この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全棟ティンバーフレーム?

P1010313.jpg

ティンバーフレームが夢に出てきそうなくらいティンバーフレーム関連の仕事をこなさなければいけません。

ティンバーフレームのチャペルや本格的なティンバーフレーム住宅の提案作成が続きます。

うれしい悲鳴です。


あと、ここだけの話ですが、グリーンライフの建物を全棟ティンバーフレームにしようと目論んでいます。

コストの関係で難しいかったのですが、多分なんとかなるでしょう。

多少は値段が上がりますが、それ以上のユーザーメリットが出せるはずです。


今考えているのが、レッドシーダーのティンバーフレームの他に、コストを抑えたバージョンを開発しています。

「普及版」として150角(5寸角)の柱のティンバーフレームをグリーンライフの標準にしようと考えています。

ティンバーフレームでは、廉価版という位置づけですが、一般的には豪華版です。

4年前に取り組み始めたのですが、震災で中断していましたのを再開です。

4年前のモニター物件もまずます良い感じで経年変化してます。


気になる方は、お問い合わせください。

ちなみに、社内では、私しか詳細は知りません。。

スポンサーサイト

猪苗代のティンバーフレーム

P3050210.jpg

ティンバーフレームが続きますが、、

猪苗代で建築中のティンバーフレームが完成間近になりました。

外回りの工事が残りますが、猪苗代もようやく雪も溶けはじめましたので、予定よりも早く出来そうです。


内も外も、凄い建物になりそうです。

出張から帰ってきた頃には、引っ越し第一弾が終っているらしいので、お邪魔したいと思います。

楽しみです。

では、内部の写真を

P3050211.jpg

P3050217.jpg

P3050209.jpg

P3050219.jpg

ティンバーフレームモデルハウス

「体験宿泊が出来るモデルハウス」か「宿泊体験が出来るモデルハウス」どっちにするかもめてましたが、

「宿泊体験」で決まりました。

内部の写真を撮りましたので、

2V3A5435.jpg

2V3A5436.jpg

2V3A5377.jpg

2V3A5385.jpg

2V3A5395.jpg

2V3A5390.jpg
2V3A5371.jpg

2V3A5351.jpg

2V3A5356.jpg

2V3A5403.jpg

2V3A5407.jpg

2V3A5417.jpg

2V3A5419.jpg

2V3A5428.jpg

2V3A5432.jpg

ハンマートラスのティンバーフレーム

rim01.jpg

カッコいい、ハンマートラスの家

シンプルだけどカッコいい家

まさに、それの真骨頂の家

rim02.jpg

南側も、持ち出しのベランダとシンプルなトラスをつけてみました。

ハンマートラスのティンバーフレームの家が続きそうです。


高級車1台分の金額(坪10万から15万UP)で、一般住宅から24センチ角の極太レッドシーダーをつかったティンバーフレームへバージョンアップ出来ます。

車はもっても10年、家は一生もの、、

というか、何世代も受け継がれる家になります。

シンプル・イズ・ベスト

最近ティンバーフレームのお問い合わせが増えています。

郡山のモデルハウスの影響でしょうか。

1_20140104074110123.jpg


「ログハウス&ティンバーフレーム」はグリーンライフの代名詞ですが、グリーンライフの建てる一般住宅にも、ログハウスとティンバーフレームのコンセプトをかなり取り入れられています。

他の工務店やハウスメーカーがプランした図面を持って相談にくるお客様が数多くいらっしゃいますが、ほとんどのプランが構造二の次で、間取り優先でプランをしている場合が多いです。。

もちろん、使いやすい間取りにする事は重要ですが、構造を全く無視して建ててしまう事は良く無いと思います。


まず、私が一番大事だと思う事は、構造がシンプルであると言う事。

私は、プランする時に構造的にはティンバーフレームやポスト&ビームはもちろん、一般住宅でも下記の3点を気をつけてプランしています。

①主要な柱は均等に配置されている。

一般在来工法の場合、柱が壁の中に隠れる為に、めちゃくちゃな配置でも建ってしまいます。。

②柱の下には柱がある。

2階の主要な柱の下に柱が無く、梁で受けている場合が数多く見受けられます。

③体力壁の下には体力壁がある。


プランをする時は、それぞれ、100%に近づけています。

感覚でしかありませんが、少なくても90%以上になってないと、違和感があり、筆が進まなくなります。


直径40センチ以上ある丸太を使うポスト&ビームの場合、主要な柱の下に柱が無いのは考えられません。

柱を支える梁の強度にもよりますが、ずらしても、1mが限度でしょう。

それが身に付いてしまっているのかもしれません。


外観もシンプルに。

四角の箱の組み合わせに、ドーンしたと大屋根

そこに、ドーマーや窓の配置や窓枠、ワンポイントの飾りなどで、十分にかっこ良くなります。

また、シンプルに構造をつくれば、世代が変わり、生活スタイルが変わった時の後々のリフォームも容易にできます。


シンプルにつくれば、構造的に丈夫に出来て、かっこ良くて、メンテナンスもかからず、後々のリフォームも容易に出来る、と良い事ばかりです。

家は、絶対に「シンプル・イズ・ベスト」だと思います。


ティンバーフレーム

IMG_0336_201309110718271ab.jpg

IMG_0341.jpg


ようやく、カナダにて仮組上棟が下との事、

今月末に日本上陸です。

ワクワクします。

ティンバーフレームモデルハウス

ただ今、郡山営業所敷地内にティンバーフレームのモデルハウスを建築中です。

8月にはオープン予定です。

IMG_9741.jpg


計画から、土地や申請上の問題などがありの約半年遅れましたがここまでくれば何とかなるでしょう。

2、3年モデルハウスとして使用し、その後売却するものではなく、敷地内なので半永久的なモデルハウスとなると思います。

経年変化も楽しんで頂けるようにしたいと思います。



何度も何度も図面の変更をしています。

3回目の計画変更になりそうです。。


「グリーンライフらしいモデルハウス」

20121012023426d55.jpg


大岩俊之×長谷川真児の第二幕がこのモデルハウスのオープンとともに、幕が上がります。

ティンバーフレーム

昨日は、ようやっと、、郡山のモデルハウスの地鎮祭が執り行われました。

本格的なティンバーフレームのモデルハウスです。

初夏には、完成し、体験宿泊が出来るようになります。

moderu.jpg


そして、午後は、これまた本格的なティンバーフレームの打ち合わせがありました。

シンメトリーな大迫力のトラス特徴です。

model-4.jpg


パースでは、いまいち伝えきれませんが、どちらも見応えのあるティンバーフレームになります。

郡山モデルハウス計画

model.jpg

郡山営業所の敷地内に計画していたモデルハウスが、いよいよ実現します。

レッドシーダーのティンバーフレーム

もちろん、薪ストーブあり、オーダーキッチンをはじめとしたオーダー家具あり、リネンカーテンありのフル装備です。


来春早々にオープン予定ですが、オープン後は、一般見学以外に、体験宿泊をして頂けるように考えています。

車で言う「試乗車」ならね 「試住家」


今までは、トリプル断熱+ゼロ宣言+生体エネルギーの凄さを実際に済んでいるお客様に協力して頂き、短時間ですが体感ツアーを組んで、バスにて数件体感して頂きました。

もちろん、短時間でも、五感で体感できる事と、実際済んでいる方々の話を聞けるなど、大好評でしたのでこれからも継続しますが、それにプラスして宿泊して長い時間体感出来るようになります。

すでに、グループの数社で行っていますが、大好評のようです。

それでは、お楽しみに!!


本物だけがアンティークになれる

IMG_2795.jpg

築8年目の猪苗代湖畔に佇むティンバーフレーム

家の横にある2人でも手が回らないほどの大きな木に負けない存在感

周辺の家とは、まるっきり別世界の、何とも言えないオーラを出しています。

まさに、年を重ねるたびに味が出る家

「本物だけがアンティークになれる。」


ここまでくると、基礎に本物の石を貼りたいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。