この家は、一代で終わらせるには価値がありすぎる。

長持ちする家をとことん追求し続ける社長のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前の事をやる

「まずさ、当たり前の事をしっかりやる。ここからだな。」


澤田さんが言う当たり前の事とは、

クイックレスポンスをする。

約束を守る。

期限を守る。

時間を守る。

決めた事をやる。

など、どれをとっても基本中の基本で、それが出来なかった場合の言い訳は一切許されません。



「みんな、当たり前の事が出来ないのに、0宣言なんか徹底出来るか!!」

「1秒1秒真剣に生きるんだよ!」

「まずは、お前からちゃんとやれ!」


電話の向こうから檄が飛びます。


澤田さんのセミナーを聞いたお客様がグリーンライフグループのメンバーの現場に行ったら合板を使っていたとの事

0宣言の徹底を掲げた矢先の出来事でした。


そのお客様を失望させた責任は全てグループのリーダーである私の甘さにある事。

それは、私たちを信用し、リスクと責任を全て背負って、一般ユーザーの前で全身全霊で「0宣言の家」を伝えている澤田さんへの裏切りでもある事。


もう一度「基本」からやり直しです。

みんなが、当たり前の事を当たり前にできるようになるまで。

スポンサーサイト

日本一の工務店グループを目指して その3

「まずさ、0宣言も徹底できないようじゃ駄目!」

「あんなに苦労してやっと作った、どこにも無いにかわドアをどうして使わないの?」

「どこだ、その、0宣言のいいとこ取りしてるとこは!」


「もうさ、そういうところは、やめてもらおう。
俺たち利益が目的じゃないんだから、イイじゃん、本気でやるとこだけ残って日本一を目指せば。」


グループ全社で「0宣言」を掲げたものの、「0宣言」は我々が考えた以上に大変で、なかなか徹底できていませんでした。

人間どうしても楽な方に行きたがるもので、あくまでも、

「お客様に説明し理解していただいた」

という大義名分をもって、本部が指定する以外の「偽物」を使うという、法の網をくぐり抜けるようなことがおきていたのです。



0宣言の家には、建築素人のお客様、いや、建築プロ(利益を追求するという意味でのプロ)から見れば、

「そこまでやらなくても・・・」

という部分があります。


要するに、完成すると見えなくなる部分にも徹底的にこだわっているのです。


「俺は、もう、家づくりで1mmも嘘をつきたくない。」

澤田さんが、いつかの酒席で我々に言った言葉を思い出します。


「プロとして健康に悪いとか、長持ちしないとかユーザーが不利になると知った以上は、努力して極力ゼロにしようよ。」

と、

「俺が現役だったら、こんなめんどくさい事絶対やらないけどね、、」

という落ちはありましたけど、目は本気でした。

日本一の工務店グループを目指して その2

「0宣言、もっと徹底的にやろうよ。」

「もっとなんかあるでしょう。お客さん目線で考えれば出てくるでしょう。」


スタート時の0宣言は、

「合板0」、「修正材0」、「クロス0」、「木工ボンド0」、「IHクッキングヒーター0」、「防虫防腐材0」

の6項目でした。


間もなく、

「サイディング0」、「グラスウール0」、「防虫畳0」、「化繊カーテン0」、「化粧合板ドア0」、「シロアリ駆除0」

の6項目が加わり、現在では、12項目の0宣言になりました。


特に、苦労したのが、「化粧合板ドア0」の「にかわドア」です。


普通に出回っているドアは、合板に木目調の「柄」がプリントされたもので、木製ドアと言われるものも同じで表面に、1mmくらいの「木」が貼ってある程度です。

今まで使っていた木製ドアも、修正材でつくった骨組みに、1mmくらいの「木」が貼ってある、いわゆる偽物の木製ドアでした。

これです。修正材に貼付けた度淡く部分の断面↓

IMG_018.jpg

1年がかりで独自開発したにかわでつくったドア枠部分の断面↓

IMG_049.jpg


無垢のドアをつくるのは、物理的にはどこでも出来るのですが、問題はコストです。

まして、にかわは手間がかかるため、倍から3倍のコストがかかります。

話が長くなりますので、コストについて結論を言うと、中間マージンのカットはもちろん、物流から全てのコストを見直す事と、グループ全社で共同購入する事によるスケールメリッットで、いわゆる「偽物のドア」とほぼ変わらない価格で「本物のドア」をユーザーに提供できるようになったのです。

日本一の工務店グループを目指して その1

「長谷川さん、グリーンライフグループをどうしたいの?」


「真面目に、日本で一番の工務店グループにしたいです。」


「日本一って言っても、色々カテゴリーがあるけど、具体的には?」


「えーとですね、着工棟数、お客様満足度、スタッフ、社員の満足度、クオリティ、、全部です。
理想の工務店の集団=グリーンライフグループにしたいんです。」

「澤田さんがいつもセミナーや著者などでおっしゃってる、戦後、ハウスメーカーや建材メーカーが創り上げた間違った日本の建築業界を変えるんです。」
「いや、変えれるくらいの力を持つことです。」




「分かった、じゃ、やろうよ。」


「えっ、、、」

「 はい。」


「その代わり、俺は、そこからは、1円も貰いたくないから、俺も、長谷川さんも無報酬でね。」

「はい。」


グリーンライフグループを澤田さんのアドバイスを得ながらスタートし、3年になります。
現在、澤田さんの推奨する0宣言を掲げ、全国に37社ものネットワークを築き上げましたが、0宣言以外は、ただ、全国紙に広告を掲載したり、商材の共同購入をしているだけのグループにすぎず、正直なところ、全員がひとつになって目指すもの、明確なビジョンがありませんでした。


たった、冒頭の10秒ほどの澤田さんとわたしの会話で日本一の理想の工務店グループを目指して、グリーンライフグループは、新たな、そして、本気の第一歩をふみだしたのです。

感謝

一週間の夏休みを終えて、本日より業務再開です。

実は、この休み中、グリーンライフの前身である磐梯園芸センターの創業者でもある父が14日に他界し、昨日18日に告別式を済ませました。

親父らしく、会社の休みに合わせたかのような最後でした。



父の死で、色々な大切なことを学びました。

その中で一番は、自分のルーツ、血のつながりの大切さ、家族の絆、そして、人と人との心のつながりの大切さなど、人としての大事な部分を改めて見直すことが出来、今まで知らなかったこと、知ろうとしなかったことが父の死で分かりました。

さらに、半分人ごとのように思っていた沖縄の問題や戦争も、自分の出生にかなり大きく関わっていたということも分かりました。

父の怪我からちょうど22年が経ちますが、この22年間、仕事にかこつけて、その一番大切な部分を仕事の次にしていたように思います。

その大事な部分を一番におかないと、仕事もうまく行くはずもないということも分かりました。

父が私に最後に教えてくれました。



また、同じく、会社のルーツも改めて再確認しました。

グリーンライフのルーツは、特に、ログハウスをはじめとする住宅の始まりは、まさに、父の仕事中の「怪我」です。

本日、社員一同で絶対に「父親のような怪我をしない、させない」と再確認して仕事を開始しました。



自分で言うのもなんですが、今回、父の死で、人として一回り成長させてもらったように思います。


気持ちも新たにして、感謝の気持ちを忘れずにグリーンライフも一回り成長させたいと思います。

DVD プレビュー

無事、一睡も出来ずに帰国しました。

IMG_0303.jpg


今、帰りの新幹線で書いてますが、東京駅にてDVDの打ち合わせをしてきました。

なかなか、素晴らしい出来栄えです。

私が、噛みながらインタビューに答えてえいる姿はちょっと恥ずかしいですが、ナレーションや字幕でフォローしてくれるので思い十分伝わると思います。

結局、前回の打ち合わせで30分が1時間になった訳ですが、かなり見ごたえがあるので、あっという間に感じてしまうと思います。

6月20日の福島市で開催される住宅セミナーで一般の方に初公開できると思います。

乞うご期待!!

マッキンリー体験記

手前味噌ではありますが、マッキンリーの体験は、まさに、過去の栄光であり、下手すると、いや、下手しなくても自慢話になってしまうので、あまり、こちらからアピールしにくい部分ではあったのですが、あるお客様から、

「社長、マッキンリーのこと、もっとみんなに知ってもらったほうが良いと思うよ。」

「もっと、アピールするべきだよ。」

「ホームページで、初めて見つけて見たけど、おもしろかった。」

「もっと、わかりやすい所にリンクをしていたほうがイイよ。全然分らなかった。。」

と、言われました。。。

また、

「ブログのトップページの写真、もしかして、社長?」

「別人だね。。」

と。。。



理由を聞くと、これからの時代は、会社の規模とか関係なく、人と人とのつながり、信頼関係とかがますます強くなるから、特に、社長の考え方とか、人柄とかを出来るだけありのままを伝えるのが、大事になってくるし、我々消費者もそれを求めているから、、

そういう意味では、ブログはもちろんだけど、社長が体験したマッキンリーのような、過去の生きざまがわかるようなものはものすごく良いと思う。。

とのことでした。


ということで、照れくさいですが、私がログハウスを始めたきっかけにもなった体験ですので、まだの方は、是非ご覧ください。


マッキンリー体験記

マッキンリーの写真(TouTubeでのスライドショー)


これ、自分ではないですけど、これを見ると、自分のことながら、凄いところに行ってきたんだなと実感しました。

まさに、こんな感じで登ってきました。

人生観が一変に変わりましたね。






資格

建物を設計したり、工事を監理したり工事をするには資格がいります。


当たり前のことですが、意外と知られていないのに驚きました。


設計するには設計士が必要なことは、ほとんどの人が知っていますが、工事の監理や工事を請け負うのに必要な資格は意外と知られていません。


一定の規模の工事の監理や工事を請け負うには、2級設計士か2級施工管理技士が必要になります。


今は、認められませんが、創業当時、有資格者がいなくて、資格を借りてました。


いわゆる「名義貸し」というやつです。


お酒を持ってお願いにいったのを懐かしく思い出します。


その人は、もう他界されましたが、当時、たぶん80歳くらいだったと思います。


若いんだからがんばれと、飲めないお酒を飲まされ、、、、



それが今では、


一級建築士 1名

二級建築士 3名

一級土木施工管理技士 1名

一級造園施工管理技士 1名

二級建築施工管理技士 3名

二級土木施工管理技士 1名

インテリアコーディネーター 1名

宅地建物取引主任者 1名



と、気がつくと、重複して所得してる人もいますが、立派な有資格者がそろっていました。



さて問題です。


スタッフ で資格も持ってないのは、男性では誰と誰でしょう。。。


正解者から抽選で1名様に、無資格者からなにか素敵なプレゼントがありあす。(させます。)


どしどしご応募ください。(コメントに誰と誰と書いてください。連勝複式です)


正解は、本人の名誉のため、正解者にだけ教えます。



最後に、資格があるのと、仕事が出来るのは、全く別ものだということはいうまでもありません。。


あの安藤忠雄も建築士の免許がない時代に賞をとったらしいですから、、、



ちなみに、住宅情報館スタッフ は、全員建築士の免許を所得しています。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ





8.造園業 その2

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


今考えれば不思議ですが、喧嘩した二人をクビにするわけでもなく、怒るわけでもなく、、、

ただ、これからどうするかということで頭が一杯だったのでしょうか、、、


「捨てる神ありゃ拾う神あり」


とはよく言ったもので、タイミング良く、仕事の話が来ました。


しかし、すぐに現場に行って仕事の内容を聞いてみると、ゴルフ場の造形の仕事だという。


「造形」??


「造成」


なら聞いたことがあるが、「成」「形」でどこが違うのか、、、


結論から言うと、全然違ってました。



要するに、造成は皆さんも想像がつくと思いますが、造形とは、グリーンを造ったりバンカーを造ったり、ティーグランドを造ったりすることなんです。

要するに、プロフェッショナルな技術が要求される仕事です。

もちろん、未経験で、しかも、ゴルフすらやったことがありません。


しかし、当時は背に腹は変えられなかったので、今思うと、もの凄いハッタリで、その仕事を受注してしまったのです。

多分1億円くらいの工事だったと思います。

暑いさなか、東京の元請の本社まで行き、ドキドキしながら契約書に判子を押したのを覚えています。


福島県にある会津河東カントリークラブ の19から27ホールまで植栽も含めて全部長谷川真児の適当な監修での、グリーンライフの作品です。


何番ホールか忘れましたが、グリーンのバックのマウンドを、背景にみえる磐梯山の稜線とそっくりにふざけて造ったのですが、なんと、それがオーナーが気に入り、そのまま残されることになりました。
管理の人は大変だと思いますが・・・・。


まぁ、この仕事では、この前とは負けず劣らずの武勇伝が色々ありました。
当然、経験がないことはすぐにばれたわけです。

契約を破棄されても文句を言えない立場ですが、なんとか最後までやり遂げたわけです。


その秘策とは、、、、


ここでは、言えませんが、一言。








若いって、素晴らしいですね。


資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ


7.造園業 その1

にほんブログ村 住まいブログへ

人気ブログ
人気blogランキングへ


「明日から、ここ(那須のゴルフ場の現場)に8時に来い」


といわれ、帰り道に、

作業服センターに連れて行かれ、言われるがままに買い物。

ニッカズボン上下と地下足袋、それようの靴下、そして腰道具(剪定はさみとのこぎり)を人数分買った。


親父の仕事の手伝いや自分の家の建築で作業服を着ていたが、さすがにニッカズボンは着た事はなかった。

家に帰り、着てみたが、どうにもシックリこない。


要するに気に入らない。



当時、ログハウス事業をスタートさせましたが、当然、最初から受注や利益が見込まれるわけでもなく、逆に、ハンドカットのモデルハウスを造ったりしたので、マイナスからのスタートでした。


今井さんと高橋さん、そして、佐藤毅の3人にログハウスのほうは任せ、私は、出稼ぎに、、、、


というか、家族と社員を養うためには、好きではじめたログハウス事業でしたが、受注が取れるか分からない、例え受注したとしても利益が取れるか分からないことに、私までのめりこむことは出来ず、後ろ髪を惹かれる思いで間違いなくお金になるゴルフ場の現場に通いました。


まだ、磐越道が開通していなかったので、毎朝5時に家を出て、帰りは9時頃になりました。
今だったら、絶対に無理です。


当時、人を集めれば未経験者でも一人15000円がもらえ、皆には10000円から12000円を払いました。

要するに、一人当たり3000円から5000円の利益です。


仕事を覚える前からある程度の利益が確保されたわけです。


当時、猪苗代の土木業界の賃金が経験者でも7000円から8000円でしたので、募集をすればすぐに集まりました。

まだ、私も20代前半でしたので、若くて威勢のいい、要するに喧嘩っ早い後輩達が集まってきました。

今でも、時々町中で会うことがありますが、今は、私も含めてイイお父さんになっていますが、当時はめちゃくちゃでした。


飲みに行けばまず間違いなく、喧嘩、


最高の武勇伝?は、大成建設、西松建設、間組という大手ゼネコンの孫受けの仕事をしていた現場での事件です。



(当時の関係者の皆さんが読んでたら、大変申し訳ございませんでした。

この場をお借りして、本当に心からお詫び申し上げます。)



ようやく仕事も覚え、請負で仕事が出来るようになり、いよいよこれから儲けるぞという矢先の出来事でした。


社員同士がスコップで殴りあいの喧嘩になり、

すぐに、他の現場にいた私に現場監督から連絡がはいり、とりあえず、元請の現場事務所にいってみると、事務所の中はめちゃくちゃ、二人のTシャツはボロボロで血があちこちに、、、、


まだ、これだけで収まってればよかったのですが、一人が車に飛び乗り逃げてきたのですが、それを追って、もう一人ももの凄いスピードで現場を走って追いかけ、カーチェイスをしたいうことです。


現場内は制限速度20キロくらいなのにです。


しかも、ちょうどその時間に、3社合同の安全パトロールだったらしく、3社の所長がその道路を歩いていたのです。

道路わきに避けたらしいのですが、ちょうどその前に大きな水溜りがあり、3人とも頭から泥水だらけ・・・・


いくら日本は広いといっても、元請のゼネコンの所長、しかも、3人を頭から泥水をかけたのはグリーンライフだけでしょう。。。



当然、即刻監督から、


「今すぐに現場内の重機などを引き上げろ」


との指示が、、、


要するに退場処分、レッドかードです。当然です。


仕事の90%以上を依存していた現場でしたので、かなりの痛手でした。



資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。