この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大感謝祭」 グリーンライフフェスタ2006 

毎年恒例の


「大感謝祭」 グリーンライフフェスタ2006 


の開催日程が決まりましたので、お知らせいたします。



日時:10月21日()・22日(


詳細はまだ決まってませんが、今のところ、定番になりつつある



○薪ストーブのメンテナンス講習&料理教室

○丸太切り大会

○木工教室



に、今年は、かなりプラスされる予定です。


○ジャズコンサート

○木工教室(大人用?)

○大岩さんのカルト教室?(日程調整中)

○建材のアウトレットの即売



その他、こんなことやってほしい!!


とか、こんなことやったらいいのに、、


などなど、アイデアがありましたら、皆さんのお知恵をお貸しください。


今年も一人でも多くの皆様の参加をスタッフ一同お待ちしてますので、今のうちから、日程調整して、是非是非お越しください。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


スポンサーサイト

やっぱり

明日からにします。


以上。

決意表明

今日から、まじめにダイエットします。


以上。

安全大会

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


安全


安全大会が開催されました。


言うまでもなく、


「安全第一」


で仕事はその次


のはずですが、


どうしても、日々の仕事に追われ、仕事優先になってしまっているのが現状です。




怪我や事故を起こしてしまっては何にもならないこと、


本人はもちろん、家族、会社、そして、お客さんに多大な迷惑をかけるということ、



我々や、各協力会社の職長さんだけでなく、現場の職人さん一人ひとりの安全に対する意識を高めることが、災害をなくすことだと改めて一人ひとりが認識したと思います。


これからも定期的に開催し、無事故無災害で工事を進めたいと思います。


資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

第21期決算

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ



当社は、6月が決算でした。


昨日、最終打ち合わせが終わり、結果がでました。


結果は・・・・


増収アップ減益ダウン・・・・


残念ながら、目標達成ならず・・・・しょぼん




しかし、21期は、大きな変化の中での黒字なので、ある意味、目標を達成した昨年より評価できるのではないか思います。


みんな、良くがんばりましたグッド!


今期は、更なる健全経営を目指し、がんばりましょう!!





昨日から今日にかけて、「夏休みの宿題」が各スタッフからメールで送られてきました。


今期(22期)の目標と改善点を各自まとめたものです。


もちろん、その内容は企業秘密ですが、みんなの意識が予想以上に高いビックリマーク




来月の会議で、21期の決算発表、22期の事業計画、数値目標の決定します。


皆さん、22期目のグリーンライフに大いに期待してください。



サービス向上の為、また、いろんなことにチャレンジしますので、、、



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


臨時休業のお知らせ

8月25日(金)は、安全大会の為、臨時休業といたします。


大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

またまた、よろしくお願いします。

一週間の休みを頂いて、リフレッシュ&充電満タンです。


19日から仕事始めでしたが、19日の早朝より20日まで出張でしたので、実質的に明日(21日)が仕事始めです。


この休み中、ますます仕事のやる気がパワーアップする出来事がありました。



家族のため、会社のため、地域のため、ログハウス業界のため、日本のためにがんばりますので、改めてよろしくお願いします。




そういえば、出張中に愛車ランクルが10万キロになりました。

ちょうど2年、、、、


qq


乗りすぎですかね、、、、

残暑お見舞い申し上げます。

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ




毎年のことですが、、、


毎日暑いですね、、、


皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


十分健康には注意してお過ごしください。



ということで、、、





12日から18日まで、休ませていただきます。



ブログもその間、休ませていただきます。


気が向いたら書きます。



それでは、皆さん、19日には、十分リフレッシュして、充電満タンにしてきます(予備電池も)ので、


また、休み明け、よろしくおねがいします。


資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

下2段がイエローシーダーのハンドカット

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


k1


k2


猪苗代町にて建築中のハンドカットログハウス の引渡しでした。


耐久性を更に高めるため、土台、大引きだけではなく、下2段をイエローシーダーで、その上はレッドシーダーで加工しました。


下1段だけでもいいのかもしれませんね。



色合いの違いも、そんなに思ったよりも気にならなかったです。


これから、内部の装飾や外部の園芸など、ご夫婦で楽しみながらやるそうです。


薪ストーブは、いまだに悩んで冬までにはといったところです。


資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

8.造園業 その2

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


今考えれば不思議ですが、喧嘩した二人をクビにするわけでもなく、怒るわけでもなく、、、

ただ、これからどうするかということで頭が一杯だったのでしょうか、、、


「捨てる神ありゃ拾う神あり」


とはよく言ったもので、タイミング良く、仕事の話が来ました。


しかし、すぐに現場に行って仕事の内容を聞いてみると、ゴルフ場の造形の仕事だという。


「造形」??


「造成」


なら聞いたことがあるが、「成」「形」でどこが違うのか、、、


結論から言うと、全然違ってました。



要するに、造成は皆さんも想像がつくと思いますが、造形とは、グリーンを造ったりバンカーを造ったり、ティーグランドを造ったりすることなんです。

要するに、プロフェッショナルな技術が要求される仕事です。

もちろん、未経験で、しかも、ゴルフすらやったことがありません。


しかし、当時は背に腹は変えられなかったので、今思うと、もの凄いハッタリで、その仕事を受注してしまったのです。

多分1億円くらいの工事だったと思います。

暑いさなか、東京の元請の本社まで行き、ドキドキしながら契約書に判子を押したのを覚えています。


福島県にある会津河東カントリークラブ の19から27ホールまで植栽も含めて全部長谷川真児の適当な監修での、グリーンライフの作品です。


何番ホールか忘れましたが、グリーンのバックのマウンドを、背景にみえる磐梯山の稜線とそっくりにふざけて造ったのですが、なんと、それがオーナーが気に入り、そのまま残されることになりました。
管理の人は大変だと思いますが・・・・。


まぁ、この仕事では、この前とは負けず劣らずの武勇伝が色々ありました。
当然、経験がないことはすぐにばれたわけです。

契約を破棄されても文句を言えない立場ですが、なんとか最後までやり遂げたわけです。


その秘策とは、、、、


ここでは、言えませんが、一言。








若いって、素晴らしいですね。


資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


7.造園業 その1

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


「明日から、ここ(那須のゴルフ場の現場)に8時に来い」


といわれ、帰り道に、

作業服センターに連れて行かれ、言われるがままに買い物。

ニッカズボン上下と地下足袋、それようの靴下、そして腰道具(剪定はさみとのこぎり)を人数分買った。


親父の仕事の手伝いや自分の家の建築で作業服を着ていたが、さすがにニッカズボンは着た事はなかった。

家に帰り、着てみたが、どうにもシックリこない。


要するに気に入らない。



当時、ログハウス事業をスタートさせましたが、当然、最初から受注や利益が見込まれるわけでもなく、逆に、ハンドカットのモデルハウスを造ったりしたので、マイナスからのスタートでした。


今井さんと高橋さん、そして、佐藤毅の3人にログハウスのほうは任せ、私は、出稼ぎに、、、、


というか、家族と社員を養うためには、好きではじめたログハウス事業でしたが、受注が取れるか分からない、例え受注したとしても利益が取れるか分からないことに、私までのめりこむことは出来ず、後ろ髪を惹かれる思いで間違いなくお金になるゴルフ場の現場に通いました。


まだ、磐越道が開通していなかったので、毎朝5時に家を出て、帰りは9時頃になりました。
今だったら、絶対に無理です。


当時、人を集めれば未経験者でも一人15000円がもらえ、皆には10000円から12000円を払いました。

要するに、一人当たり3000円から5000円の利益です。


仕事を覚える前からある程度の利益が確保されたわけです。


当時、猪苗代の土木業界の賃金が経験者でも7000円から8000円でしたので、募集をすればすぐに集まりました。

まだ、私も20代前半でしたので、若くて威勢のいい、要するに喧嘩っ早い後輩達が集まってきました。

今でも、時々町中で会うことがありますが、今は、私も含めてイイお父さんになっていますが、当時はめちゃくちゃでした。


飲みに行けばまず間違いなく、喧嘩、


最高の武勇伝?は、大成建設、西松建設、間組という大手ゼネコンの孫受けの仕事をしていた現場での事件です。



(当時の関係者の皆さんが読んでたら、大変申し訳ございませんでした。

この場をお借りして、本当に心からお詫び申し上げます。)



ようやく仕事も覚え、請負で仕事が出来るようになり、いよいよこれから儲けるぞという矢先の出来事でした。


社員同士がスコップで殴りあいの喧嘩になり、

すぐに、他の現場にいた私に現場監督から連絡がはいり、とりあえず、元請の現場事務所にいってみると、事務所の中はめちゃくちゃ、二人のTシャツはボロボロで血があちこちに、、、、


まだ、これだけで収まってればよかったのですが、一人が車に飛び乗り逃げてきたのですが、それを追って、もう一人ももの凄いスピードで現場を走って追いかけ、カーチェイスをしたいうことです。


現場内は制限速度20キロくらいなのにです。


しかも、ちょうどその時間に、3社合同の安全パトロールだったらしく、3社の所長がその道路を歩いていたのです。

道路わきに避けたらしいのですが、ちょうどその前に大きな水溜りがあり、3人とも頭から泥水だらけ・・・・


いくら日本は広いといっても、元請のゼネコンの所長、しかも、3人を頭から泥水をかけたのはグリーンライフだけでしょう。。。



当然、即刻監督から、


「今すぐに現場内の重機などを引き上げろ」


との指示が、、、


要するに退場処分、レッドかードです。当然です。


仕事の90%以上を依存していた現場でしたので、かなりの痛手でした。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

上棟式

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


e_1


樹齢150年の天然カナダ杉(ウエスタンレッドシーダー)の8寸角(24cm角)です。


今日は、猪苗代にて、村中の人が集まっての上棟式でした。祝日


この躯体を見て、昔の民家を知る年配の人たちもビックリビックリマーク



「外材」に対して悪いイメージをもっている年代の人たちばかりでしたので、どのような反響があるかとドキドキあせるでしたが、


さすがにこの目のつまり具合をみて、皆、絶賛でした。(一安心ニコニコ




それにしても、上棟式後の酒飲み、凄かったショック!


e_2


限界に達しても、とめどなく、もう限界と、最後は、外へ避難し、なんとか生き延びました。。。


お酒は、ほどほどに・・・・・


資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ



大屋根の家

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ



昨日、無事に引渡しとなりましたS邸


s_1


一見、フィンランドのログハウス


中に入ると、独特の甘い香りとシックな木肌


s_3


この家、正真正銘のシーダーのマシーンカットなんです。


本日引き渡しになりました。



外観は、とてもシンプルですが、


軒先に注目してください。


s_2


軒先がオーバーハングして1800mm出てるんです。


その分、2階の室内の高さも取れますので、一石二鳥です。


このアイデア自体は、もちろん前からあったものですが、グリーンライフでは、巻き割り職人さんの 提案で、初めてやったのですが、これこそ、ログハウスにぴったりの工法ではないかと思います。


それ以来 の本物の「大屋根の家」


グリーンライフの定番にしたいと思います。



すこしだけ、コストはかかりますが、ログに対する雨対策にもなり、ドーマーなど余計なものをつけずに、シンプルな屋根形状ながら、室内空間(立ち上がり)がとれるという、



「シンプル・イズ・ベスト」



な外観が好きな人にはもってこいの工法だと思います。


それでは、Sさん、今後とも、よろしくお願いいたします。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ




超カルトな家

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


1


f_1


Fさん、大岩さん 、、、


この躯体、やっぱりやり過ぎかも、、、


カルト すぎて、他のパーツが全然合わない、、、


とりあえず、手すり、窓枠、、、


普通じゃ全然合わない、、、



そして、大工さんの作業服や私のスーツ姿、止まっている車、足場、はしご、、、


周りにあるものが全部変だ。。。。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

6.1億円の授業料

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


「長谷川さん、○○○さんも人間だから、奥さんと、小さな子供を抱いて一緒に行って、嘘でもいいから涙を流して土下座してお願いすれば、お金を払ってもらえるかもしれませんよ。」


まだ、会社の売り上げが1億にも満たなかった頃、4千万もの入金が滞った時、その○○○さんの会社の経理の人に言われた言葉だ。


もちろん、そんなことはしなかった。

その時は、たとえ、会社が倒産しても良いとさえ思った。





そそうなったトラブルの内容は、割愛しますが、、、、


「手のひらを返す」


という言葉の通り、つい、昨日まで支払いの約束をしていたにもかかわらず、資金調達が出来ないと分かったとたん、その支払いは出来ませんとの連絡、、、、


しまいに、契約書の判子も押した覚えがないという、、、、


まだ、世の中の厳しさを経験したいなかった若造には、かなりのショッキングな出来事でした。


人間不信なんていうもんじゃありませんでした。



なんとか、多くの人に助けられ、なんとか倒産の危機は逃れたものの、当時、資金繰りに追われた仕事のロスを考えると1億以上の授業料だったと思います。



元は取っていないと思いますが、、、


この経験で学んだことはここには書けないことも含めて沢山あります。



ひとつ代表的なことを上げるとすれば、


「お金の怖さと人間の怖さ」です。


人間はお金で、あんなに変わるんだということ、、、、、




よく、「社長はお金に対する執着心がないね」


と言われますが、逆にこの経験でなくなったのかもしれません。


今では、背負うものが沢山あって、そんなことは言ってられない立場ですが、、、



もちろん全ての人がそうではなく、ある一部の人でしょうけど、


お金のために人を裏切り、人を殺してしまう人間がいるということ。



お金のために人に裏切られ、殺されそう(倒産)になっとという経験


悲しいことです。


二度と経験したくありません。



しかし、この経験で、もう一つ学んだことがあります。


「お金の大事さと、人間として大事なこと」


綺麗ごとではなく、お金より大事なものが必ずあるということ、、、




もし、○○○さんが、このブログを読んでいたら、あの当時の気持ちと今現在の気持ちを是非とも、聞いてみたい。



「あの経験があるから、今の自分がある」


と、今は、かなり楽天的な考えでいますが、、、



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

亀田・・・

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


・・・・・・


「負けて勝つ」


まさに、今回は、この言葉を実践してほしかったと思います。


判定結果が正しかったのか正しくなかったのかは置いといて、、、


今回は、誰が見ても少なくとも亀田が勝ったと素直に思う人は限りなく0に近いわけなのだから


ベルト返上まではしなくても、亀田親子は潔く負けを認めたほうが私は良いと思います。


それは、自分達が一番良く分かっているはず・・・・


その上で、もう一回リベンジ、


そして今度は、誰が見ても納得できる形で勝つ!



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

造園が原点

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ



私のログハウスをデザインする上での原点は実は造園である。


「えっ、なんで?」


と意外だと思うだろうが、本当だ。




この話は、実は誰も知らないし、誰にも言ったことがない。


理由はシンプルで、当たり前のことだが、


変なものは、変だし、バランスが悪いものは悪い。


ということだ。



石を一つ庭に置くにも、木を一本植えるにも、ただ、置けばいい、植えればいいというものではない。


造園を本格的に勉強したわけでもないし、どこかの庭師に弟子入りしたわけでもないので、偉そうなことはいえないが、自分の感性を信じて依頼してくれた人に報いるために、精一杯、変じゃないか、バランスは悪くないか、何度もいろんな角度から見て何度も位置をずらす。


恐らく、プロの庭師の何倍も時間をかけて、、、


ほんの少しずつ石の傾きを変えてみたり、木の方向を変えてみたり、他の人から見れば、


どうでもいいんでないの?


ということを何度も繰り返す。


そうすると、ある瞬間、不思議と自分の中で、その石や木が


「ばちっ!」


っと決まる瞬間がある。


要するに、不協和音が消える瞬間だ。


同じようなことが、ログハウスのプランでもおきる。


プラン用紙の上で、何度も線を引き直していると、


同じく、


「ばちっ!」

っと決まる瞬間がある。


何が決まるかというと、


お客さんから聞いた要望と、自分がやってみたいこと、そして、ログの構造的なこと、敷地、、、、、そして、予算


その時感覚は、かぎりなく造園のそれに似ている。



要するに、「ばちっ!」


と決まった時、


その石や木の位置、角度、傾き、


プラン用紙に書いた一本一本の線に全てに意味が生まれ、その意味を全て説明できるということだ。



ただ、それは、あくまでも、私の感性であり、悲しくも却下されることもあるが・・・・・。



その感性は、間違いなく造園で培ったものだ。




資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。