を国内で加工してます。


vhh


↑この目のつまり具合を見てください。


更に、北米のマシーンカットは北欧のそれと比べて加工精度が劣っていたのですが、今回は最新鋭の機械で、北欧以上の品質で、コストも安い!!


ようするに、1階部分はグリーンライフ 担当で2階は、ビックロック さんが担当した、カルトなログ&ティンバー


gv


↑迫力のデザイントラス



玉かけ(部材を順番に吊り上げる役目)作業員が、これまたカルトな木彩工房 の辻社長、




大工さんの手元が、カルト大岩 、、、、、、、



史上最強レッドシーダーのマシーンカットログハウスが今月中に、石川県と福島県であと2棟上棟になります。





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

シンボルツリー

ki


シンボルツリーといえば、外に植えるものですが、家の中にシンボルツリーを入れました。


さて、この木の樹種はなんでしょうか?




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

ガーデン&エクステリア総合フェア2006in郡山

提携先の株式会社春光園 さんが主催するガーデン&エクステリア総合フェア2006in郡山で、当社は薪ストーブコーナーを担当することになりました。是非、遊びに来てください。


ev





資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


いよいよ、国がポスト&ビームを推奨か??

35年ローンを組んで建てたほとんどの家が35年持たずに壊されていく・・・。


これが、日本の住宅事情の常識であり現実。


結果、日本人のほとんどの人が、何の疑いもなく、毎世代、住宅ローンを組んで支払っていく・・・。


絶対に間違っている。



「次世代に受け継がれる家」

この家は一代で終わらせるには価値がありすぎる



グリーンライフのコンセプトがようやく受け入れられようとしている。




200年耐用住宅の建設促進・自民が税優遇や建築補助検討 


耐用年数が200年にも及ぶ長持ち住宅の建設を促進するため、自民党が優遇税制や建築費補助制度創設などの検討に入る。


通常の住宅よりも強度のある骨組みを採用した住宅や住み替え需要に対応しやすい間取り可変の住宅などが対象だ。

住宅取得にかかる負担を軽減し、根強い貯蓄性向を消費に転換させる狙いがある。


党住宅土地調査会は週明けに小委員会を新設し、具体案づくりに着手する。6月に施行された住生活基本法が打ち出した「住生活の安定の確保」の一環だ。


来年5月をメドに「200年住宅ビジョン」の提言をまとめ、2008年度の税制改正や予算編成に反映させる。


11月4日 NIKKEI NET  より




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




素朴な家

極太イエローシーダーのハンドカットの現場に行ってきました。


ダブティル とはまた違った存在感。


これほどシンプルが似合う建物はないだろうと思う。


色やデザインに懲りすぎず、シンプルに、、


究極の素朴な家



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ





廣井伸宏

右から2人目の男は、本邦初公開、マッキンリー に一緒に登頂した廣井伸宏


廣井とは、十年ぶりくらいの再会でした。


私の出張にあわせて、当時、一緒にスキー学校で遊んでいた友達が集まってくれたのでした。


i


昔の思い出話に花が咲き、気がつけば3時過ぎ・・・


みんなは明日休みだけど、私は仕事・・・


と思いつつ・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。