この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職長会

昨日は、二ヶ月に一度の職長会でした。

日本の家づくりは、大工さん(棟梁)が現場を仕切り、段取りはもちろん、資材の発注や納期の調整まで行っていると思う人がほとんどだと思います。

しかし、ハウスメーカーの出現になどにより、大工さんは業者さんの中の一つになってしまい、現在の住宅業界の常識ではそれを現場監督がやるようになってしまいました。

それが良いのか悪いのか分かりませんでしたが、私はその現状にもの凄く違和感を感じ、

「大工さんを中心にした家づくりに戻そう!」

と呼びかけてもう、10年以上経つと思います。

最初はなかなか理解されませんでしたが、今では全ての大工さんが理解して頂いていると思います。


昨日は、今まで馴れ合いで明確でなかったところを明確にしました。

役割分担と責任者を明確にし、、いつ、誰が、何をするのかを明確にしました。

書くと当たり前のことですが、、、これを大工さんはもちろん、何十種の職人さん達や納品業者全てが共有共感して、日々実行することは、まさに奇跡に、近いことです。

それを、ほぼ、実践出来ているグリーンライフの大工さんをはじめとした職人さん達は本当に素晴らしいと思います。


また、全部とはいいませんが、ほとんどの普通のローコストの工務店やハウスメーカーの職人さん達は、手間が極限まで下げられて、現場監督がマニュアルに沿って、徹底的にリスクを職人さん達に背負わせて家が出来あがっていきます。

工業化製品だからなんとかなってますが、職人さん達も、住む人の事など考えている余裕もありません。
しかし、自然素材で、創り上げるゼロ宣言の家は、そうはいきません。

技と心が伴っていないと、良い家は、出来ません。

工業化製品でつくる量産メーカーの家とゼロ宣言の家の違いを分かりやすく例えると、コンビニ弁当と無農薬、無添加食材でつくる愛妻弁当の違いでしょうか。


ではでは、まずは、気負わずに、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。。

スポンサーサイト

安全大会

本日は、協力業者会の加盟メンバーが猪苗代に一堂に集まっての安全大会が開催されます。

目的は、安全大会ですので、安全に対する意識を高め、事故や災害を無くすことですが、もう一つ大事な目的があります。
それは、一言でいうとベクトルを合わせることです。

グリーンライフの協力業者の皆さんは、素晴らしく、国内でもトップレベルだと思いますが、まだまだ温度差があるのは否定できません。

今年は30期の節目と年として、会社もリセットし、変革の年と位置づけて色々取り組んでいきます。

同じく、業者会も本日の安全大会でリセットし、ベクトルを合わせて再スタートを切りたいと思っています。



安全大会終了後は、恒例の暑気払いが開催されます。

去年から猪苗代湖の天神浜オートキャンプ場の一部?を貸し切っての大懇親会です。

9月末に開催される恒例のお客様感謝祭の予行練習もかねてです。

こちらの方がメインだったりします。。


今年は、中心的メンバーの一人でもある渡辺塗装さんが亡くなってしまったので、寂しいですが、多分、天国から舞い降りてきて一緒に楽しんでくれるはずです。。

では、無事に終りますように!!

皆さん、よろしくお願いいたします!!

追悼

昨日、協力業社会の副会長でもあり、長年に渡り、大変お世話になった渡辺塗装の代表である渡辺昌利様のお通夜が厳かにとり行われました。

本日は、告別式です。

昨日の夜、はじめての弔辞を思いを込めて書かせていただきました。

渡辺さんは、人間味にあふれ、気さくで明るく、飾らない人柄で、全ての人に好かれる人でした。

仕事も真面目で、絶対にどんな仕事も断った事も無く、それでいて、工期を守らなかった事はありません。

もちろん、言い訳などネガティブな事は一度も聞いた事はありません。

業者会の中でもムードメーカーで中心的な存在でした。

ガンで余命が告げられたあとでも、それは最後まで変わりませんでした。

今日も、沢山の参列者が来ることでしょう。

昨日は、グリーンライフの元社員やお客様まで駆けつけてくださいました。


縁起でもありませんが、、、

自分が死んだ時に、これだけ本気で悲しんでくれる人がどれだけいるのだろうかと考えながら弔辞を考えていました。

渡辺さんの生き様を見習ってこれからしっかりと渡辺さんの分まで生きていきたいと思います。



安全品質協議会

昨日は、福島地区の安全品質協議会が開催されました。

全員で三方よしの家づくりの唱和、挨拶の練習から始めます。



その後、各現場のパトロールの結果を発表し、改善点を話し合います。

最近は、これといった改善点が無くなってきましたので、来月からレベルを上げなければと思います。


最後に、危険予知のビデオを見て、各自、現場での危険を想定し、未然に防ぐにはどうしたらよいかという事を考えてもらい、発表してもらいました。



こうした、地味な活動を続ける事により、品質の向上、無事故無災害が達成できるのだと思います。

継続は力なりです。

宇都宮業者会

昨日は、宇都宮にて業者会でした。

まだ、福島と比べると規模は小さいですが、思いは同じです。

福島に追いつけ追い越せと、頑張ってます。


「ローマは一日にして成らず。」

「百里の道も一歩 から」


全員で「三方よしの家づくり」の共通理念のもと、

ベクトルを一つにして一歩一歩がんばっていきましょう!!




それにしても、、宇都宮、、猪苗代とは別世界です。

車を降りると、長靴から靴に履き替えです。

そして、昨日は、愛工房モデルハウスに宿泊してきました。

そのレポートは、明日します。

「日本一の挨拶が出来る現場」

昨日は、今年初めての福島地区業者会が開催されました。

2V3A0890.jpg


新年早々びっくりしたのが、グリーンライフの大工さんの中で、一番現場が汚いと言うレッテルを貼られていた大工さんの現場が、とんでもなく奇麗だった事です。

私は、違う現場に行っていたので写真だけですが、それはそれは奇麗でした。


多分、今では、グリーンライフの中でも1、2を争う奇麗さです。

早速、明日、現場に行って再確認してこようかと思います。



さて、昨日の業者会では、業種ごとに今年の目標を掲げた訳ですが、今年の全体の目標として、

「日本一の挨拶が出来る現場」

を掲げました。

2V3A0878.jpg


もちろん、

「日本一奇麗な現場」を目指す事は継続しますが、今年は、プラス「挨拶」です。


お客様から現場も奇麗だし、挨拶も素晴らしいという声を沢山頂くようにこの一年頑張りたいと思います。





協力業者会

昨日は、月に一度開催される福島エリアの協力業者会でした。

土曜日には、栃木、群馬エリアの業者会が開催されます。

現場パトロールの報告は、本当にレベルが高くなり、指摘事項より、褒める部分が多くなりました。

資材販売業者の方が、こんなに奇麗な現場は見た事が無いと驚いていました。


また、クレームや急を要するメンテナンスに対する方針も明確にしました。

数年前に、

「クレーム対応は全ての業務に最優先とする。」

と言うルールを決めていましたが、最近、拠点も増え、人も増えた事により、「暗黙のルール」ではダメだろうと、改めて明確にルールを決めました。

業者会などで周知徹底するとともに、文章で全業者に配布し共有・徹底を図ります。


また、来年から始める新たな取り組みなどの発表など、今回は内容盛りだくさんで、少しやり過ぎたかな、、、

と少し反省しています。


「ローマは一日にして成らず。」

「業者会は一日にしてならず。」


来月には、業者会総会と大忘年会が開催されます。

「三方よしの家づくり」を具現化するために、業者さんとともに成長していきます。



当たり前

昨日は郡山にて、月に一度の業者会でした。

gyousya.jpg

少しずつ、少しずつですが、着実に前に進んでいるように思います。

我々は、目指すところが違うので、「まだまだ」ですが、、業界全体で考えれば、かなりレベルが高いと思います。


そして、、、本当に人に恵まれているなぁとつくづく思います。

今の協力業者会をゼロからつくろうとしたら、10年、いや、一生かかってもつくれないかもしれません。

そんなすばらしい人たちがグリーンライフの協力業者会です。


今日は宇都宮で業者会ですが、宇都宮の業者会は本格的にスタートしたばかりで、まだ人数は少ないですが、これまたすばらしい人たちばかりです。


「当たり前」に見えるものほど、「当たり前」じゃない。


仕事をしてくれて当たり前、

業者会に来てくれて当たり前、

ボランティアに来てくれて当たり前、

イベントに来てくれて当たり前、

やり直してくれて当たり前、


「当たり前」という捉え方を手放すと「感謝」しかありません。

では、今日も素晴らしい業者さんに合う為に宇都宮に行ってきます。

安全大会

今日は、安全大会です。

毎月の業者会はありますが、年に一度全業者さんが一堂に集まり、色々なことやります。。。


今日は、私の方からは、方針発表ということで、「グリーンライフらしい現場管理」の方向性を具体的に示したいと思っています。

簡単に言うと、「大工さんを中心とした家づくりです。」


「大工」を調べてみると、

大工(だいく)とは、主として木造建造物の建築・修理を行う職人のこと。古くは建築技術者の職階を示し、木工に限らず各職人を統率する長、または工事全体の長となる人物をさしていた[1]、番匠(ばんじょう)とも。

「職人」を調べてみると、

”(しょくにん、英語:craftsman)とは、自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことである。
建築分野に於ける職人の減少は著しいが、その要因の一つに後継者不足の他、海外から輸入されたツーバイフォー工法や、プレハブ工法など、伝統的技術を要しない工法が大手ハウスメーカーなどにより普及した事が挙げられる。”

「棟梁」を調べてみると、

”建築基準法が出来る前までは建築設計士であり現場監督であり積算者であり渉外者であり職人であり経営者でありそれらを全て兼ね備えた者を指す。”



大手量産メーカーの出現により、現場監督の権限が大きくなり、大工さんは、ただの工種の一つになってしまいました。
金額も工期もない中、段取りや資材の発注さえもせず、ただ目の前の仕事をやるだけで精一杯です。


グリーンライフの大工さんは、大手量産メーカーなどと比較すると、かなり大工さんが権限を持ち、棟梁としての役割を果たして家づくりをしていますが、まだまだ、私の理想とする本来の姿ではありません。


職人さんの「手」をたくさん必要とする家だからこそ、本来の姿に近づけた体勢をつくっていきたいと思っています。


また、近い将来、木工所で、マルチな職人を育てる「学校」も立ち上げたいと思っています。


今日の安全大会がキックオフです。





職長会 新年会

IMG_2483.jpg


本日は、今年初めての職長会議と新年会でした。

いつもお客様に、

「グリーンライフの職人さん達はいい人達ばかりですね。」

と言われます。


本当に良い職人さん達ばかりです。

「家」は、ものすごい数の職人さん達の汗の結晶です。

誰一人欠けても、グリーンライフの家は完成しないのです。


そして大事なのは、チームワークです。

職人さん同士のコミュニケーションがうまくいってないと良い家は出来ません。

IMG_2508.jpg


さらに、今年は、全員の「良い家を造ろう」という「思い」を込めて、一つ一つの仕事に取り組みます。

そして、

「安全」

「現場掃除」

「プロ意識」

の徹底です。


全国の工務店の模範となるような工務店を目指して今年もがんばりましょう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。